2009. 09. 30  
池に生えていたミズアオイ。ハート形の葉が特徴的。

ミズアオイ

ホテイアオイはどこでも見られるけどこちらは絶滅危惧種とか。

ミズアオイ

ホテイアオイと違って上の花弁に模様がありません。

ミズアオイ

涼しげな青紫色。

ミズアオイ

ミズアオイ科ホテイアオイ属

(9月25日撮影)

2009. 09. 30  
今時の水辺で大抵見かけるミゾソバ。

ミゾソバ

タデ科だけでなく野草の花としても1,2を粗そう美しさだと思うんだけどね。

ミゾソバ

花が小さいせいかそれともどこでも見かけるせいかあまりこれを庭に植える人は少なそう。

ミゾソバ

レンゲのような咲き方をしていたのでパチリ。やはり日が当たってないと色がいまいち。

ミゾソバ

タデ科タデ属

(9月25日撮影)
2009. 09. 30  
ミゾソバの蜜を吸うイチモンジセセリ。

イチモンジセセリ

口吻が自分の身体と同じくらい長いんだ。

イチモンジセセリ

セセリチョウ科

(9月25日撮影)
2009. 09. 29  
オモダカがまだ咲いていると思ったけど

ヘラオモダカ

花が7,8mmと随分小さい。ヘラオモダカでした。

ヘラオモダカ

葉っぱが全然違う。サジオモダカというのもあるそうだがこれとも違う。

ヘラオモダカ

オモダカより可愛くて気に入ったな。

ヘラオモダカ

オモダカは雌雄異花だけどこちらはそうではないようだ。

ヘラオモダカ

オモダカ科サジオモダカ属

(9月25日撮影)
2009. 09. 29  
水田脇の石垣に咲いていたシロバナツユクサ。でもこれはほぼ間違いなく除草剤による白化だろうな。

シロバナツユクサ

白花は石垣の下の方しかなく僅かに青色が残っている。

シロバナツユクサ

中途半端に青色のもあった。

シロバナツユクサ

上の方は正常なツユクサが咲いていた。やはりツユクサはこの色が一番。

ツユクサ

ツユクサ科ツユクサ属

(9月25日撮影)
2009. 09. 29  
飛んでいるときは表も紫色をチラチラ見せてくれるんだけどな~。

ムラサキシジミ

シジミチョウ科

(9月25日撮影)
2009. 09. 28  
今日から暫くB地区シリーズ。具体的な名前は隠しておこう。

水田の畦に生えていたアブノメ。画面下が根元で上の方に紫色の花が二つ咲いてます(ぼけているけど)

アブノメ

花は小さいけど草丈30cmくらいで割と目立った。ごく僅かしか生えてなかったけどね。

アブノメ

初めて見かけたけどアブノメだとピンときました。

アブノメ

大きさは3,4mmくらい、意外と綺麗。

アブノメ

蕊は奥の方でよく見えないのかな。

アブノメ

これが実際の色に近いかなと思う。

アブノメ

下の方では閉鎖花をつけるそうだ。葉腋に丸いのが見えているけど閉鎖花かな、それとも実かな。

アブノメ

ゴマノハグサ科アブノメ属

(9月25日撮影)
2009. 09. 28  
アブノメと同じ場所に生えていたチョウジタデ。こちらは随分背が高くて目立つ。

チョウジタデ

花が開いていたのはこれだけ。タデと名前が付いていてもタデ科じゃない。この花を見ても分かるな。

チョウジタデ

アカバナ科チョウジタデ属

(9月25日撮影)
2009. 09. 28  
雄は何度も見かけたけど雌は今年初めて。

ツマグロヒョウモン(雌)

だもんで慎重に撮影。

ツマグロヒョウモン(雌)

タテハチョウ科

(9月25日撮影)
2009. 09. 27  
セメント舗装の割れ目から生えてきたナガエコミカンソウ。

ナガエコミカンソウ

雌雄異花でこれは雄花。

ナガエコミカンソウ

コミカンソウと違い同じ場所から雄花雌花が咲いてくるようです。

ナガエコミカンソウ

こちらは雌花、雄花と花弁と形が随分違う。

ナガエコミカンソウ

横から見ると子房が見えている。

ナガエコミカンソウ

ぶれまくった写真ばかりになってしまった。

トウダイグサ科コミカンソウ属

(9月20日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR