2007. 10. 31  
初めて見た花が季節外れだと調べるのに苦労します。
(勿論撮影時には季節外れなんて思いもしないけど)
シソ科と言うことはすぐ分かるけど秋の花を調べてもなかなか見つからずひょっとしてと思って夏の花を調べてみたらクルマバナだった。

クルマバナ

これは花付きが少ないですが輪状に花を付けるから車花。

クルマバナ

青空に負けない赤っぽい花。

クルマバナ

大きさは4,5mmくらい、シソ科とよく分かります。

クルマバナ

花弁も花柱もみな同じ色をしていますね。

クルマバナ

葉。

クルマバナ


(10月25日撮影)
2007. 10. 31  
倒木からローソクのように生えていた黒いキノコ、調べた限りではテングノハナヤスリに似ていたけど確証はなし。

テングノハナヤスリ?

林の中の腐葉土から生えていた。

シャカシメジ

何となくシメジに似ていて食べられそうな感じがしたので持って帰って調べてみたらシャカシメジのようだ。
万能のキノコで何にでもあいそう、でもちょっと怖いのでちょっぴりみそ汁に入れて食べてみたら美味しかったよ。

シャカシメジ


(10月25日撮影)
2007. 10. 30  
待望のゲンノショウコの白花ついに発見!!、だもんでタイトルも敢えてシロバナゲンノショウコにしました(^^ゞ
東日本の方にとっては珍しくもなんともないでしょうが、こちらではとぉ~っても珍しく見つけると飛び上がって喜ぶくらいなんですよ(笑)

シロバナゲンノショウコ

撮影しながらひょっとしてミツバフウロかとも思いましたが茎に開出毛があるからシロバナゲンノショウコのようです。もっともミツバフウロの方がもっと珍しいみたいだけど。

シロバナゲンノショウコ

後は写真を並べただけ、特に西日本の方限定でご覧下さい(笑)

シロバナゲンノショウコ

シロバナゲンノショウコ

シロバナゲンノショウコ

シロバナゲンノショウコ


(10月25日撮影)
2007. 10. 30  
裏の模様はこちらから。
葉っぱの上で日なたぼっこ中、そーっと近づいたけどすぐ逃げられて撮影できたのはこれ1枚。

テングチョウ

テングチョウ科

(10月25日撮影)
2007. 10. 29  
ヤマトシジミもここんとこよく見かけます。

ヤマトシジミ

表側から光が透けてちょっと変わったイメージ。

ヤマトシジミ

こちらは裏から光が当たって裏の模様が透けて見えています。

ヤマトシジミ


(10月22日撮影)
2007. 10. 29  
なにか花が咲いていると思ったら

ムラサキシキブ

ムラサキシキブだった。もう実が生る頃だというのにね。

ムラサキシキブ

これは実をつけることが出来るだろうか。

ムラサキシキブ


(10月22日撮影)
2007. 10. 29  
テリハノイバラ、ちっちゃな帽子を被った可愛い奴。

テリハノイバラの実

フユと名が付いてももう赤くなっている。9月下旬頃にはもう見かけたけどね。

フユイチゴの実

赤と青の対比にパチリ。

ノブドウの実


(10月22日撮影)
2007. 10. 28  
花を求めて哨戒飛行中。
広角で撮って無理に拡大したから画像が大荒れ。

ホソヒラタアブ

目標発見、着陸態勢に入る。

ホソヒラタアブ

無事着陸。

ホソヒラタアブ

さー食事だ食事だ。

ホソヒラタアブ

ヒラタアブ科

(10月22日撮影)
2007. 10. 28  
前回はまだ蕾だったので再度アップ。

サケバヒヨドリ

青空に映えている。

サケバヒヨドリ

咲いていると言ってもこの程度だけど。

サケバヒヨドリ

一応葉もアップしておかなくては。

サケバヒヨドリ


(10月22日撮影)
2007. 10. 28  
いわゆるどんぐり

コナラの実

ぷっくらと膨らんで栄養がたっぷり詰まっていそう。
右側のはちょっと触れただけで落っこちてしまった。種まきに協力してしまったか(笑)
お椀状の部分を殻斗と言うそうだ。

コナラの実


(10月22日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR