2007. 11. 30  
アカメガシワ。
ちょっと早かったけど序で。

アカメガシワの黄葉

アメリカフウ。
別名モミジバフウ。

アメリカフウの紅葉

実が面白いけど落ちてなかった。

アメリカフウの紅葉

ヤマノイモ。
葉が対生しているように見えるけどヤマノイモだろうな。

ヤマノイモの黄葉

ヤマノイモの黄葉

樹種不明。
エノキかな、ケヤキかな。

エノキ?の黄葉

エノキ?の黄葉


(11月25日撮影)
2007. 11. 29  
コブシ
こんなに見事に黄葉するなんて知らなかった。

コブシの黄葉

葉の裏側から日を透かしてみました。

コブシの黄葉

ハゼノキ
こちらでの代表的紅葉ですかね。

ハゼノキの紅葉

幼木を下からマクロでパチリ。

ハゼノキの紅葉

ヤマザクラ
多分ヤマザクラだと思うけど綺麗に黄葉してる。

ヤマザクラの黄葉

こちらは少し赤味がかかっている。

ヤマザクラの紅葉

明日その3に続く

(11月25日撮影)
2007. 11. 28  
裏見と言っても下から見上げただけなんですけどね(笑)

ツタ。
ちょっと黒ずみがあるけど日を透かしてみると真っ赤で凄く綺麗だった。

ツタの紅葉

こちらは表側から。緑が濃い頃は全然気がつかなかったけど今頃になって結構目立つ。

ツタの紅葉

イチョウ。
やはり黄葉の代表格ですかね。

イチョウの黄葉

イロハモミジ。
1本の木に黄葉と紅葉が混在。

イロハモミジの紅葉

青空に映えてます。

イロハモミジの紅葉

明日その2に続く。

(11月25日撮影)
2007. 11. 27  
これが咲き始めるともう冬だな、と言ってもこの日は汗ばむほどのポカポカ陽気だったんですけどね。

ヤブツバキ

園芸種の椿は数多くあれど一番好きな椿はやはりこれだな。

ヤブツバキ

お馴染み茶筅型の雄しべ。これは蜜を舐めに来る虫を防ぐため。花粉の媒介は鳥が担っています。
こんな和菓子がないかなと思いはつい食い物系へ。

ヤブツバキ


(11月25日撮影)
2007. 11. 27  
葉はホトトギスだしこの自然公園にはヤマジノしかかないから多分ヤマジノホトトギスの実かなと。

ヤマジノホトトギスの実

長さは2cmくらい。

ヤマジノホトトギスの実

後ピンになってぼけてますが先端の裂け方はユリ科っぽいですね。

ヤマジノホトトギスの実


(11月25日撮影)
2007. 11. 26  
木の葉を見るとクリスマスを思い浮かべるけどあちらはセイヨウヒイラギでモチノキ科、こちらはモクセイ科。

ヒイラギ

密集した花、ヒイラギモクセイに似てるけどよく見ると大分違いますね。

ヒイラギ

雌雄異株だけどこれはどうみても雄しべも雌しべもはっきりしてるし両性花みたい。

ヒイラギ

ヒイラギ

ヒイラギ


(11月25日撮影)
2007. 11. 26  
まさしく真っ赤なトウモロコシ。花が数多く咲いている割には実がなるのは少ない気がする。

マムシグサの実

こちらは色も粒の大きさもやや不揃い。

マムシグサの実


(11月17日撮影)
2007. 11. 25  
2007. 11. 24  
連凧ならぬ連黄葉、青空に黄色が映えてます。

ヤマノイモの黄葉

カメラの関係で日陰だと色がいまいち。

ヤマノイモの黄葉


 (11月17日撮影)
2007. 11. 24  
いつも出かける自然公園内の山道の途中、これで一斉に赤くなると見事なんでしょうけどね。

ドウダンツツジの紅葉

紅葉をマクロで撮ってもしょうがないけどこれはもはや習慣(笑)

ドウダンツツジの紅葉


 (11月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2007年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR