タイトル画像

ヒロハホウキギク

2006.10.31(07:01) 828

上の方で茎を分岐して花を多く咲かせています。

ヒロハホウキギク

花の大きさは7,8mm程度。

ヒロハホウキギク

薄紫の舌状花と黄色い筒状花の組み合わせが何とも綺麗。

ヒロハホウキギク

ヒロハホウキギク

これのどこがヒロハ(広葉)だと言いたくなるけどホウキギクよりは広いそうだ。
ちなみにホウキギクは葉の付け根が茎を少し抱くそうで花の色も白色。

ヒロハホウキギク



花盗人の花日記


タイトル画像

コシロノセンダングサ

2006.10.31(07:00) 827

コセンダングサより少ないけど白い舌状花があるから目立ちますね。

コシロノセンダングサ

舌状花はちょっと不揃いなところがある。

コシロノセンダングサ

青空をバックに、と言いたいところだが後ろはブルーシート(^^;)

コシロノセンダングサ



花盗人の花日記


タイトル画像

オオハナワラビとフユノハナワラビ

2006.10.30(07:02) 826

10月25日にアップしたオオハナワラビをもう一度見に行きました。

根元。地面からすぐ栄養葉と胞子葉が分かれています。

オオハナワラビ

少し赤くなっていますが同じ葉、鈎爪形の先端が尖った鋸歯です。

オオハナワラビ

すぐ側でフユノハナワラビと思われるのが咲いていました。
胞子葉がまとまっていませんがこれが特徴ではなさそうです。

フユノハナワラビ

葉。やはりオオハナワラビと比べると鋸歯が尖っていませんね。

フユノハナワラビ

根元。分岐点はオオハナワラビとあまり変わりがなさそう。

フユノハナワラビ

無毛の茎。でもオオハナワラビも僅かな粗毛が生えているだけでこれも識別点としては難しそう。やはり鋸歯の尖り具合で識別するのが一番でしょうか。

フユノハナワラビ


花盗人の花日記


タイトル画像

トウゴマ

2006.10.30(07:01) 825

8月22日の撮影、fabさんのブログで名前がわかったのでようやくアップ。

最初はアカメガシワの花かと思ったが葉が全然違う。

トウゴマ

上の方の赤いのが雌花、下の黄色いのが雄花。
雄花が下にあるのは自家受粉を避ける工夫でしょうか。

トウゴマ

すくっと伸びた雌花、鑑賞にも耐える花ですね。

トウゴマ

三裂した赤いのが雌しべでしょうか、先端も分かれています。

トウゴマ

黄色い雄花。

トウゴマ

実、これからヒマ油が取れます。
ギリシャ神話に出てくるメドゥーサが赤い舌を出して睨んでいるよう。

トウゴマ


花盗人の花日記


タイトル画像

ホシアサガオ

2006.10.30(07:00) 824

少し時期が遅いですが小さな花を咲かせていました。
午後見たせいかみな萎んでいて一輪だけ開いていました。

ホシアサガオ

光を透かして淡い青紫色が綺麗。
よく似ているのにマメアサガオがあるがホシの方には花の付け根にいぼ状の突起(殆ど膨らみ程度だが)があるそうでこれにもそれらしき物が見えるのでホシアサガオと判断しました。

ホシアサガオ

花の大きさは1,2cmくらい。

ホシアサガオ

ハート形の葉。1枚目の写真でも分かるように普通のアサガオのような葉もあります。

ホシアサガオ


花盗人の花日記


タイトル画像

シャクチリソバ

2006.10.29(07:02) 823

昨日アップしたツルソバはあちこちで見られるけど、こちらは今のところこの場所だけ。

シャクチリソバ

タデ科とは思えない花、でも白いのは花弁でなく萼だそうでやはりタデ科ですね。
緑色に見えているのが実。これはやはり蕎麦に似ています。

シャクチリソバ

肉眼で見ると白い花だけど拡大してみると赤い雄しべが目立ちます。

シャクチリソバ

雄しべは8本、雌しべも3本あるはずだがこの写真ではよく分からない。

シャクチリソバ



花盗人の花日記


タイトル画像

ウメモドキの実

2006.10.29(07:01) 822

こちらも鈴なり状態。この花も見逃しているな。

ウメモドキの実

真っ赤で美味しそう。味わってないけど。

ウメモドキの実

リンゴのような実、でも大きさは5,6mmくらい。

ウメモドキの実



花盗人の花日記


タイトル画像

アケビの実

2006.10.29(07:00) 821

高い場所に1個だけあったので望遠で撮影、ちょっとボケ気味。
大きさは4,5cmくらい、こちらのアケビは小さい。

アケビの実



花盗人の花日記


タイトル画像

ツルソバ

2006.10.28(07:01) 820

地面に広がるように生えていたからツルソバとは思わず他の場所で見かけてツルソバと分かった。

ツルソバ

タデ科の花はほんとどれも似ている。

ツルソバ

白く三烈しているのが雌しべで青黒く見えいているのが雄しべかな。

ツルソバ

餡を葛で包んだ上品な和菓子のような実・・・って去年も同じ表現を使ったな(^^;)

ツルソバの実


花盗人の花日記


タイトル画像

モッコクの実

2006.10.28(07:00) 819

文字通り鈴なりになっていました。

モッコクの実

サクランボのような赤い実。

モッコクの実

もう少し艶やかだともっと綺麗なんだろうが。

モッコクの実

実が割れてオレンジ色の種が見えています。
実の部分は堅そうでお世辞にも美味しそうには見えない。
これを食べる鳥がいるんだろうか。

モッコクの実


花盗人の花日記


2006年10月
  1. ヒロハホウキギク(10/31)
  2. コシロノセンダングサ(10/31)
  3. オオハナワラビとフユノハナワラビ(10/30)
  4. トウゴマ(10/30)
  5. ホシアサガオ(10/30)
  6. シャクチリソバ(10/29)
  7. ウメモドキの実(10/29)
  8. アケビの実(10/29)
  9. ツルソバ(10/28)
  10. モッコクの実(10/28)
次のページ
次のページ