タイトル画像

タムラソウ

2009.10.31(07:01) 3221

アキノタムラソウはさんざん見てるけどタムラソウは初めて。

タムラソウ

アザミのように見えるけどアザミ属じゃなくタムラソウ属。

タムラソウ

蕊のくるるんが可愛かったので激写。

タムラソウ

更に接近。こんなのばっかり撮っていたから他のアングルで撮るのを忘れたよ。

タムラソウ

下から見上げて。

タムラソウ

アザミ属じゃない証拠に葉に刺がありません。

タムラソウ

キク科タムラソウ属

(10月12日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ミヤコアザミ

2009.10.31(07:00) 3220

これも殆ど花は終わっていた。

ミヤコアザミ

何とか綺麗に残っていた花。総包片も少し赤紫色がかってる。アザミと名が付いてもアザミ属じゃなくトウヒレン属。と言ってもこの花を見るとアザミだと思うな。大きさは1cmくらいと小さめ。

ミヤコアザミ

葉に刺がないのがトウヒレン属の特徴だとか。

ミヤコアザミ

キク科トウヒレン属

(10月12日撮影)


花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

キセルアザミ

2009.10.31(07:00) 3219

根生葉だけで茎に殆ど葉が無いのが特徴。

キセルアザミ

見事に下向きに曲がってます。煙管というより釣り針だな。

キセルアザミ

花をアップで撮ってもしょうがないけど一応。

キセルアザミ

キク科アザミ属

(10月12日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ミコシギク

2009.10.30(07:00) 3218

初めはなんでこんなとこにまでフランスギクが咲いているのかなと思ったけどミコシギクでした。説明板がなければフランスギクと思って見逃したかも。

ミコシギク

限られた湿地に咲く在来種の菊だそうだ。

ミコシギク

そう知ると貴重品、バチバチ撮ってしまった(笑)

ミコシギク

総苞の形。

ミコシギク

キク科と思えない非常に細い葉。

ミコシギク

キク科ミコシギク属

(10月12日撮影)



花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

サラシナショウマ

2009.10.30(07:00) 3217

これを見たときシライトソウだと思ったのは内緒。今頃咲く分けないしこんなに背が高くないけどまー初めてでの勘違いということで。

サラシナショウマ

ブラシのような花序。

サラシナショウマ

多数の雄しべと少数の雌しべからなる花。先端が丸く膨らんでいるのが雌しべかな。

サラシナショウマ

小さな花弁は開くとすぐ落ちるそうで見えているのは萼片。オオバショウマやイヌショウマには花柄がないそうだ。

サラシナショウマ

2回3出複葉の葉。

サラシナショウマ

キンポウゲ科サラシナショウマ属

(10月12日撮影)



花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

オグラセンノウ

2009.10.29(07:01) 3216

遠征シリーズ3カ所目、某湿地B。
草むらの中で紅葉した草を見て花だと思うことがよくあるけどこれも最初はそうだった。でもこれは色がそれとは違った感じがしたので近寄ってみたらオグラセンノウだった。もうここでも終わりかけていたので見られたのはラッキー。

オグラセンノウ

花はまさしくナデシコ。でも色が赤は赤でも何と言ったらいいのか、重い赤と言った感じ(分かるかな^^;)

オグラセンノウ

実際はもう少し黒みがかってたかな。

オグラセンノウ

細長い花筒、まるで燃えさかるトーチ。

オグラセンノウ

対生する細い葉。

オグラセンノウ

ナデシコ科センノウ属

(10月12日撮影)



花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヤマラッキョウ

2009.10.29(07:00) 3215

この湿地に来たらもうヤマラッキョウくらいしか咲いてないよと言われてしまった。

ヤマラッキョウ

そう言う割には数は少なかったけどね。

ヤマラッキョウ

一輪だけ切り出すのは難しい。

ヤマラッキョウ

働き者のホソヒラタアブが飛び回っていた。

ヤマラッキョウ

あんまりカメラを気にしないし空中停止するから比較的撮りやすい。

ヤマラッキョウ

ユリ科ネギ属

(10月12日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

チャバネセセリ

2009.10.29(07:00) 3214

アザミの蜜を吸うチャバネセセリ。

チャバネセセリ

セセリチョウ科

(10月12日撮影)

花盗人の花日記


昆虫 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ユキザサの実

2009.10.28(07:01) 3213

はあんなに沢山咲いていたのにこの日実を見かけたのは僅かに二株だけ。もう終わりかけていたのかな。

ユキザサの実

葉がナルコユリなどに似ているからどうもこの真っ赤な実がイメージにそぐわない。

ユキザサの実

でも綺麗。一番見たかった実なんだよね。もう一つ見かけたかったツクバネソウの方は全く見かけず。

ユキザサの実

加重がいっぱい入っていそうな実。大きさは5mmくらいだけど。

ユキザサの実

ユリ科ユキザサ属

(10月11日撮影)



花盗人の花日記


木の実 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ノブキ

2009.10.28(07:00) 3212

コレも花は殆ど終わりかけていたけど何とか残っていたのがあった。

ノブキ

花序の周りのが雌花中心部が雄花。

ノブキ

更に近づくと違いがはっきり。

ノブキ

鬼の棍棒のような実。これもネバネバ系のくっつき虫。

ノブキの実

キク科ノブキ属

(10月11日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
2009年10月
  1. タムラソウ(10/31)
  2. ミヤコアザミ(10/31)
  3. キセルアザミ(10/31)
  4. ミコシギク(10/30)
  5. サラシナショウマ(10/30)
  6. オグラセンノウ(10/29)
  7. ヤマラッキョウ(10/29)
  8. チャバネセセリ(10/29)
  9. ユキザサの実(10/28)
  10. ノブキ(10/28)
次のページ
次のページ