2018. 03. 31  
半年くらいかけてゆっくり熟してくるナワシログミ、これはまだ長い花柱が残っている。
ナワシログミ(果実)

こちらは花柱が取れているが完熟にはまだまだ、色が赤くない。
ナワシログミ(果実)

皮を剥いてみました、ジュウシーな果肉が出てきました。
ナワシログミ(果実)

でも果肉はちょっぴり、殆ど種で占められている。鳥にとっては一口サイズ、丸飲みできるくらいの方がいいんでしょうが植物にとっても好都合です。人間が食べる果物は種子の散布という面では大きすぎるんだろうな。
ナワシログミ(種子)

白く滑らかで模様も何もない種子、撮っていても面白くない。左側の突起が多分花柱が付いていた跡。
ナワシログミ(種子)

グミ科グミ属

(4月6日撮影)
2018. 03. 31  
黒く目立たない果実をならせるキヅタ、花は晩秋から初冬にかけて咲くので半年くらいかけてゆっくり熟してきます。この時期は樹木系の果実はあまりないので競争相手が少なく好都合なんでしょうか。
キヅタ(果実)

4月半ばの撮影ですがまだ若干緑が残っているのでまだまだ完熟ではなさそうです。
キヅタ(果実)

果実の大きさは6、7mm程、広い花盤と花柱が残っている。
キヅタ(果実)

皮を剥いてみました、殆ど種子で占められ果肉はちょっぴり、これは4個入っていました。
キヅタ(果実)

花盤を剥いてみました、ミカンの房のように綺麗に収まっています、こちらは5個。
キヅタ(果実)

種子の大きさは3mm程度、意外といい色をしています。
キヅタ(種子)

ウコギ科キヅタ属

(4月11日撮影)
2018. 03. 30  
花がすっかり終わって果実となっているチャルメルソウ、右側に見えている葉はムサシアブミ
チャルメルソウ(果実)

果実は上向きに開き内部に種子が見えている、雨滴が当たることで種子がばら撒かれます。でもここは林なので雨は直接には当たらず樹木から落ちてきた水滴が当たるんでしょうね、雨よりその方が衝撃が大きそう。
チャルメルソウ(果実)

上の方の果実はもう空っぽ、下から咲き上がるから下の方が熟するのも早いんだろうけど上の方が衝撃が大きくばら撒かれやすいのかな。
チャルメルソウ(果実)

カップに盛られた種子、周りに萼片が見えています。薄暗い場所なのでブレブレ。
チャルメルソウ(種子)

果実をばらしてみました、種子がまるでイモムシ
チャルメルソウ(種子)

細長い種子、長さ1.5mm、幅0.5mm程、水気があったのかくっついてます。
チャルメルソウ(種子)

表面に細かな突起がある。
チャルメルソウ(種子)

ユキノシタ科チャルメルソウ属

(5月17日撮影)
2018. 03. 30  
綿毛になり始めていたヒレアザミ
ヒレアザミ(果実)

冠毛はほぼ白色、まだ赤紫色の葯筒が残っている。
ヒレアザミ(果実)

冠毛の長さは1.5cm,枝毛はない。
ヒレアザミ(果実)

果実は割とぼってり、よくある縦溝がないからこれだけでも識別しやすそう、株自体が少ないのでまず見られませんが。画面上部に葯筒から伸びた花柱が見えている。
ヒレアザミ(果実)

痩果の大きさは3mm程、中間部が膨らんだ樽形、縦に隆起線があり横皺がある。
ヒレアザミ(果実)

キク科ヒレアザミ属

(5月27日撮影)
2018. 03. 30  
舗装の隙間などどこでも見られるツメクサ、果実と種子を見るため撮ってみました。
ツメクサ(果実)

果実上部が開いて種子をばらまく、右側に未熟な果実、熟しても萼片は開きません。
ツメクサ(果実)

内部に微小な種子、胎座も見えています。
ツメクサ(果実)

近くに大きな葉っぱがなかったのでセメントの上にばら撒いてみましたが失敗、目立ちませんね。
ツメクサ(種子)

大きさは0.5mm程と極小
ツメクサ(種子)

表面に柱上突起が規則的に並んでいるそうですが流石に無理、凸凹があるのが何とか分かる程度です。
ツメクサ(種子)

ナデシコ科ツメクサ属

(5月13日撮影)
2018. 03. 06  
オドリコソウの果実がまだだったので撮ってみました。
オドリコソウ(果実)

先端が棘のように尖った萼筒、中に果実が収まっています。
オドリコソウ(果実)

種子のように見えますが4分果の果実、これは一つ飛び出し始めています。
オドリコソウ(果実)

断面が1/4の円形、これが一番収まりやすそう、基部についているのはエライオソーム(種枕)です。
オドリコソウ(果実)

表面には細かな突起があるようです。
オドリコソウ(果実)

アリがやってきて萼筒の中に頭を突っ込んでいる。左側では未だ未熟な果実がきれいに収まっている様子が見えています。
オドリコソウ(果実を運ぶ蟻)

エンヤっと力を込めて引っ張り出す。
オドリコソウ(果実を運ぶ蟻)

アリの体と同じくらいの大きさの果実、さすがに先端部を掴むのは難しいから種枕を掴んでいる、でも中に収まっている状態では種枕は内側に隠れているから3枚目の写真のようにある程度出てこないと流石に力持ちのアリでも引っ張り出すのは難しそう。
オドリコソウ(果実を運ぶ蟻)

これから巣まで運んでいきます。人間で言えば米俵を抱えて木登りならぬ木下ろしをしているんですがどんだけ力持ちなんだか。
オドリコソウ(果実を運ぶ蟻)

流石に巣までは追跡できませんでしたがいいもの見せて貰いました(^o^)
オドリコソウ(果実を運ぶ蟻)

シソ科オドリコソウ属

(5月13日撮影)
2018. 02. 27  
久しぶりに撮ってみたヒメウズの果実、藪が背景だとわかりづらいですね。
ヒメウズ(果実)

果実と言ってもほぼ莢のようなものだけ、上部が開いて種子をばら撒きます、これはまだ緑色が残っている。
ヒメウズ(果実)

前のは3分果ですが普通は4分果、5分果のもあります。これは上部が大きく開いた完熟状態、上向きに開きます。
ヒメウズ(果実)

種子の大きさは1.5mm弱、一面に細かな突起があります。
ヒメウズ(種子)

更に拡大してみましたが画質が甘くなるだけですね。
ヒメウズ(種子)

キンポウゲ科ヒメウズ属

(5月21日撮影)
2018. 02. 26  
すっかり果実となったヤブニンジン、花は毎年のように撮っているけど果実を撮ることはなかったな。
ヤブニンジン(果実)

花序の周辺が両性花で中央部が雄花だそうで果実のつき方を見ると周辺に広がっていてそれが分かります。
ヤブニンジン(果実)

未熟な果実、先端に花盤と花柱が残っている、この頃までは普通に見ているけど
ヤブニンジン(果実)

完熟状態の果実、2分果なのがわかります。セリ科だし花柱も2本だから2分果になるのは当然だけどこんな状態のを注目することもなかったな。
ヤブニンジン(果実)

先端にまだ花柱が残っている、花の時より長くなっているような、なにか役割があるんでしょうか。
ヤブニンジン(果実)

果実に上向きの毛が生える、毛というよりもう棘ですね、ひっつき虫になるけどこれがくっついているのはあまり体験ないな。
ヤブニンジン(果実)

セリ科ヤブニンジン属

(5月30日撮影)
2018. 02. 25  
すっかり立ち枯れしたような姿になったヤセウツボ
ヤセウツボ(果実)

茶色くなっているけど花被片は咲いていた頃の形を保っています。
ヤセウツボ(果実)

花被片を取り除くと細長い果実があります、長さ1cm程度、まだ花柱が残っている。
ヤセウツボ(果実)

上部の背中が裂けてきています。
ヤセウツボ(果実)

だいぶ開いてきました、内部に種子がビッシリ、意外と整然と並んでいるようです。
ヤセウツボ(種子)

大量の微細な種子、一つの果実に数百個入っているとか、肉眼では埃のようにしか見えません。
ヤセウツボ(種子)

楕円形で大きさ0.3mm程度だそうです、微細な凹凸があるのがなんとか分かるような。
ヤセウツボ(種子)

ハマウツボ科ハマウツボ属

(5月30日撮影)
2018. 02. 24  
すっかり枯れた状態のムスカリ、原則植えられた花を撮ることはないですが果実や種子ならそこまで拘ることもなく、ムスカリ自体結構野生化しているしね。
ムスカリ(果実)

果柄が伸びて果実をつける、果実と言ってももう干からびた状態、黒い種子が透けて見えています。
ムスカリ(果実)

果実は3室に分かれる、上部が開いて種子がこぼれてくる。
ムスカリ(果実と種子)

こちらには2個、一室一個のようです、球根で増えるので太らせるためには種子をつけない方がいいんだとか。野生化しているのはどちらで増えているのかな、やはりこぼれ種でしょうか。
ムスカリ(果実と種子)

真ん丸真っ黒な種子、大きさは2mm程、微細な凹凸があります。
ムスカリ(種子)

キジカクシ科ムスカリ属

(5月30日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR