タイトル画像

FC2ブログランキング

2007.03.31(13:43) 1031

FC2ブログランキングに参加してみました。
このブログが気に入られましたら左上のバナーアイコンをクリックして下さいませ。
FC2は写真のジャンルに花の項目がないからガーデニングで参加、
ちょっと違うんだけどな。

花盗人の花日記


タイトル画像

ユスラウメ

2007.03.31(07:03) 1030

園芸センターにあって毎年赤い実は見ているが花は見逃していた。
今年も最盛期は過ぎていたがなんとか咲き残っているのがあった。

ユスラウメ

花弁が散っても残った萼と蕊だけでも小さな花に見える。

ユスラウメ

花弁が大きい割に付け根が随分細いですね。

ユスラウメ


(3月30日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

サンゴミズキの若葉→オオバベニガシワの若葉

2007.03.31(07:02) 1029

これも真っ赤で綺麗。
まるで誰かさんのよう、と餌を撒いておこうヾ(^^;)

オオバベニガシワの若葉


(3月30日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

ジゴクノカマノフタ

2007.03.31(07:01) 1026

キランソウの別名です。漢字で書くと地獄の釜の蓋。すごい名前だけどこれを思いついた人の想像力もすごい。
地面に蓋をするようにべたっと広がる様子から付けられたようです。

ジゴクノカマノフタ


(3月28日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

アカメガシワの若葉

2007.03.31(07:00) 1025

若葉が出始めたばかりの頃はモミジも顔負けの鮮やかな赤ですね。
成長するに従って赤が薄くなり緑になる様子がよくわかると思います。

アカメガシワの若葉


(3月28日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

アオキ

2007.03.30(07:01) 1024

アオキが花を咲かせています。
小さな花だけどチョコレート色をしているから結構目立つ。

アオキ(雄花)

雌雄異株でこちらは雄花。

アオキ(雄花)

花粉を盛んに吹き出させています。

アオキ(雄花)

こちらは雌花。

アオキ(雌花)

蕊が違うだけで花の形はあまり変わりないですね。

アオキ(雌花)

太くて短い雌しべが突き出ている。

アオキ(雌花)


(3月28日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

オオシマザクラ

2007.03.30(07:00) 1023

かな。
青空をバックに新緑の緑と白い花の取り合わせがいいな。

オオシマザクラ

清楚な花、と言っても桜にしては割と大きな花だけど。

オオシマザクラ

蕊にズームイン。雄しべが多いけどこちらもシンプル。

オオシマザクラ


(3月28日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ミチタネツケバナ

2007.03.29(07:01) 1022

群落

ミチタネツケバナの群落

実が鋭角的に付いている。タネツケバナはこれがかなり開く。

ミチタネツケバナの実の付き方

雄しべは4本。これは5本くらいあるようにも見えるが肉眼ではまず分からない。

ミチタネツケバナの花

根生葉の小葉に裂け目が殆どない。タネツケバナの小葉は河童の手のように裂け目がある。

ミチタネツケバナの根生葉

ロゼット。こんなに綺麗な放射状のロゼットはまずタネツケバナのような気がする。

ミチタネツケバナのロゼット


(3月18日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

タネツケバナ

2007.03.29(07:00) 1021

全体像、開花期には根生葉が目立たなくなるそうだがこれはまだ若せいかはっきり残っている。
茎の途中から葉が出るのもタネツケバナの特徴だそうだが例外も結構ありそう。

タネツケバナ

実が茎から離れて開き気味に付くのが特徴。

タネツケバナの実の付き方

雄しべは6本。とにかく小さくてルーペでも確認しにくい。

タネツケバナの花

根生葉の小葉に切れ込みがはっきりしている。この特徴が一番区別しやすいようでミチタネツケバナは切れ込みが殆どない。

タネツケバナの根生葉


(3月18日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

ヤマモモ

2007.03.28(07:01) 1020

なにか赤井ものが見えていると思ったらヤマモモの花だ。

ヤマモモ(雄花)

雌雄異株でこれは雄花。

ヤマモモ(雄花)

これが花、実じゃないのと言いたくなるくらい変わった色や形をしている。
ここ自然公園ではヤマモモの実は見かけたことがないので雌株はないのかな。秋になったらまた探してみよう。

ヤマモモ(雄花)


(3月23日撮影)


花盗人の花日記


2007年03月
  1. FC2ブログランキング(03/31)
  2. ユスラウメ(03/31)
  3. サンゴミズキの若葉→オオバベニガシワの若葉(03/31)
  4. ジゴクノカマノフタ(03/31)
  5. アカメガシワの若葉(03/31)
  6. アオキ(03/30)
  7. オオシマザクラ(03/30)
  8. ミチタネツケバナ(03/29)
  9. タネツケバナ(03/29)
  10. ヤマモモ(03/28)
次のページ
次のページ