タイトル画像

ミツバアケビ

2009.03.31(07:52) 2691

公園に咲いていたミツバアケビ。こんなとこに咲いていたのか、秋に実が生ってくれないかな。

ミツバアケビ

雌雄異花でこれは雌花。

ミツバアケビ

こちらは雄花。単独で見るととても花には見えない。

ミツバアケビ

小葉が3枚でミツバアケビ。花だけ見てもミツバアケビと分かるんだけどね。

ミツバアケビ

アケビ科アケビ属

(3月27日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ウマゴヤシ

2009.03.31(07:52) 2690

公園のウマゴヤシが咲き始め。葉の大きさに比べて花は随分小さい。

ウマゴヤシ

一つの花は3mmほど、それが3,4個集まる。花は小さいけれど全体に比べて旗弁が随分大きい。

ウマゴヤシ

櫛歯状の托葉。特徴的な実が生るけど熟す前に刈り取られちゃうんだよね。

ウマゴヤシ

マメ科ウマゴヤシ属

(3月27日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

スズメノエンドウ

2009.03.30(08:18) 2689

初めて見つけたのが隣の市、次に見つけたのが郊外の自然公園、で今回見つけたのが地元も地元いつも行ってる近所の公園。当然もっと前から咲いていただろうから灯台下暗しだったな。

スズメノエンドウ

珍しい花ではないけれど最初に見つけるまではどうしてないんだろうと思っていたけどやはり一度見つけると次から次へと見つかりますね。

スズメノエンドウ

何とかマメ科と分かる花。

スズメノエンドウ

茎も萼片も結構毛が生えている。

スズメノエンドウ

カラスノエンドウとのツーショット。

スズメノエンドウ

マメ科ソラマメ属

(3月27日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

タツナミソウ

2009.03.30(08:18) 2688

タツナミソウ咲き始め。この日咲いていたのはこれだけだったけど蕾を付けたのが随分あったから続々咲き始めそう。

タツナミソウ

ジュウリョウバランスを無視した花(笑)。茎が余程丈夫なのか花が軽いのか。

タツナミソウ

一輪だけ見ると幽霊みたい。

タツナミソウ

この花はドアップに向かないなと思いつつドアップ。

タツナミソウ

シソ科タツナミソウ属

(3月27日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

ハマエンドウ

2009.03.29(07:44) 2686

pandaさんのブログに刺激されて海岸に行って来たものの咲いてる花はハマダイコンばかり。そんななかでやっと見つけたのがハマエンドウ。

ハマエンドウ

この海岸は例年なら5月に咲くからだいぶ早いかも。

ハマエンドウ

もうしっかり赤紫色の花を咲かせていました。

ハマエンドウ

一見フジかと思った。二つの花序が上下に並んでいるだけなんですけどね。

ハマエンドウ

マメ科ハマエンドウ属

(3月27日撮影)



花盗人の花日記


タイトル画像

海岸の生き物

2009.03.29(07:44) 2687

海辺に来たけれど花の方はさっぱりだったので目標を変えて海辺の生き物ウォッチ。

汐溜まりにいたイソギンチャク。細かな種類は全てパス。

イソギンチャク

汐溜まりにいたクラゲ、もう死んでますけどね。これは何故か知ってるアカクラゲ。

アカクラゲ

何故かひっくり返ってもがいていたヤドカリ。

ヤドカリ

元に戻してあげたらお礼もせずにさっさと逃げた(当たり前)

ヤドカリ

ヘビガイの仲間。

ヘビガイ

貝殻が蛇のようにくねくねしてる。

ヘビガイ

岩場に打ち上げられたハリセンボン。

ハリセンボン

自分自身の間抜けぶりに怒ったんでしょうか、膨れあがっています(笑)。

ハリセンボン

膨れたまま干物状態に。

ハリセンボン

初めて見かけた海素麺。アメフラシの卵塊だとか。この日沢山見かけたけどここでアメフラシは見たことないな。海の中に入らないと無理だろうけど。

海素麺

こんな洋風のお菓子があったような。

海素麺

拡大してみると卵塊だと言うことがよく分かります。

海素麺

とぐろを巻いた謎の物体。

?

一見ウンチ状(笑)、でも砂の塊です。

?

多分何らかの生物が砂ごと丸飲みしてプランクトンを食べ、砂だけ排出したのだと思います。

?

(3月27日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

桜咲く

2009.03.28(07:00) 2685

ソメイヨシノ
県内ではもう満開の場所もあるそうだけどここは3,4分咲きくらいかな。

ソメイヨシノ

部分的には満開状態。

ソメイヨシノ

風が少し冷たかったけど綺麗な青空でした。

ソメイヨシノ

神社だけにお神籤の花も咲いている(違)

ソメイヨシノ

オオシマザクラ
地面に花が丸ごと散らばっているので見上げたらオオシマザクラの花。自然に散ったのでなく鳥が食い散らかしたのかな。

オオシマザクラ

やはり青空バック。

オオシマザクラ

ソメイヨシノに比べると少し地味かな。

オオシマザクラ

ヤマザクラ
割と咲いているんだけど赤い若葉も出ているからあまり目立たない。

ヤマザクラ

葉と花が同時に出てくる。

ヤマザクラ

1枚くらいアップしないと当ブログじゃない(笑)

ヤマザクラ

(3月27日撮影)









花盗人の花日記


タイトル画像

源平咲き

2009.03.28(07:00) 2684

1本の木に赤花と白花が咲くことを源平咲きと言うそうな。

源平咲き

桜にはおきないそうで梅でもなさそうだし桃かな。

源平咲き

(3月27日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

セイヨウカラシナ

2009.03.27(22:07) 2682

セイヨウアブラナ(ナノハナ)とは違った感じがしたのでパチリ。どうやらセイヨウカラシナのようでした。

セイヨウカラシナ

花弁がアブラナより細いそうだけどこれを見ただけでは分かりませんね。

セイヨウカラシナ

アブラナ科はほんとどれもこれも似ているもんな。

セイヨウカラシナ

アブラナとの違いは葉が茎を抱かないことだそうだ。茎の色もアブラナは緑でこのように赤っぽくなることもないそうな。

セイヨウカラシナ

アブラナ科アブラナ属

(3月15日撮影)

花盗人の花日記


タイトル画像

白いオオイヌノフグリ

2009.03.27(07:00) 2683

オオイヌノフグリは除草剤の影響で花が白くなったり小さくなったりすることがあるそうでこの右側のがそうでしょうか。

白いオオイヌノフグリ

色むらもおこしているような。

白いオオイヌノフグリ

右側のは蕊の形がおかしいような、左側のも花弁がよれよれしていますね。

白いオオイヌノフグリ

全く正常なのと隣り合って咲いています。除草剤の感受性に違いがあるんだろうか。

白いオオイヌノフグリ

4枚目左側のを拡大。蕊も花弁も形が少しおかしい。

白いオオイヌノフグリ

以前アップしたコゴメイヌノフグリもオオイヌノフグリの除草剤による白化かもしれない。

ゴマノハグサ科クワガタソウ属

(3月19日撮影)




花盗人の花日記


2009年03月
  1. ミツバアケビ(03/31)
  2. ウマゴヤシ(03/31)
  3. スズメノエンドウ(03/30)
  4. タツナミソウ(03/30)
  5. ハマエンドウ(03/29)
  6. 海岸の生き物(03/29)
  7. 桜咲く(03/28)
  8. 源平咲き(03/28)
  9. セイヨウカラシナ(03/27)
  10. 白いオオイヌノフグリ(03/27)
次のページ
次のページ