タイトル画像

ネコハギ

2012.09.30(07:00) 5141

近所の海岸、岩場の草むらの中から伸びたツルに見かけぬ花が咲いていてパチリ

ネコハギ

やはりネコハギだ、こんな所にも咲いているんだと記録のためアップ。

ネコハギ

太い茎は多分クズ、同じマメ科でもこんなに違います。

ネコハギ

毛深い茎、蕾も多くまだまだ咲いてくれるようです。

ネコハギ

マメ科ハギ属

(9月26日撮影)



花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ハイメドハギ

2012.09.30(07:00) 5140

メドハギツルメドハギを撮ってハイメドハギを撮らないのは片手落ち、ということで撮ってきました。秋吉台の遊歩道の至る所で見られますけどね。ただ同じ場所に小さな個体のメドハギもありあまり立ち上がってないのもあって区別が厄介。

ハイメドハギ

花は割と密に付ける。

ハイメドハギ

やはり小葉がやや幅広いのがメドハギとの一番の違いでしょうか。これが幅広いと言うよりメドハギの方がはっきり細いですね。

ハイメドハギ

茎の毛は開出、メドハギは伏毛だそうだけど肉眼では区別は難しい。

ハイメドハギ

マメ科ハギ属

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ジャケツイバラの実

2012.09.30(07:00) 5139

7月28日にアップしたのと同じ実です。茶色く熟してきました。

ジャケツイバラの実

まだ半開きですが更にすすむと完全に開いてきます。

ジャケツイバラの実

大きさは7,8mmくらい、うまく実らなかったのもありますね。

ジャケツイバラの実

こうやってみると種は両側の鞘に交互についているようです。

ジャケツイバラの実

(追記)
一週間後来てみたらどちらも豆がすっかり無くなっていました。鳥が食べたのか人が採っていったのか、どちらにしても鞘がきれいに残りすぎているような気がする。

ジャケツイバラの実

マメ科ジャケツイバラ亜科ジャケツイバラ属

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


木の実 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ホンゴウソウの実

2012.09.29(07:00) 5138

ついに見つけたホンゴウソウ、興奮のあまりブレブレになってますが(発見のいきさつは省略)

ホンゴウソウの実

残念ながら花は終わり実になっていました、今からもう来年が楽しみだ。

ホンゴウソウの実

クサイチゴのような集合果。

ホンゴウソウの実

アップに耐えられないブレブレ写真だけど一応記念ということで(笑)

ホンゴウソウの実

ホンゴウソウ科ホンゴウソウ属

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


木の実 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

マルバヌスビトハギ

2012.09.29(07:00) 5137

今まで秋吉台では一カ所だけでしか見かけてなかったけど別の場所で見つけたので記録のためアップ。

マルバヌスビトハギ

まだ綺麗な花を咲かせていました。

マルバヌスビトハギ

翼弁先端の濃い紫色がポイント、黒いのはしべでしょうか。

マルバヌスビトハギ

ヌスビトハギより少し大きいかな。淡い色の旗弁付け根の斑紋もアクセントになってます。

マルバヌスビトハギ

横顔。

マルバヌスビトハギ

マメ科ヌスビトハギ属

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ツルニンジン

2012.09.28(07:00) 5136

秋吉台では初めてのツルニンジン、まだ蕾が多かったですが幾つか開いていました。

ツルニンジン

外面は割と地味だけど内面は派手。

ツルニンジン

柱頭がパックリ開いて雌性期のようで2,3日前には開花していた模様。

ツルニンジン

こちらは雄性期から雌性期への移行状態のようです。

ツルニンジン

花弁の縦方向の模様は成長に従ってと理解できるけど横方向の模様はどうやってこうなるのか、頭を捻ります。

ツルニンジン

キキョウ科ツルニンジン属

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヒナノキンチャク

2012.09.28(07:00) 5135

7月下旬に撮ったけど未だ咲いていた、と言うより今が花盛りのようでした。例年に比べて大分広い範囲で咲いてます。

ヒナノキンチャク

2度目となると何か事情でもないと撮らないけれど朝日に当たって綺麗だったのでパチリ。

ヒナノキンチャク

朝露がかかって更にいい雰囲気でした。

ヒナノキンチャク

朝露がかかっているのをドアップ。霧吹きで水を拭きかける人がいるそうだけどさすがにそれは邪道だろうな。

ヒナノキンチャク

神の滴がポトリ、偶然入った光景。

ヒナノキンチャク

ヒメハギ科ヒメハギ属

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ホソバオグルマ

2012.09.27(07:00) 5134

初めてのホソバオグルマ、湿地に咲くと言うから台地上には無いかと思っていましたがこんな所に咲いていたとはね。

ホソバオグルマ

同じ時期に咲くカセンソウとよく似てる。

ホソバオグルマ

総苞がオグルマと違うそうだがオグルマは秋吉台には咲いてないようです。

ホソバオグルマ

上の方で枝分かれして頭花をつける点がカセンソウと異なる。

ホソバオグルマ

名前の通り葉は細いけど下の方の葉はそれ程でもないような。

ホソバオグルマ

参考までにまだ咲いていたカセンソウ。まだと言うより草刈の後また生えてきたみたいです。

カセンソウ

キク科オグルマ属

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ビロードハマキ

2012.09.27(07:00) 5133

派手な姿からてっきり幼虫かと思いましたが

ビロードハマキ

近づいてみると触覚がある、成虫でした。ビロードハマキのようです。それにしてもど派手な模様。

ビロードハマキ

ハマキガ科

(9月21日撮影)

花盗人の花日記


昆虫 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ギンリョウソウモドキ

2012.09.26(07:00) 5132

秋吉台では初めて、県内でも初めてのギンリョウソウモドキ。

ギンリョウソウモドキ

石灰岩の間にたまった枯れ葉の中から咲いていました。今年6月茶色くなった昨年の実を見つけていましたがそこよりやや離れた場所でした。

ギンリョウソウモドキ

周りは他の植物が生えてないのに何に寄生しているんだろう。

ギンリョウソウモドキ

別名アキノギンリョウソウ、今まではこの名前でアップしてましたが秋吉台日記に従いギンリョウソウモドキにしてみました。

ギンリョウソウモドキ

シャクジョウソウ科シャクジョウソウ属

(9月12日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2012年09月
  1. ネコハギ(09/30)
  2. ハイメドハギ(09/30)
  3. ジャケツイバラの実(09/30)
  4. ホンゴウソウの実(09/29)
  5. マルバヌスビトハギ(09/29)
  6. ツルニンジン(09/28)
  7. ヒナノキンチャク(09/28)
  8. ホソバオグルマ(09/27)
  9. ビロードハマキ(09/27)
  10. ギンリョウソウモドキ(09/26)
次のページ
次のページ