2018. 02. 18  
アメリカフウロ、花と果実
アメリカフウロ(果実)

種子を飛ばす前の果実はゲンノショウコそっくりです。
アメリカフウロ(果実)

花柱の基部に5分果、まだ緑色の未熟な内は萼に包まれている。
アメリカフウロ(果実)

種子を飛ばしてもゲンノショウコのように御輿のようにはなりません。
アメリカフウロ(果実)

果実を下から見ると開いていて種子が見えている。
アメリカフウロ(種子)

ゲンノショウコは花柱が反り返って種子を飛ばしますがこちらは嘴が反り返って飛ばすようです。
アメリカフウロ(種子)

バネのように反った嘴、果実も嘴も長毛が生える。
アメリカフウロ(種子)

種子の大きさは2.5mm程、網目状の凹凸があるそうですがギリギリ分かるかな。
アメリカフウロ(種子)

フウロソウ科フウロソウ属

(5月30日撮影)
2018. 02. 17  
すっかり綿毛となったチシマタンポポ、右奥に見えているのは花後の状態
チシマタンポポ(果実)

冠毛は真っ白ではなく僅かに褐色ががっているようです、タンポポのようにスケスケでもない。
チシマタンポポ(果実)

冠毛に柄がないのがタンポポ属との大きな違い、柄がある方が少数派なんですけどね。
チシマタンポポ(果実)

キク科なので種子ではなく痩果、縦に溝が走る、タンポポの痩果より艶があるようです。
チシマタンポポ(果実)

キク科ヤナギタンポポ属

(6月5日撮影)
2018. 02. 15  
すっかり綿毛となったツルカノコソウ、これはもう果実期としても終わりの頃で花序も伸びて間遠くなっています。
ツルカノコソウ(果実)

花後、果実の上に環状になっているのは萼の内側に巻き込まれた冠毛
ツルカノコソウ(果実)

広がった冠毛、枝毛が多い。
ツルカノコソウ(果実)

冠毛は萼が変化したものだから毛が生えていてもおかしくないけどね、基部は合着している。
ツルカノコソウ(果実)

これは種子ではなく果実、長さ2mm程、隆起線が3本入る。
ツルカノコソウ(果実)

反対側は隆起線が1本だけ。
ツルカノコソウ(果実)

スイカズラ科カノコソウ属

(6月10日撮影)
2018. 02. 14  
花の時でも苞が大きいので果実のように見えるコモチナデシコ
コモチナデシコ(果実)

こちらは花が終わった果実期、複数の花が咲いていたようです、上部が開いて種子をばら撒いたようだ。
コモチナデシコ(果実)

種子の数は意外と少なかった。
コモチナデシコ(種子)

片側は窪み反対側は細かな突起がある。参考サイト→http://www.juno.dti.ne.jp/~skknari/inukomoti-nadesiko.htm
コモチナデシコ(種子)

参考サイトによると、イヌコモチナデシコ:洋梨形で円すい状突起、ミチバタナデシコ:盾形で細かいこぶ状隆起、コモチナデシコ:盾形でち密な網目状隆起、説明だけ見ると瘤状隆起、網目状隆起の違いがよくわからないけど写真を見るとこれは瘤状、ひょっとしてミチバタナデシコかな、今年更に観察してみなくては。
コモチナデシコ(種子)

ナデシコ科コモチナデシコ属

(6月10日撮影)
2018. 02. 13  
綺麗な花を咲かせているヒナギキョウ、花が咲いていると果実を探す気になれませんがもう果実も沢山なっています。
ヒナギキョウ(果実)

萼片が残っている果実、長さは1cm程、上部が開いていて風が吹く事で揺れて種子をばらまくようです。
ヒナギキョウ(果実)

内部は3室に分かれています、柱頭が3岐しているのに対応
ヒナギキョウ(果実)

非常に細かな種子
ヒナギキョウ(種子)

楕円形の種子は大きさ0.5mm程度、艷やかで綺麗でした。
ヒナギキョウ(種子)

扁平なのがわかります、線状の模様があるそうですが流石に無理。
ヒナギキョウ(種子)

おまけ、ヒナギキョウとニワゼキショウ種子比較、ニワゼキショウも大きさ1mm程度なんですがこうやって比較すると随分大きく見えます(笑)
ヒナギキョウ・ニワゼキショウ(種子)

キキョウ科ヒナギキョウ属

(6月15日撮影)
2018. 02. 11  
果実期になって綿毛が出始めていたケハンショウヅル
ケハンショウヅル(果実)

綿毛が広がっているのもありましたが果実はまだ緑色で未熟
ケハンショウヅル(果実)

果実から伸びているのは花柱でそれに毛が生えている、同じ綿毛でも萼が変化したもの、種子が変化したものなど色々
ケハンショウヅル(果実)

果実の大きさは7,8mm、縦に溝がある、これにも毛が生えているそうだけどまだ目立ちません。
ケハンショウヅル(果実)

花の時期に雄しべの花糸に毛が生えているのは確認していますが花柱は殆ど生えていない、随分伸びてくるものです。
ケハンショウヅル(果実)

キンポウゲ科センニンソウ属

(6月15日撮影)
2018. 02. 09  
すっかり果実となったサツマイナモリ、あまり果実らしくありません。
サツマイナモリ(果実と種子)

上向きに開く、雨滴によって種子が飛び散る雨滴散布
サツマイナモリ(果実と種子)

果実が開いて内部の種子が見えている、2室のようです。
サツマイナモリ(果実と種子)

種子を出してみました、少し少ない気もするが一部ばら撒かれていたのかもしれない。
サツマイナモリ(果実と種子)

大きさは0.5mm程度、不定形で角ばった砂粒のように見えます。
サツマイナモリ(果実と種子)

表面の微細な突起がかろうじて見える。
サツマイナモリ(果実と種子)

アカネ科サツマイナモリ属

(6月17日撮影)
2018. 02. 07  
花序先端に花が残っていますがもう殆ど果実になっているキュウリグサ
キュウリグサ(果実)

萼筒の奥に見えているのは種子ではなく果実、4分果でこの点はシソ科に似ています。花弁も雄しべも5なのになんで果実だけ4,この方が収まりがいいんでしょうか。
キュウリグサ(果実)

萼筒に比べて随分小さな果実、大きさは1mm以下
キュウリグサ(果実)

稜があり三角錐状
キュウリグサ(果実)

表面に粒状突起があるそうですが流石に顕微鏡でもないと無理
キュウリグサ(果実)

ムラサキ科キュウリグサ属

(6月22日撮影)
2018. 02. 06  
すっかり果実となったハナウド、ここは初めての場所だけど割りと多く生えていた。
ハナウド(果実)

扁平な2分果からなる、大きさ7,8mm。黒く見えているのは油管で2本、突起した隆条が3本あるそうで中央の1本と外側の2本かな。こちらは合わさっている面だけど外側は油管や隆条が違うようで撮っておけばよかった。
ハナウド(果実)

種子を取り出そうとしましたが果皮と強く結びついているようです、茶色いのが種子かな、かなり凸凹している。これは再チャレンジ決定。
ハナウド(果実)

セリ科ハナウド属

(6月27日撮影)
2018. 02. 05  
丁度アブの仲間が訪問していたカワヂシャ、口吻を伸ばして蜜を吸っている。
カワヂシャ(果実)

萼片に囲まれた果実、大きさ3mm程度、短い花柱が残っている、オオカワヂシャの宿存花柱はもっと長く2,3っmあるそうです。右側の果実は上部が裂けて種子が見えている。
カワヂシャ(果実)

果実は4裂して種子をこぼしていきます。
カワヂシャ(果実)

極小の種子、大きさ0.5mm程
カワヂシャ(種子)

左右の種子で表面に微小な突起があるのがかろうじてわかります。
カワヂシャ(種子)

オオバコ科クワガタソウ属

(6月27日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR