タイトル画像

クロキ

2009.02.28(07:00) 2643

クロキが沢山の蕾を付けていますが気の早いのがポチポチ咲き始め。

クロキ

暖かさに誘われて雄しべが一斉に飛び出してきそう。

クロキ

殆ど雄しべだけでアピールするような花。中央に紅一点ならぬ緑一点で雌しべが見えてます。

クロキ

この日は気持ちのいいくらい真っ青な空。それをバックに花だけアップして撮りたかった。

クロキ

ハイノキ科ハイノキ属

(2月21日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ミドリハコベ

2009.02.27(07:00) 2642

ミドリハコベとコハコベの違いは敢えて目を背けていたけどこう言うのを見つけると区別せざるをえないな(笑)
分かりにくいけど右側が在来種のミドリハコベ、左側がコハコベの群落です。ミドリハコベの方が葉の色が明るい緑色だそうだけど若干その傾向が出ているかな。

ミドリハコベ

茎は直立気味で名前の通り緑色。

ミドリハコベ

でもこのようにやや赤紫がかっているのもあった。コハコベの遺伝子が混じったのかな。

ミドリハコベ

雄しべは8-10本、これは9本見えているようだ。でも例外もあって少ないのもあるそうだ。

ミドリハコベ

右側の咲き始めの頃は雄しべの葯が赤い。これはコハコベでは見られなかったな。

ミドリハコベ

赤い葯がかわいかったのでドアップ。

ミドリハコベ

ナデシコ科ハコベ属

(2月21日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

コハコベ

2009.02.27(07:00) 2641

ミドリハコベはこちらから。
ヨーロッパからの帰化植物で極普通に見られる。茎は斜上気味。

コハコベ

群落の端っこだと殆ど水平に伸びるのも見かける。茎は赤紫色、これがミドリハコベとの違いがわかりやすいかな。

コハコベ

雄しべは3-5本、これは3本見えているかな。ただ例外もあってもっと多いのもあるそうな。

コハコベ

こちらは葯が黒っぽくなっているけど前のより時間が経っているのかな。

コハコベ

更に時間が経つと葯が落ちるようだ。こうなると雄しべがあるように見えない。

コハコベ

ナデシコ科ハコベ属

(2月21日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

キュウリグサ

2009.02.26(07:00) 2640

ロゼットで分かりやすいから前から注意していたけどやっと咲き始め、中央やや左当たりに咲いているのが分かるだろうか。

キュウリグサ

ここは石段で暖まるせいか割と早く咲いたかも。

キュウリグサ

青い花弁に中央の黄色いリングと色が綺麗で好きなんだけどなんせ小さすぎてやはりデジカメならではの対象だな。

キュウリグサ

奥のは中央の黄色い色がはっきりしているけど手前のはもう白っぽくなっている。花弁も痛んでいて花としてはもう終わりかもね。

キュウリグサ

ムラサキ科キュウリグサ属

(2月18日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

タチツボスミレ

2009.02.25(07:00) 2639

これも

タチツボスミレ
タチツボスミレ

これも

タチツボスミレ
タチツボスミレ

(追記)1-4枚目はコスミレかも知れない。

これもタチツボスミレみたい。花弁の形が色々。

タチツボスミレ

三つとも匂っていました。匂いだけではニオイタチツボスミレとはいえないようだ。

タチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(2月15日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ミチタネツケバナ

2009.02.24(07:00) 2638

ロゼットから真っ直ぐ茎を伸ばして花を咲かせるこの姿が透き。

ミチタネツケバナ

真上から見るのもまたいい。

ミチタネツケバナ

実が茎に鋭角につくのが特徴。

ミチタネツケバナ

雄しべは4本。

ミチタネツケバナ

こちらはタネツケバナ。ロゼットが見えてないけどミチタネツケバナに比べて小葉に切れ込みがあるそうだ。

タネツケバナ

実は茎から開き気味につく。

タネツケバナ

花と葉。

タネツケバナ

雄しべは6本。

タネツケバナ

実は両者の特長を完全に逆に覚えていて撮影時は反対に認識(^^;)。1年たつとすっかりじゃないけど忘れてるな~。

アブラナ科タネツケバナ属

(1月15日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

オランダミミナグサ

2009.02.23(07:00) 2637

ポチポチ咲き始めています。

オランダミミナグサ

在来種のミミナグサとの違いは頂部に幾つもの花を咲かせること。と言ってもミミナグサが滅多に見かけなくなったからな。

オランダミミナグサ

ウサギの耳のような花弁。

オランダミミナグサ

これは開いたばかりでしょうか。蕊がまち針のようで可愛い。

オランダミミナグサ

いつもの場所でいつもの構図。

オランダミミナグサ

ナデシコ科ミミナグサ属

(2月15日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

フキノトウ

2009.02.22(07:00) 2636

うっかりしていたらあちこちで花を開かせていた。

フキノトウ

この状態だとフキと言うよりフキノトウといいたいですね。違いはよく分からないけど。

フキノトウ

雌雄異株でこれは雄花。太く突き出ているのは雌しべだけど受粉はしません。この日撮った中には雌花はなかったな。

フキノトウ

雌しべの付け根に見えているのが雄しべ。雄花なのに雌しべが残っているのは同株から異株へ進化する過程にあるのだとか。

フキノトウ

キク科フキ属

(2月18日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

オオイヌノフグリ群生

2009.02.22(02:00) 2635

ドアップもいいけど偶には群生の様子も撮ってみようかなと。
カメラの位置が高すぎると奥行きが出ないし低すぎると重なりすぎるなど結構難しい。
で似たようなのを3枚アップ。

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ

ゴマノハグサ科クワガタソウ属

(2月15日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ユキヤナギ

2009.02.21(07:00) 2634

パラパラと咲き始め。

ユキヤナギ

やはりこの花は満開時の雪のような姿が見頃だろうけどこの頃の方が花の姿がよく分かる。

ユキヤナギ

花柄も意外と長い。

ユキヤナギ

雄しべは多数、ネックレスのような黄色いリングが可愛い。

ユキヤナギ

雌しべは5本、この黄色いネックレスはどんな役割をするんだろ。

ユキヤナギ

バラ科シモツケ属

(2月15日撮影)

花盗人の花日記


2009年02月
  1. クロキ(02/28)
  2. ミドリハコベ(02/27)
  3. コハコベ(02/27)
  4. キュウリグサ(02/26)
  5. タチツボスミレ(02/25)
  6. ミチタネツケバナ(02/24)
  7. オランダミミナグサ(02/23)
  8. フキノトウ(02/22)
  9. オオイヌノフグリ群生(02/22)
  10. ユキヤナギ(02/21)
次のページ
次のページ