2015. 03. 31  
ヤブニンジンも沢山咲いていた、ここにこんなにあったかなと思うくらい多く咲いていた。

ヤブニンジン

花が小さく茎も細い野草はバックを選んで撮らないと全体像が分かりにくい。

ヤブニンジン

複散形花序の花

ヤブニンジン

雄しべ5本雌しべ2本、でも柱頭は小さいし葯も白いので目立ちません。花序の内側には雄花があるそうだ。

ヤブニンジン

子房には毛、クッツキ虫になるけどそれ程強力ではない。

ヤブニンジン

花序枝には長毛が密生、その下の茎はあまり毛が生えていない、上の花序柄は殆ど無毛のようだ。

ヤブニンジン

葉の裏側にも毛が多い。

ヤブニンジン

セリ科ヤブニンジン属

(3月27日撮影)
2015. 03. 31  
九州ではカキドオシが随分咲いていたのでこちらでもと思ったが咲いてはいたがまだ僅かだった。

カキドオシ

少数でも咲いていれば問題なし、大抵ペアになって咲いてます。

カキドオシ

下唇に剛毛が生え複雑な斑紋がある。茎も毛深いですね。

カキドオシ

上唇に沿って長短二組の雄しべ、正面からだと雌しべは分かりにくい。

カキドオシ

横から見ると柱頭が二裂した雌しべ、雄しべの葯にも花粉が出ているようです。

カキドオシ

茎は四角く稜がある。

カキドオシ

シソ科カキドオシ属

(3月27日撮影)
2015. 03. 30  
ムラサキケマンも随分多く咲いていた。

ムラサキケマン

花は密集、この仲間の中では一番密集しているかな。この近くで咲いていたカラクサケマンは伐採された枝が片付けられると同時に草刈りされて無くなっていた。次に見られるのは何時のことやら。

ムラサキケマン

花は四方八方向いているようですが多少方向性があります。

ムラサキケマン

苞葉は割と大きく細かく裂ける。

ムラサキケマン

糸のように見えているのが萼片のようです。反対側にもあるはず。

ムラサキケマン

2-3回3出複葉。葉を見ればカラクサケマンとの違いは一目瞭然なのに何で気がつかなかったかな、花だけ見て葉を見てないんだろうな、反省。

ムラサキケマン

ケシ科キケマン属

(3月27日撮影)
2015. 03. 30  
帰ってから近所の公園に行ってみたらもうたくさんの花が咲いていた。旅行中のどうでもいいような花はパスして地元優先、こちらもありふれた花ばかりですけどね。
ナガミヒナゲシが沢山咲いていた、一週間前は全く見かけてなかったから留守の間に咲いてきたみたい。

ナガミヒナゲシ

オオキバナカタバミと一緒に咲いていますがそちらもすっかり野生化、でも撮る気はしないな。

ナガミヒナゲシ

花弁がしわくちゃ、春めいてきて春物の服を引っ張り出してきたような(笑)。まだ開いたばかりなんでしょうか。

ナガミヒナゲシ

子房の周りに多数の雄しべ、花柱はなく放射状に広がっているのが柱頭、細かな毛が生えているようです。。

ナガミヒナゲシ

野生の花は生育環境が悪いと花の数を少なくしたり小さくしたりします。ナガミヒナゲシもその点極端で小さな花を咲かせます。これで1.5cmくらいかな、普通の半分から1/3くらい、もっと小さいのもあったりします。

ナガミヒナゲシ

雄しべの数も柱頭の数も少ないようです。当然種の数も少なくなるけどそれでも花を咲かせると探せないとでは天地の違いがある。

ナガミヒナゲシ

ケシ科ケシ属

(3月27日撮影)
2015. 03. 29  
久しぶりに見かけたフッキソウ、道端なので植栽のが逃げてきたのかもしれない。

フッキソウ

これは雄花、雌雄があるのは覚えていたけど雌雄異株だったか雌雄同株異花だったか。

フッキソウ

花弁はなく蕊と萼片だけ、まるで指の爪先のようです。

フッキソウ

これは雌花、こんなのがあったから異株かと思ってしまった。

フッキソウ

花柱は2本、柱頭部分に突起があって花粉を捕らえやすくなっているんでしょうか。

フッキソウ

よく見たら雄花の下部に雌花がありました、雌雄異花でした。2枚目の写真にもよく見ると雌花が写っています。

フッキソウ

ツゲ科フッキソウ属

(3月24日撮影)
2015. 03. 28  
今回の九州でもあちこちでジロボウエンゴサクを見ることが出来た、その中で見つけたのがこの白花

シロバナジロボウエンゴサク

でも農薬の影響も考えられるから白花は判断が難しい。ここも茶畑の側、この時期農薬を使うかな、一応白花ジロボウエンゴサクとしてアップ。

シロバナジロボウエンゴサク

前の写真はまだ僅かに色が残っているがこれはほぼ真っ白

シロバナジロボウエンゴサク

白髪の翁の雰囲気

シロバナジロボウエンゴサク

2回3出複葉の葉

シロバナジロボウエンゴサク

苞葉は全縁、このあたりは普通のと変わらず。

シロバナジロボウエンゴサク

ケシ科キケマン属

(3月24日撮影)
2015. 03. 27  
古墳の石室の中に可愛い花が咲いていた。矢印の先辺り4株ほど生えています。

ホソバナコバイモ

花も葉も茎もホッソリ可憐な花

ホソバナコバイモ

初めてだけどコバイモの仲間だとは分かりました。

ホソバナコバイモ

九州に分布すること、花が細い釣鐘型ということからホソバナコバイモかトサコバイモか。

ホソバナコバイモ

花被片に筋模様、トサコバイモは斑点のようでホソバナコバイモのようです。

ホソバナコバイモ

葉や花に黒いものが付いているのは近くで野焼きしていてその煤が付いたかな。

ホソバナコバイモ

柱頭は三裂、葯の色は白色、トサコバイモは黒紫色だそうです。
殆ど知られていないこの古墳を見つけたのは嬉しかったけどこの花もダブルで嬉しかった。

ホソバナコバイモ

ユリ科バイモ属

(3月22日撮影)
2015. 03. 26  
昨日25日当地でも桜の開花宣言。これは22日熊本での撮影、この前日鹿児島と熊本で今年最初の開花宣言がありました。

ソメイヨシノ

チラホラというよりはもう少し咲いています。

ソメイヨシノ

5輪以上咲けば開花宣言、と言ってもそれは標準木の話、ここのはもう少し前には咲き始めていたもよう。もっとも全然開いていない木もありましたけどね。

ソメイヨシノ

これから暫く日本全国桜の季節と言うよりは花見の季節だな。

ソメイヨシノ

こんな時でもついドアップで撮ってしまう(笑)

ソメイヨシノ

こちらは同じ場所にあったオオシマザクラ、こちらもチラホラ、もう葉も出始めています。

オオシマザクラ

今回の旅行でもいくつか撮ってきたので明日から5日程。さすがに地元で普通に見られるのはパスしたけど珍しいのもあれば珍しくないのも。

バラ科サクラ属

(3月22日撮影)
2015. 03. 25  
田起こし前の水田に生えたスズメノテッポウ、よく似たのにセトガヤがあるが調べていたら外来種のオオスズメノテッポウ、ヒメスズメノテッポウ、ノスズメノテッポウ、ヒゲナガスズメノテッポウなどがあるようだ。あまりこうにうのには出会いたくないな。

スズメノテッポウ

葯は白から褐色に変わる、下から変わっていくようだ。

スズメノテッポウ

白い葯には花粉が詰まっているんでしょうか。

スズメノテッポウ

刺のようなのは芒のようです。画面一番上に見えているのが柱頭かな。

スズメノテッポウ

イネ科スズメノテッポウ属

(3月16日撮影)
2015. 03. 24  
水路に生えたタガラシ、田起こし前の田圃にも生えていましたがこれほと大きくはなかった。

タガラシ

中央緑色のは花床、花よりこちらの方が目立ちます。

タガラシ

花弁5枚萼片5枚、キンポウゲ科なので違いはそんなに大きくはない。

タガラシ

花の終わりの頃に雄しべが四方に倒れていきます。

タガラシ

左側のが花の終わり頃、この後花弁や雄しべが脱落し花床が膨らんでいきます。

タガラシ

葉は無毛で光沢がある。3-5中裂し裂片は更に浅く裂け先端は丸い。

タガラシ

キンポウゲ科キンポウゲ属

(3月16日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2015年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR