2010. 04. 30  
上から見ても葉しか見えませんが落ち葉を除くと必ず花が咲いている。

ゼニバサイシン

昨年はヒメカンアオイとしてアップしたけど管理棟の写真によるとゼニバサイシンだそうだ。ヒメカンアオイの一変種だそうだけど違いはよく分からない。

ゼニバサイシン

横から見た花はカップ型。

ゼニバサイシン

花の内部、白く見えているのは雄しべかな雌しべかな。

ゼニバサイシン

もう一枚、どちらがどちらだかよく分からない。

ゼニバサイシン

花筒の内側に籠目上の構造が見えています。

ゼニバサイシン

ウマノスズクサ科カンアオイ属

(4月17日撮影)
2010. 04. 30  
紐のような花がぶら下がっているツノハシバミ。

ツノハシバミ

雌雄異花でこれは雄花。

ツノハシバミ(雄花)

赤いのは葯でしょうか。

ツノハシバミ(雄花)

こちらは雌花。ハシバミは雄花の下に雌花が付くとか。

ツノハシバミ(雌花)

はじめは葉芽かと思って見逃しそうだったよ(^^;)。

ツノハシバミ(雌花)

透明感のある赤色で意外と綺麗。

ツノハシバミ(雌花)

カバノキ科ハシバミ属

(4月17日撮影)
2010. 04. 29  
初めて見かけたコチャルメルソウ。川縁に沢山咲いていた。今までネット上で多く見かけてどうやってチャルメルソウと区別しているんだろと思っていたけど文字通り草丈が小さいんだ。

コチャルメルソウ

当然花の付き方も少なく、先端もいきなりちぎれた感じ。

コチャルメルソウ

5本の雄しべの中央に雌しべ。

コチャルメルソウ

魚の骨のようなのが花弁。どうしてこんな姿をしているんだろ。植物にとっては意味があるんだろうけどね。

コチャルメルソウ

横顔。結構毛が目立ちます。

コチャルメルソウ

裏から。花弁の間の緑色に見えているのが萼片。コチャルメルソウは平開、チャルメルソウは直立します。

コチャルメルソウ

ユキノシタ科チャルメルソウ属

(4月17日撮影)
2010. 04. 29  
芽生えは数多くあったけど花はなかなか見つからず。

ハシリドコロ

葉っぱの中に抱え込まれるように蕾がある。

ハシリドコロ

やっと開いた花みっけ。ほんとこれ一つだけだった。

ハシリドコロ

本来ならこのようにぶら下がるように咲くんですけどね。

ハシリドコロ

チョコレート色の花に緑色の萼片。

ハシリドコロ

先端の平たい雌しべと黄色い葯の雄しべ。さすがにまだ未熟。

ハシリドコロ

ナス科ハシリドコロ属

(4月17日撮影)
2010. 04. 28  
葉は多く見かけたのに花は咲いておらずせいぜい蕾程度。最後の最後になってやっとみっけ。どうしても見たかったから嬉しかったよ。

エンレイソウ

3枚の葉の真ん中からちょこんと花を着きだしている。

エンレイソウ

葉が大きいから花が小さく見えるけどそれ程小さいわけじゃないですね。これも1cm以上はあった。花弁はなく赤茶色に見えているのは萼片。

エンレイソウ

雌しべの先端は三裂、雄しべは6本。葯が細長いんですね、この辺りはユリ科の特徴なのかな。

エンレイソウ

ユリ科エンレイソウ属

(4月17日撮影)
2010. 04. 28  
この日唯一見つけたネコノメソウの仲間。もっとあってもいいような所なのにな。

イワボタン

まるでスポットライトが当たっているみたいに輝いていた。それですぐ目についたんだけど。

イワボタン

イワボタンかヨゴレネコノメか毎度悩むところ

イワボタン

葯が黄色いのでイワボタンかな。これも花が裂開直後に見ないとわからないらしいけど。

イワボタン

ユキノシタ科ネコノメソウ属

(4月17日撮影)
2010. 04. 27  
イチゲと名の付く花は幾つもあるが見るのは初めて。

キクザキイチゲ

はじめはなかなか見つからなかったが一つ目にすると次々と見つかる。結構咲いていました。

キクザキイチゲ

上品な薄紫色の花。

キクザキイチゲ

真っ白なのや

キクザキイチゲ

紫色が濃いのもあった。

キクザキイチゲ

川縁に佇む美少女。

キクザキイチゲ

まさしく春の妖精。

キクザキイチゲ

キンポウゲ科イチリンソウ属

(4月17日撮影)
2010. 04. 27  
今までシナマンサクは見かけているがマンサクは初めて。

マルバマンサク

葉が出ていないので何とも言えないが一応管理棟にマルバマンサクの写真があったのでマルバにしておこう。

マルバマンサク

シナマンサクより地味な感じ。これしか見てないから何とも言えませんが。

マルバマンサク

マンサク科マンサク属

(4月17日撮影)
2010. 04. 26  
ザゼンソウは今が盛りとあちこちでニョキニョキ姿を見せていた。

ザゼンソウ

まさしく衣を纏った座禅僧の趣。

ザゼンソウ

色が全くないのもあった。あまりザゼンソウっぽくないな。

ザゼンソウ

肉穂花序。六角形の一つ一つが花。指を差し入れてみるとほんのり暖かかった。

ザゼンソウ

4枚突き出ているのが花被片、その中央にあるのが雌しべ。雄しべはまだ出てないのかな。

ザゼンソウ

サトイモ科ザゼンソウ属

(4月17日撮影)
2010. 04. 26  
僅かしか咲いてなかったリュウキンカ。やはり寒かったせいかな。

リュウキンカ

前日かなり雨が降ったせいか花弁が痛んでいる。

リュウキンカ

午後から日が当たってくると異端だ部分も治って早春の光をたっぷり浴びている。水面もキラキラ。

リュウキンカ

キンポウゲ科リュウキンカ属

(4月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2010年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR