タイトル画像

ハマナタマメ

2010.07.31(07:00) 3616

以前見つけていた場所に花が咲いてなくてガッカリしていたら別の場所でみっけ。こちらの方が近いからいいわ。

ハマナタマメ

マメ科にしては大きな3cmくらいの花。本来上にある旗弁が下になっている。

ハマナタマメ

撮り方に工夫してこうやってみるとマメ科の花ですね。

ハマナタマメ

振り向く白鳥、と言ったらオーバーか。

ハマナタマメ

マメ科ナタマメ属

(7月25日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ハマゴウ

2010.07.30(07:00) 3615

この時期この海岸で一番多く咲いているハマゴウ。

ハマゴウ

この薄紫色が魅力的。ただ数が多すぎて魅力も半減するかも。

ハマゴウ

正面から見ると色合いがよく分かるけど飛び出た雄しべが怪獣の目玉を連想させる(そんな怪獣がいたよな)

ハマゴウ

横から見ると雌しべが突き出ている。

ハマゴウ

夏の光で透かしてみた、いっそう涼しげ。

ハマゴウ

クマツヅラ科ハマゴウ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ブチヒゲカメムシ

2010.07.30(07:00) 3614

ハマゴウの葉にいたカメムシ。

ブチヒゲカメムシ

カメムシも種類が多いけどブチヒゲカメムシが一番似ていた感じ。

ブチヒゲカメムシ

カメムシ科

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


昆虫 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

アメリカネナシカズラ

2010.07.29(07:00) 3613

海岸にラーメンをぶちまけたようなアメリカネナシカズラ。

アメリカネナシカズラ

抱きつかれた相手はハマヒルガオ、そのほかハマゴウもからみつかれている。

アメリカネナシカズラ

2,3mmほどの小さな花。柱頭が2本あるのがわかるでしょうか。ネナシカズラは1本。

アメリカネナシカズラ

花が咲くとすぐ実が出来る。

アメリカネナシカズラ

自分自身それとも仲間にからみついているんでしょうか。

アメリカネナシカズラ

ヒルガオ科ネナシカズラ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ウミケムシ

2010.07.29(07:00) 3612

波打ち際を漂っていた奇妙な生物、長さは10cmくらい。名前は全く分からずこういう場合はネットより本で調べた方が早いかも、で図書館で調べてどうやらウミケムシのようだった。

ウミケムシ

裏側はシンプルな色合い。

ウミケムシ

もう死んでいるんでしょうか、そのうち砂浜に打ち上げられた。

ウミケムシ

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


水中の生物 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

トキワススキ

2010.07.28(07:00) 3611

真っ青な秋の空にトンボが舞ってススキも穂を出している、秋だな~・・・って真夏だよ。
(ちなみに黒いシミのように見えているのがトンボ)

トキワススキ

これは夏に咲くトキワススキ。穂がススキよりちょっと赤っぽい。季節も全然違うから間違うことはないけど図鑑などにあまり載ってないからススキと思っている人もいるかと(初心者の頃の私がそうでした^^;)

トキワススキ

イネ科ススキ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

アゴハゼ

2010.07.28(07:00) 3610

海岸の潮だまりの中で泳ぐ魚、別に不思議でないけれど。実はこの潮だまり崖から水が流れ込んでいて真水なんですよ。なめてもちっともしょっぱくない。しまも満潮時の海面よりも上の場所。

アゴハゼ

もようからしてアゴハゼでしょうか。調べてみるとかなりの塩分濃度の変化にも適応しているとか。過酷な環境でも適応してみれば競合者が少なくて住み良いらしい。それにしても真水でも大丈夫とはね。

アゴハゼ

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


水中の生物 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

コオニユリ

2010.07.27(07:00) 3609

海岸側の草むらに咲くコオニユリ。

コオニユリ

海をバックに出来るのでお気に入りの場所、アングル的にはちょっと厳しいけどね。

コオニユリ

序でに空をバック。こちらも雲があっていまいちだった。

コオニユリ

ユリ科ユリ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

アオスジアゲハ

2010.07.27(07:00) 3608

岩礁で吸水するアオスジアゲハ。側の巻き貝(多分アラレタマキビガイ)を見ても海の側だと言うことが分かると思う。

アオスジアゲハ

蝶だってこの暑さじゃ水でもたっぷり飲まないとね。普段はせわしなく動くアオスジアゲハだけどマクロ撮影で近づいても全く逃げなかった。

アオスジアゲハ

アゲハチョウ科

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


昆虫 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

ソクズ

2010.07.26(07:00) 3607

知っている人が見ればバレバレの場所、背景にひかれて撮ったようなものかな。

ソクズ

別名クサニワトコ、確かにニワトコに似てる。こちらの方が草なのの大きくなるかもね。

ソクズ

小さな星のような花の中に黄色い実、じゃなくて線体。秋に赤い実がなる。

ソクズ

花は蜜を出さず線体から蜜が出る。よくアリが頭をつっこんでますね。

ソクズ

5を基本とした花。

ソクズ

横から見ると花柄が結構長い。

ソクズ

スイカズラ科ニワトコ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2010年07月
  1. ハマナタマメ(07/31)
  2. ハマゴウ(07/30)
  3. ブチヒゲカメムシ(07/30)
  4. アメリカネナシカズラ(07/29)
  5. ウミケムシ(07/29)
  6. トキワススキ(07/28)
  7. アゴハゼ(07/28)
  8. コオニユリ(07/27)
  9. アオスジアゲハ(07/27)
  10. ソクズ(07/26)
次のページ
次のページ