タイトル画像

カラスノエンドウ

2011.02.28(07:00) 3945

1月頃から葉が出ているのは確認していたけどやっと花が咲いた。

カラスノエンドウ

黄色や青色系の花ばかり見ていたからこの赤は新鮮。

カラスノエンドウ

この場所は毎年いち早く場所、それでもやっと三つ咲いていた程度ですけどね。

カラスノエンドウ

やっぱり赤い花は青空に映える。

カラスノエンドウ

マメ科ソラマメ属

(2月24日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ツクシ

2011.02.27(07:00) 3944

ここ数日暖かかったせいかツクシが顔を出していた。

ツクシ

周りの葉はオオジシバリだけどこちらは全く花を咲かせてなかったな。

ツクシ

青空に向かって伸びる伸びる・・・ってこれで打ち止めだろうけどね。

ツクシ

この程度のアップなら可愛いけど

ツクシ

ここまでアップすると少々不気味。

ツクシ

トクサ科トクサ属

(2月24日撮影)

花盗人の花日記


シダ トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

フラサバソウ

2011.02.26(07:00) 3943

フラサバソウはもう普通に見られるようになってきました。今一番よく見られるかも。

フラサバソウ

花が小さいから多く写そうと離れて撮るとよく分からないし近寄って撮ると花の数が少なくなるしその辺のかねあいが難しい。

フラサバソウ

青い葯の雄しべ、その間に雌しべの柱頭が見えている。

フラサバソウ

こちらの雄しべはもう大分花粉が出ています。

フラサバソウ

オオバコ科クワガタソウ属

(2月20日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヒメジョオン

2011.02.25(07:00) 3942

冬場で見かけることがあるが今年は殆ど見かけなかったヒメジョオン、やはり寒かったせいかな。

ヒメジョオン

その中でここは勢いよく咲いていた。枝を砕いたチップを敷き詰めていたから発酵熱などで暖かくなったのかな。

ヒメジョオン

この時期ハルジオンが咲くわけもなくこれはヒメジョオン、その他の特徴を見ても明らか。ただヘラバヒメジョオンと言うのがあってそれは今年の課題。

ヒメジョオン

キク科ムカシヨモギ属

(2月20日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

コハコベ

2011.02.24(07:00) 3941

コハコベもポチポチ咲き始めていた。小さい頃はひよこ草と言って鶏に与えていたな。ペットの餌じゃなく実用品(笑)

コハコベ

茎が斜上しているし暗紫色だからコハコベだと思うけど

コハコベ

下側というか地面を向いている方は緑色のもあった。

コハコベ

上側は暗紫色と2色染め分け、こういうのがいるから区別が難しくなるんだよね。

コハコベ

赤い葯を持ったのがいなかったからコハコベだと思うけどね。

コハコベ

ナデシコ科ハコベ属

(2月20日撮影)



花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

シロバナタンポポ

2011.02.23(07:00) 3940

いつもなら正月でも見かけるのに今年は遅いな、やはり1,2月が寒かったせいかな。温暖化に伴い分布が北上しているそうだが元々寒さに強いのだからもっと北国に分布しても良さそうなのに何か他の要因があるのかな。

シロバナタンポポ

白花と行っても中央の筒状花は黄色、これが白だったらもっと目立つだろうな。

シロバナタンポポ

検索している内に外総苞片が長く総苞の2/3~3/4に達するケイリンシロタンポポなるものがあるそうだ。角状突起も大きいとか。朝鮮から北九州に分布しているそうでひょっとしてこちらにもあるかも。ほんとタンポポ界は複雑怪奇。

シロバナタンポポ

キク科タンポポ属

(2月20日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヒメオドリコソウ

2011.02.22(07:00) 3939

ヒメオドリコソウが咲いていた。

ヒメオドリコソウ

やはり頂部の赤紫色が目立つ。赤くならないのもあるけどそれはヒメオドリコソウらしくないな。

ヒメオドリコソウ

オドリコソウよりはホトケノザに似た花。

ヒメオドリコソウ

もうオレンジ色の花粉がたっぷり、下にも落ちてるよ。

ヒメオドリコソウ

シソ科オドリコソウ属

(2月20日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

イヌノフグリ

2011.02.21(07:00) 3938

イヌノフグリが咲いていた。近所だけど去年まで見つけていたのとは全く別の場所。

イヌノフグリ

ここは割と多く生えていた、と言っても絶対数は少ないけど去年までの所はいつなくなってもおかしくない状況だったから別の場所で見つけられて良かった。

イヌノフグリ

1本の雌しべに2本の雄しべ、葯にはもう花粉がたっぷり。

イヌノフグリ

オオイヌノフグリを見慣れた目には圧倒的に小さい3mmくらいの花、でも可愛い。

イヌノフグリ

こちらはまだ開ききってないせいか赤みが強い。

イヌノフグリ

遺伝子情報を元にした新しいAPG分類では従来のゴマノハグサ科からオオバコ科へ移動しています。今年からなるべるAPG分類で表記しようと思っています。それにしてもこれがオオバコ科とはね(^^;)

オオバコ科クワガタソウ属

(2月20日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

フキノトウ

2011.02.19(07:00) 3937

フキノトウが顔を出していた。

フキノトウ

さすがにまだ蕾だけど食べるにはちと遅いかな。

フキノトウ

まだ枯れ草ばかりの中で春を予感させる緑。

フキノトウ

キク科フキ属

(2月16日撮影)


花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

キュウリグサ

2011.02.18(07:00) 3936

石段の隙間にキュウリグサが生えていた。

キュウリグサ

石が暖まっているせいかもう花が咲いてたよ、他はまだ全くだけどね。

キュウリグサ

カメラを据えて撮ったけどピントがいまいちだな。

キュウリグサ

ムラサキ科キュウリグサ属

(2月16日撮影)


花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2011年02月
  1. カラスノエンドウ(02/28)
  2. ツクシ(02/27)
  3. フラサバソウ(02/26)
  4. ヒメジョオン(02/25)
  5. コハコベ(02/24)
  6. シロバナタンポポ(02/23)
  7. ヒメオドリコソウ(02/22)
  8. イヌノフグリ(02/21)
  9. フキノトウ(02/19)
  10. キュウリグサ(02/18)
次のページ
次のページ