タイトル画像

タカサゴユリの鞘

2006.01.31(08:05) 320

種を飛ばした後の抜け殻ですが
造形美という物を感じさせますね。
三枚の部品を糸で紡ぎ合わせたような
構造、上が広く下をすぼめて少しずつ
種を飛ばしていくという機能美も
持ち合わせています。

タカサゴユリの鞘

タカサゴユリの鞘



花盗人の花日記


タイトル画像

スイセン

2006.01.30(09:10) 319

今季は花が遅いだけでなく
咲いているのも少ない。
葉は幾らでも見かけるのだが
花どころか蕾さえも付いていない
のが多い。やはり寒さのせいだろうな。

春っぽく青空をバックに撮ってみたけど
真っ青な空というのは冬を連想させるな~。

スイセン

スイセン


椿の木陰に副花冠の白いスイセンが咲いていました。
もうすこし透明感が出せればよかったのだが。

06_suisen_3.jpg



花盗人の花日記


タイトル画像

カタバミ

2006.01.29(08:18) 318

風の当たらない日溜まりの中に2,3輪
咲いていました。盛期になれば見慣れた
花もシーズンの最初に見るのはまたひとしお。
初鰹をありがたがる気持ちと同じかな。

カタバミ

カタバミ



花盗人の花日記


タイトル画像

タンポポ ロゼット

2006.01.28(08:13) 317

ロゼットの場合、花と違って何枚も撮る
必要もなく基本的には上から1枚撮れば
十分なんだが、なるべく他のロゼットと
重ならないで単独での状態、それも綺麗に
葉を伸ばしているのを撮りたいから結局
何枚も撮る羽目になる(笑)
タンポポのロゼットも数が多い分単独で
あるのはなかなか無い。細かな種類までは
分からないがまずセイヨウタンポポだろう。

タンポポ ロゼット



花盗人の花日記


タイトル画像

マサキの実

2006.01.27(08:29) 316

前から生っていたのは分かっていたのですが
今頃になってやっと割れて中の実だか種だか
が見えてきたのでやっとアップ。
他のブログでアップされているのを見てやっと
名前が分かった、と言うのが真相ですが(笑)。
(と思っていたらHPの方にはアップしていた
 一度は見ているのに忘れている^^;)
それにしても鮮やかな赤色、冬枯れのこの時期
なら餌不足の鳥も飛びつくかもね。あまり
栄養はなさそうだが。

マサキの実

マサキの実

マサキの実



花盗人の花日記


タイトル画像

サルトリイバラの実

2006.01.26(08:37) 315

冬枯れの藪の中でまだ残っています。
昨秋同じ場所で探して見つけるのが
難しかったのに今は藪に入らずとも
あっさり見つかりますね。結構生って
いたのね。
それ以上のあるのがフユイチゴ、
沢山残っているしヒヨドリジョウゴの
実もまだまだ残っている。

サルトリイバラの実



花盗人の花日記


タイトル画像

カンスゲ

2006.01.25(08:27) 314

初めて見たのでもちろん名前は分からず
取りあえず撮影。だけど夜寝床に付いた
とたんカンスゲの名前が頭に浮かんだ。
翌日早速検索するとピッタシカンカン。
なんでこの名前が浮かんだのかな~。
推測するに以前本で見たのが頭の隅に
格納されていたと思うのだけどそれ程
綺麗な花でなしすっかり忘れていたんだ
ろうな。でもなんだって思い浮かんだんだろう。

カンスゲ

カンスゲ

カンスゲ



花盗人の花日記


タイトル画像

アセビ

2006.01.24(08:27) 313

えーもー、と言う声が聞こえそうな(笑)
でも安心して下さい(何が安心だろう^^;)
気の早いのが二つ三つ咲いていただけです。
まとまって咲く花は1輪だけ拡大撮影しようと
してもどうしても周りの花が入って難しいので
ちょうどいい機会だと思い1輪だけ咲いている
のを撮ってみました。おちょぼ口の花が意外と
可愛い。

アセビ


花の中まで巧くピントがあってます。
写っているのが何なのかよく分かりませんが。

アセビ



花盗人の花日記


タイトル画像

ナズナ

2006.01.23(08:28) 312

ホトケノザと同じ場所で咲いていました。
新しく生えてきたと言うよりは前から
残っていたのに新しく花が咲いたような
感じです。
小さい頃はこれを使ってよく遊びましたね。
(これである程度年が分かるかも^^;)
その頃はペンペングサと呼んでましたが。
遊んだ後は当然その辺に捨てますから
種の散布に協力していたかもね。

ナズナ



花盗人の花日記


タイトル画像

ホトケノザ

2006.01.22(08:37) 311

ナノハナと同じ土手に咲いていました。
春の花だけど秋にも決行見かけます。
花の咲き方が面白いですね。まるでポンと
飛び出てきたかのよう。花自体も筒状の
花の先端がかなり複雑な構造をしています。
まるで唇を伸ばして口を開けて待ちかまえる
怪物のよう。昆虫を誘っているのは確かな
ようだが。
ちなみに春の七草のホトケノザはコオニタビラコ
のことだそうで、さすがにこの草を見るとあまり
食べる気はしない。

ホトケノザ

ホトケノザ

ホトケノザ



花盗人の花日記


2006年01月
  1. タカサゴユリの鞘(01/31)
  2. スイセン(01/30)
  3. カタバミ(01/29)
  4. タンポポ ロゼット(01/28)
  5. マサキの実(01/27)
  6. サルトリイバラの実(01/26)
  7. カンスゲ(01/25)
  8. アセビ(01/24)
  9. ナズナ(01/23)
  10. ホトケノザ(01/22)
次のページ
次のページ