タイトル画像

ミヤマカタバミその2

2008.04.30(07:00) 1898

林の中に日が当たる場所がミヤマカタバミの花畑状態だったのでパチリ。
もっとひいて撮りたかったけどそうすると花が小さすぎてわからなくなるからな。

ミヤマカタバミ

ミヤマカタバミ

日の光をいっぱい浴びて全開モード。

ミヤマカタバミ

花弁に薄い筋が入っていますが、

ミヤマカタバミ

明るい場所を背景に暗い場所から撮ってみたら筋が透けて見えました。偶然だけど意外な発見でした。

ミヤマカタバミ


(4月14日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ワサビ

2008.04.29(07:00) 1897

登山口辺りにワサビ田があって周辺にも多少逃げ出して咲いているようです。

ワサビ

花の付け方はユリワサビよりずっと多い。

ワサビ

これも典型的なアブラナ科の花。

ワサビ


(4月14日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ユリワサビ

2008.04.28(07:00) 1896

これも湿っぽい場所によく咲いている。

ユリワサビ

ワサビやタネツケバナなどと似てるけど葉が全然違う。

ユリワサビ

花を見ればアブラナ科と一目瞭然。

ユリワサビ

横顔。

ユリワサビ


(4月14日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ヤマルリソウ

2008.04.27(00:00) 1895

ミニお花畑、と言ってもこの僅かな場所でしか咲いていない。

ヤマルリソウ

後ろの薄赤いのはまだ咲き始めたばかりの花でしょうか。

ヤマルリソウ

仲間のホタルカズラもそうだけど花弁が虫に食われているのが多いですね。

ヤマルリソウ

中心部のアップ、去年と同じ事をしてるな(笑)

ヤマルリソウ


(4月14日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ツルカノコソウ

2008.04.26(07:00) 1894

こちらも桂木山を代表する花、でもサツマイナモリより多少明るいところを好むようです。

ツルカノコソウ

この姿がいいというか分かりやすい。

ツルカノコソウ

花の大きさは2,3mm、雄しべは見えているけど雌しべはどうだろう。

ツルカノコソウ


(4月14日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

サツマイナモリ

2008.04.25(07:00) 1893

この時期の桂木山を代表する花、かなり湿っぽい日陰を好むようです。

サツマイナモリ

花弁の表面には多数の毛が生える。昆虫の足がかりにでもなるのかな。

サツマイナモリ

雄しべが突き出るのと雌しべが突き出るのがあってこちらは雄しべ。

サツマイナモリ

こちらは雌しべ、薄化粧をした唇のよう。

サツマイナモリ

雄しべを激写、ちょっと変わった写真になったけどこんなお菓子がなかったかな。

サツマイナモリ


(4月14日撮影)

#今シーズン最後の古墳巡りに行ってくるので暫くお休み。4月30日帰宅予定。
 その間予約投稿をしておくので返事が遅れます。

花盗人の花日記


タイトル画像

ミヤコアオイ

2008.04.24(07:01) 1892

この特徴的な葉、この仲間も種類が多いけどカンアオイだろう。

カンアオイ

根元を見てみたら花はあったけど残念まだ開いてなかった。

カンアオイ

こちらは木の根元に生えたカンアオイ

カンアオイ

こちらもまだ蕾でした。もう少しで開きそうだけど山の上だしな、このためだけに行くのもちとしんどい。

カンアオイ

新しい葉が生えてきているけど古い葉と交代するのかな。

カンアオイ


(追記)タイトルをカンアオイからミヤコアオイに変更

(4月14日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

クロモジ

2008.04.24(07:00) 1891

新緑の葉と同時にその下にぶら下がるように花を咲かせています。

クロモジ(雄花)

大きさは4,5mmくらい、雌雄異株でこれは雄花。

クロモジ(雄花)

やはり太陽の下で写すと写りが全然違いますね。日陰で撮ったのもあるけど全然さえなかった。

クロモジ(雄花)

こちらは雌花、雌しべが突き出ているのがパラボラアンテナのようだ。

クロモジ(雌花)


(4月14日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ナガバノタチツボスミレ

2008.04.23(07:01) 1890

葉の様子がちょっと違っていたのでゲット。托葉が櫛歯状で地上茎があるなどタチツボには間違いなさそうだけど。

ナガバノタチツボスミレ

葉脈が紫色をしているからナガバノタチツボスミレかなと思うが自信なし。

ナガバノタチツボスミレ

葉の裏が紫色だそうだけどこれは緑色、ま例外もあるだろうと(^^;)

ナガバノタチツボスミレ

光の当たり具合が良くてなかなか綺麗な姿をしていた。

ナガバノタチツボスミレ

横顔、距も紫色。

ナガバノタチツボスミレ


(4月14日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

キブシ

2008.04.23(07:00) 1889

遠くからでも分かるこの姿、花だけぶれているような写真だ(笑)

キブシ

小さな花を多数ぶら下げている。

キブシ

雌雄異株でこれは雌花、雄花もあったと思うけどマクロで撮れるようなのはなかったのが残念。

キブシ


(4月14日撮影)

花盗人の花日記


2008年04月
  1. ミヤマカタバミその2(04/30)
  2. ワサビ(04/29)
  3. ユリワサビ(04/28)
  4. ヤマルリソウ(04/27)
  5. ツルカノコソウ(04/26)
  6. サツマイナモリ(04/25)
  7. ミヤコアオイ(04/24)
  8. クロモジ(04/24)
  9. ナガバノタチツボスミレ(04/23)
  10. キブシ(04/23)
次のページ
次のページ