2011. 09. 30  
この山でよく見かけるヒメウワバミソウとは大分イメージが違っていたのでパチリ、調べてみるとヤマトキホコリかなと思ったけどコミヤマミズのようでした。

コミヤマミズ

葉腋にかたまってつく花、雌雄同株でこれが雌花序。

コミヤマミズ

雌花序の下に有柄の雄花序をつける。

コミヤマミズ

これも有柄だから雄花かな。

コミヤマミズ

長い有柄、葉先が尖るのも特徴。多分あるはずだからミヤマミズやヤマトキホコリも探さなくては。

コミヤマミズ

イラクサ科ウワバミソウ属

(9月24日撮影)
2011. 09. 30  
花はノアズキとそっくりなヤブツルアズキ。

ヤブツルアズキ

でも葉がかなり違うから区別は容易、こういうのは好き(笑)

ヤブツルアズキ

以前はここにもっと咲いていたけど藪が蔓延ってきたせいか(一応人手が入るような場所なんだけど放置状態)少なかったな。こちらではノアズキに比べて少数派だから貴重品なんだけどね。

ヤブツルアズキ

マメ科アズキ属

(9月24日撮影)
2011. 09. 29  
前から見たかったノササゲみっけ。でも帰り道での発見、往路では美野がしているな。登るときはどうしても地面の方を注意するからな。

ノササゲ

蕾は枯れた花ばかりだったけど一つだけ咲き残っていた。上から見るとほっそりした花。

ノササゲ

正面から見ると旗弁が広くマメ科らしい花。

ノササゲ

三小葉が細長い二等辺三角形。

ノササゲ

既に実が生っていた、熟すと紫色になるそうで見に来なければ。

ノササゲ

他にもないかと探してみたらようやく一カ所みっけ。

ノササゲ

日影でも黄色い花が輝いている。

ノササゲ

マメ科ノササゲ属

(9月24日撮影)
2011. 09. 29  
名前の通り藪の中に咲いていたヤブマメ。

ヤブマメ

ノササゲに形が似ているがこちらは白が基調、旗弁だけ青紫と一点豪華主義。

ヤブマメ

旗弁が丸まっているのでマメ科らしく見えない。

ヤブマメ

広卵形の三小葉。

ヤブマメ

マメ科ヤブマメ属

(9月24日撮影)
2011. 09. 28  
これを見つけた時は思わず万歳、心の中だけど(笑)。ここで出会うとは思っても見なかったもんな。

ミヤマウズラ

根生葉の模様がウズラの羽に似ているところから名前が付けられたけどこれはちょっとはっきりしません。シュスランなども似ていますがミヤマウズラでよさそう。

ミヤマウズラ

花正面から。茶色く見えているのが雄しべの葯でしょうか。

ミヤマウズラ

横顔、この花は正面から見るよりこちらの方がいいな。花も茎も結構毛深い。

ミヤマウズラ

下から見ると上唇弁の緑模様が目玉みたい。

ミヤマウズラ

なのでこうやってみるとハロウィンのお化けのようだ。

ミヤマウズラ

帰り道では日が当たってきたのでもう一度パチリ。

ミヤマウズラ


淡いピンク色が幻想的。マイナス補正ー1.0にしたけどそれでも露出オーバー。

ミヤマウズラ

黒いバックを背景に幻想的に浮かぶ花。

ミヤマウズラ

やはり横顔の方がいいな。

ミヤマウズラ

ラン科シュスラン属

(9月24日撮影)
2011. 09. 28  
倒れ架けていますが真っ直ぐ立てると1.5mくらいと高い。場所からして昨年と同じ株。半月前きた時は周辺に似たようなのがあったので仲間かなと思っていたけどみなオトコエシだったみたい。これだけなのかな。

オトコオミナエシ

オミナエシオトコエシの雑種なので黄色と白色の花が混在。

オトコオミナエシ

黄色と白色、中間色もある。

オトコオミナエシ

こちらは雄しべが脱落し雌しべが突き出ている。

オトコオミナエシ

既に翼を持った実が出来始めています。

オトコオミナエシ

オミナエシ科オミナエシ属

(9月24日撮影)
2011. 09. 27  
山頂の原っぱに咲いていたノギク。

ノコンギク

総苞片の形からしてノコンギクかな。

ノコンギク

表側から見ると白っぽい色、右側の花弁が出始めた頃の方が名前にふさわしい色。

ノコンギク

粗い鋸歯のある細長い葉、変異が大きすぎて識別ポイントにはなりそうもない。

ノコンギク

真っ青な秋空に映えてます。

ノコンギク

キク科シオン属

(9月22日撮影)
2011. 09. 27  
ツクシタツナミソウから白いものが出ていました。

ツクシタツナミソウ閉鎖花

萼から出ているし花でしょうけど開いてないから閉鎖花でしょうか。

ツクシタツナミソウ閉鎖花

周りの株でも幾つも見かけました。みなこのように頂部の葉の葉腋からペアで出ていました。それにしても後ピンばかりになってしまった。

ツクシタツナミソウ閉鎖花

シソ科タツナミソウ属

(9月22日撮影)
2011. 09. 27  
ハナタデは群生することが多くここでもそうだったけどひとりぼっちの株をパチリ。葉の先端が急に細くなる、ってあらためて葉の形を確認(^^;)

ハナタデ

萼片は普通淡紅色だがここのは全て白花でした。さすがに鮮明に撮るのは難しいな。

ハナタデ

萼片が4枚のもありました。

ハナタデ

タデ科イヌタデ属

(9月22日撮影)
2011. 09. 26  
渓流脇に咲いていたレモンエゴマ、名前は外来種っぽいが在来種。でも当然レモンという果物が伝わってきてからの名前だろうからそれ以前はなんと読んでいたんでしょうね。

レモンエゴマ

シソ科らしいまっすぐ立った総状花序。大きい葉とはっきりした鋸歯も特徴的。

レモンエゴマ

実は数日前の雨で渓流が溢れて茎はすっかり横になっていたんですがもう花茎がスクッと立っています。回復が早いんですね。

レモンエゴマ

淡い紫色の花、雄しべが4本見えてますが葯も花糸も紫色。

レモンエゴマ

上唇弁に毛が生えていますが萼片が特に毛深い。

レモンエゴマ

雌しべが突き出ている。見た限りこの花だけでした。

レモンエゴマ

葉を揉んで匂いを嗅いでみました。ほんとレモンの香りがするわ。

シソ科シソ属

(9月22日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2011年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR