2016. 03. 31  
この辺りに群生していたキビシロタンポポ、吉備の名が付いていますが西日本一帯に広く分布しているようです。

キビシロタンポポ

花茎はあまり伸びず10-20cm程度、確かにこの辺りのはそうでした。シロバナタンポポは30cm以上に伸びるそうですが短いのも見かけるけどな。

キビシロタンポポ

キビシロタンポポの葉はあまり立ち上がらないがシロバナタンポポは他のタンポポに比べて立った感じがするそうです。

キビシロタンポポ

キビシロタンポポは黄色が強いそうでですがこれは白っぽい。

キビシロタンポポ

やはり一番の違いは総苞外片でしょうか、シロバナタンポポが反り返るのに対してこちらは反り返らない。先端の角状突起もシロバナタンポポが目立つのに対してこちらは無いか目立たない。

キビシロタンポポ

こちらは突起が多少目立つかな。キビシロタンポポでも4月後半になると外片が反り返り突起も大きくなってくるそうでややこしい。ここのは全般的な特徴からキビシロタンポポでいいかな。

キビシロタンポポ

キク科といえばやはり蕊を撮らなくちゃ

キビシロタンポポ

恒例の青空バック

キビシロタンポポ

キク科タンポポ属

(3月24日撮影)
2016. 03. 31  
別の花を見に来た序に訪問してみたチャルメルソウ

チャルメルソウ

茎は伸ばしているけどまだ蕾ばかりで咲いてないだろうなと思ったけど

チャルメルソウ

咲いていました。萼片は閉じているけど魚の骨のような花弁が出ているから咲いたと言っていいだろう、随分早く咲くものです。

チャルメルソウ

こちらは萼片も開いていました。萼片や茎に腺毛が生えている。よく似たコチャルメルソウは萼片が平開する。

チャルメルソウ

花弁もコチャルメルソウのほうが7-9深裂と多そうです。それにしても肉眼でもかなり薄暗い場所、ボケ写真量産してしまった。

チャルメルソウ

ユキノシタ科チャルメルソウ属

(3月24日撮影)
2016. 03. 30  
日当たりの良い斜面に群生していたイチリンソウ

イチリンソウ

この日は天気もよくいい雰囲気

イチリンソウ

葉は深裂、ニリンソウに比べて花も大きいが葉の違いのほうがハッキリ。この日ニリンソウも咲いていましたがまだ咲き始めたばかりでした、イチリンソウの方が少し早いのかな。

イチリンソウ

花弁はなく白いのは萼片

イチリンソウ

萼片は5枚だけどこれは3枚、と思ったがよく見たら4枚、それでも1枚少ない。

イチリンソウ

萼片の裏は赤っぽくなることもあります。

イチリンソウ

多数の球状になった雌しべ、その周囲に多数の雄しべ。

イチリンソウ

キンポウゲ科イチリンソウ属

(3月24日撮影)
2016. 03. 30  
初めての場所のヤマルリソウ、以前の場所は林の中で猪が荒らしていたりして撮りにくかったけどここなら大丈夫そう。

ヤマルリソウ

苔の広がる斜面に生えていた一株、花や根生葉の様子がよく分かります。

ヤマルリソウ

茎は普通斜上するけどこれは真っ直ぐ立っている。

ヤマルリソウ

名前の通り瑠璃色の花、という程瑠璃色ではないかな。赤っぽいのや白っぽいのもあります。

ヤマルリソウ

ビーズ状の副花冠の中に雌しべの柱頭が見えている、周りに葯も見えているようです。

ヤマルリソウ

茎や葉に開出毛が密生

ヤマルリソウ

根生葉はへら状。

ヤマルリソウ

ムラサキ科ルリソウ属

(3月24日撮影)
2016. 03. 29  
センボンヤリが台地上の日向の妖精ならこちらは麓の日影の妖精ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク

淡青色の花がなんとも魅力的です。

ヤマエンゴサク

正面から、花が大きいので撮りやすい。

ヤマエンゴサク

真上から、これで目玉模様があったらお茶目な顔に見えそう。

ヤマエンゴサク

苞葉の先端は細かく裂ける。

ヤマエンゴサク

葉は大きく広げていたんですが咲いている花は少なく

ヤマエンゴサク

狭い範囲ですが見かけたのは3ヶ所程度でした。

ヤマエンゴサク

初めてみた蕾、これが伸びていくんですね。

ヤマエンゴサク蕾

ケシ科キケマン属

(3月24日撮影)
2016. 03. 29  
秋吉台の春の開始となる山焼きの後真っ先に咲き始めるセンボンヤリ、この日は割と咲いていました。

センボンヤリ

山焼きの後なので枯れ草が黒く焦げこれがズボンを汚すんだよね。小さくて座って撮影するから尚更。

センボンヤリ

山焼きの後まだ20日しか経ってないせいかあまり茎を伸ばしていなかった、右側のは出始めたばかりだけどもう花を開き始めている。

センボンヤリ

これなんか高さ2cm程、それでも花が開いてる。

センボンヤリ

中央の筒状花はそれ程多くなく、中央が両性花で周囲のは雌花のようで二裂した柱頭が見えています。

センボンヤリ

センボンヤリの名は秋の閉鎖花の様子からつけられたものでこの時期は別名のムラサキタンポポの方がふさわしいかな。

センボンヤリ

キク科センボンヤリ属

(3月24日撮影)
2016. 03. 28  
道路脇に生えていたヒイラギナンテン、どう見ても逸出ですね。

ヒイラギナンテン

総状に黄色い花をつける。

ヒイラギナンテン


周りのが萼片で中央のが花弁と結構複雑な構造。上には花弁と萼片が子房と柱頭が残っています。

ヒイラギナンテン

花弁先端には切れ込みがある、雄しべは6本ですが花糸も黄色くて分かりにくい。

ヒイラギナンテン

基部に平開しているのも萼片でこれは3枚、前部で萼片は9枚あります。花柄基部にあるのは苞葉なのかな。

ヒイラギナンテン

奇数羽状複葉、小葉鋸歯先端は棘状になっている。

ヒイラギナンテン

メギ科ヒイラギナンテン属

(3月13日撮影)
2016. 03. 27  
ここは初めての場所でのユリワサビ、葉は下の方に見えている丸いのがそれで殆どはセントウソウの葉ですね。

ユリワサビ

今まで見ていた場所は長く歩く必要があったけどここなら楽だ。

ユリワサビ

花はやや疎らに付く。下の方の花は随分花柄が長い。

ユリワサビ

4枚の十字型の花弁、6本の雄しべに1本の雄しべとアブラナ科の特徴満載、葉もユリ科とも思えないしなんでユリなんて名がついたんでしょうね。ワサビモドキなんて名が付くよりはいいですが。

ユリワサビ

花粉をたっぷり出してます。そう言えばまだ果実は見てなかったな、ここなら観察できそう。

ユリワサビ

葉は心形、基部も心形、下の方の葉ほど随分大きくなる。

ユリワサビ

上の方の葉は小さく切れ込みが目立つ、これはまだそれ程でもない。

ユリワサビ

アブラナ科ワサビ属

(3月13日撮影)
2016. 03. 26  
ムラサキケマンも秋吉台では初めてだった。これには我ながらビックリ、今まで撮ってなかったかな。

ムラサキケマン

この日咲いていたのを見かけたのはこれだけ。

ムラサキケマン

キケマン属の花は珍しいのが多いですがこれは一番普通に見られます、普通過ぎて撮ってなかったかも。

ムラサキケマン

正面から見ると何とも複雑な花、蕊を見るためには分解しなくちゃと思ったけどこの一株だけだったのでパス。

ムラサキケマン

上から見ると概ね同じ方向を向いていますが大抵反対方向を向いたへそ曲がりな奴がいますね。

ムラサキケマン

苞葉は細かく裂ける。この仲間の重要な識別ポイント、と分かっていたがシーズン初めでつい忘れてた(汗)。

ムラサキケマン

2-3回羽状複葉、葉の縁に排出した水滴が付いています。早朝訪れた人へのサービスメニュー(笑)

ムラサキケマン

ケシ科キケマン属

(3月13日撮影)
2016. 03. 25  
これも秋吉台では初めてだったヒサカキ、普通に見られるけど今まで撮っていなかったか。近所で撮っているけど花期が少し早いハマヒサカキだしな。

ヒサカキ

雌雄異株でこれは雄花、普通もっと花数が多い。

ヒサカキ

普通黄白色のはなだけどこれはややピンク色がかっている。

ヒサカキ

多数の雄しべ。雌雄異花でも雌しべや雄しべの痕跡が残っていたりするけどヒサカキはその点キッパリと分かれていて潔い。

ヒサカキ

葉は互生で浅い鋸歯がある。主脈が溝状に窪んでいる。ハマヒサカキの葉は艶があリ縁が裏側に巻き込む。

ヒサカキ

モッコク科ヒサカキ属

(3月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2016年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR