タイトル画像

ニワゼキショウとオオニワゼキショウ

2007.05.31(07:01) 1199

今までこの両者を区別するのには懐疑的でしたがなかなかさんのブログではっきり違うことを教えて貰いました。
右の花がニワゼキショウで左のがオオニワゼキショウ。
花は小さいのになんでオオかというと実が大きいことからきているようです。
画面右のがニワゼキショウの実、下に一つ写っているのがオオニワゼキショウの実、倍くらいの違いがあります。

ニワゼキショウとオオニワゼキショウ

オオニワゼキショウ3枚。
直接比較しなくても実が大きいのがすぐわかります。

オオニワゼキショウ

オオニワゼキショウ

オオニワゼキショウ

ニワゼキショウ3枚。
こちらもはっきり実が小さいのが分かる。

ニワゼキショウ

ニワゼキショウ

ニワゼキショウ

では実がなっていないときはどうするか。花の大小でもある程度区別つきますがそうでないときもある。
横から見た花のウエスト部分を見て下さい。オオニワゼキショウの方がくびれが少し強いような気がします(これが識別点としてあっているかどうか分からないけど)

(5月26日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

ナガミヒナゲシの実

2007.05.31(07:00) 1198

多摩NTの住人さんのブログでナガミヒナゲシの実の面白い姿を知ったので撮りに行ってきました。
右が熟す前の青い実、左が熟した実です。
ナガミヒナゲシの実

上部に1mmくらいの隙間が出来ています。ここから種が飛び散る。

ナガミヒナゲシの実

頭の部分も河童の皿みたいで面白い。

ナガミヒナゲシの実

皿を取ってみたら中にぎっしり種が詰まっていました。
ちょっとぶれてしまった。

ナガミヒナゲシの実

実を振ってみると中から小さな種がたくさん飛び出てきます。
これ一つで数百個は入っているだろうな。

ナガミヒナゲシの実


(5月26日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

ガマズミ

2007.05.30(07:02) 1197

同じ自然公園内でミヤマガマズミを見てコバノガマズミを見てガマズミもみっけ。微妙に花の時期をずらして咲いているかもね。

ガマズミ

花自体はほんとに他と変わりなし。

ガマズミ

結構匂いがするんでしょうか甲虫類がたくさんきてました。写してないけど。

ガマズミ

花弁より長く伸びた雄しべ。モヤシみたいだ。

ガマズミ

対生する葉。こうやって見るとコバノガマズミは葉がほっそりしていて違いがよく分かります。ミヤマガマズミは葉の先端が伸びているけどこれはそれ程じゃないからやはりガマズミかな。

ガマズミ


(5月22日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

コツクバネウツギ

2007.05.30(07:01) 1196

ツクバネウツギとしてアップ直前になってコツクバネウツギがあるのが判明。調べてみたら後者の方でした。
ああややこしい、卓袱台ぶん投げたくなるぞヾ(^^;)

コツクバネウツギ

ツクバネウツギは萼片が5枚、こちらは2,3枚とか。識別ポイントとしては分かりやすいかな。

コツクバネウツギ

筒状の花、シソ科の花を連想させますが目的が同じだと形態も似て来るんでしょうね。

コツクバネウツギ

これは別の場所、随分咲いていた。

コツクバネウツギ

色が黄色っぽい。

コツクバネウツギ

雌しべが大分突き出ている。

コツクバネウツギ


(5月22日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

ヒメウツギ

2007.05.30(07:00) 1195

ウツギと名の付く花は数多くあれどこれが本家本元のウツギ、と思ったらどうやらヒメウツギの方だったみたい。

ヒメウツギ

ちょっと分かりにくいですが花糸に翼がありその先が角のように飛び出ているのがヒメウツギ、ウツギの方は飛び出ていないとか。

ヒメウツギ

これも花をたくさん付けますがこれくらいの方が可愛くて好み。

ヒメウツギ

白い花弁に黄色い雄しべの対比が綺麗。

ヒメウツギ


(5月22日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

ナルコユリ

2007.05.29(07:01) 1194

下から見上げると龍が飛び立つように勇ましく見えるのが好きなんだよね。カメラじゃないとなかなか味わえない光景だけど。

ナルコユリ

花の付け根に緑色の突起がついています。これがアマドコロとの違い。

ナルコユリ

恒例、真下から覗いた花(笑)。やはりユリ科の花ですね。

ナルコユリ

葉はミヤマナルコユリよりほっそりした感じですね。

ナルコユリ


(5月22日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

エゴノキ

2007.05.29(07:00) 1193

地面に白い花がたくさん散っていたので上を見上げたらエゴノキでした。ちょっと見るのが遅かった、もっと花を沢山付けているのにね。
皮にサポニンを含んでえぐいことからエゴノキ。これも可哀想系の名前かな。

エゴノキ

ランプをぶら下げたように長い花茎を伸ばして下向きに咲いている。

エゴノキ

この楚々とした感じが好み。普通5弁だけど左のは4弁みたい。

エゴノキ


(5月22日)


花盗人の花日記


タイトル画像

ヤエムグラの実

2007.05.28(07:02) 1192

丸い実をたくさん付けてます。この時期にはもうまっすぐ立っていないから分かりやすいように立てて背景も考えて撮影。

ヤエムグラの実

まん丸い毛むくじゃらの実、大きさは2,3mmくらい。

ヤエムグラの実

何にそっくり。こういう実をつけるのは他にもたくさんあるけど何故かイヌノフグリばかり汚名を着ているようだ(笑)。
イヌノフグリも滅多にお目にかかれないから一番の被害者はオオイヌノフグリかな。

ヤエムグラの実


(5月20日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

カラスノエンドウの実

2007.05.28(07:01) 1191

実が黒く熟すことからカラスノエンドウ。

カラスノエンドウの実

丸まる太った種がたくさん入ってますね。こりゃ増えるはずだ。

カラスノエンドウの実

莢が螺旋状に捻れて種をばらまきます。湿度を巧く利用しているんですね。

カラスノエンドウの実


(5月20日撮影)


花盗人の花日記


タイトル画像

ダイミョウセセリその2

2007.05.28(07:00) 1190

ダイミョウセセリは蝶にしては珍しく葉を開いて止まるから逆に裏の模様が見えない。やっと裏を見せてくれた。
表と裏の模様が全然違うのもいるけどこれは全く同じですね。

ダイミョウセセリ


(5月22日撮影)


花盗人の花日記


2007年05月
  1. ニワゼキショウとオオニワゼキショウ(05/31)
  2. ナガミヒナゲシの実(05/31)
  3. ガマズミ(05/30)
  4. コツクバネウツギ(05/30)
  5. ヒメウツギ(05/30)
  6. ナルコユリ(05/29)
  7. エゴノキ(05/29)
  8. ヤエムグラの実(05/28)
  9. カラスノエンドウの実(05/28)
  10. ダイミョウセセリその2(05/28)
次のページ
次のページ