タイトル画像

ホンゴウソウ

2016.07.31(07:01) 8190

暗い林床に咲いているホンゴウソウ、左の白いのがヒナノシャクジョウで右側に2株あるのが分かるでしょうか。何もかも難しくまず去年咲いていた場所がうろ覚え、この辺りかなと思って目を凝らしてもなかなか見つかりません。やっと見つけてもちょっと目を離すと見失う。更に薄暗いのでブレ写真ばかりになるという3重苦。

ホンゴウソウ

高さは3,4cmとそこそこあるんですけどね。写真で見るとクッキリしていますが実際は1枚目の写真のように地面と同化しています。

ホンゴウソウ

時折木漏れ日が当たるのでその時を狙って撮影、こうやって見ると赤っぽく見えますが実際は暗赤褐色ですかね。

ホンゴウソウ

上部で枝分かれしますが殆ど離れないので1本のように見えます。枝が広がってくれたらも少し見つけやすくなるんだろうけどね。

ホンゴウソウ

雌雄異花で上部に雄花、下部に雌花をつけますがこれは最上部だけど雌花のようです。多数の柱頭を出して球状になっています。

ホンゴウソウ

柱頭は2裂しているのもあるように見えます、右側の3角状のは花弁でしょうか。

ホンゴウソウ

下部に雌花、上部に雄花が見えています。雄しべは3本で下の球状のは花弁が反り返ったもののようです。雌花は大抵見られますが雄花はなかなか見られません。

ホンゴウソウ

鱗片状に退化した葉、花柄の基部から出ているから苞葉でしょうか。

ホンゴウソウ

ホンゴウソウ科ホンゴウソウ属

(7月20日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

ヒナノシャクジョウその2

2016.07.31(07:00) 8189

薄暗い臨床に咲いていたヒナノシャクジョウ、7月4日アップしたのとは別の場所で今年は随分多く咲いていた。

ヒナノシャクジョウ

1,2cm程度の茎を伸ばして頂部に花を付ける、茎の節毎に鱗片状になった葉が残っています。菌従属栄養植物なのでもう葉は意味を成さないんですけどね。

ヒナノシャクジョウ

数個の頭花を付ける、大抵斜め上に伸びています。

ヒナノシャクジョウ

花が開くと花筒内側の黄色が綺麗、薄暗くてブレ写真量産、多数撮ったのに使えるのは僅かだった。

ヒナノシャクジョウ

大きな外花被片と小さな内花被片が3枚ずつ、雌しべは3裂するそうなので内側に見えているのは柱頭でしょうか。

ヒナノシャクジョウ

ヒナノシャクジョウ科ヒナノシャクジョウ属

(7月20日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ヤマニガナ

2016.07.31(07:00) 8188

一輪だけ咲いていたヤマニガナ、右上に既に萎んだ花もありもう少し前に咲いていたようです。

ヤマニガナ

花自体はハナニガナに似ていますがこの時期ハナニガナは全く見られないし草丈もずっと高くこれで1.7,8mくらいありました。

ヤマニガナ

柱頭のクルリンパもかっこ良く(笑)

ヤマニガナ

総苞はホッソリ、上部で細く引き締まっています。

ヤマニガナ

上部の葉は線形で殆ど切れ込みはなく、基部は茎を抱かない。

ヤマニガナ

下部の葉は羽状深裂、と言ってもこれは十字形、葉は変異が大きいようですが秋吉台ではこういうのが多い。

ヤマニガナ

キク科アキノノゲシ属

(7月20日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

メヤブマオ

2016.07.30(07:01) 8187

ヤブマオに比べて花序がほっそりしているメヤブマオ、これはまだ咲き始めということもありますが。

メヤブマオ

雌雄異花で上の方に雌花序、下の方に雄花序を付ける、これは雄花序。ただ1つの花序に雄花と雌花を付けることもあるそうだけどその場合も上に雌花下に雄花となります。

メヤブマオ

雌花はヤブマオほど密集しておらずそれ程球状にもならないようです。

メヤブマオ

雄花は花被片4枚に雄しべが4本

メヤブマオ

花序軸に開出毛が生える。

メヤブマオ

広卵形または扁円形の葉、葉柄が赤く葉身とほぼ同長、先端が浅い3裂気味になるのがヤブマオとの一番の違いでしょうか。

メヤブマオ

イラクサ科ヤブマオ属

(7月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

ヤブマオ

2016.07.30(07:01) 8185

イラクサ科も真面目にやらなくては、てなわけでこの仲間の中では一番お多く見かけるかと思うヤブマオ、普通上部に雌花序、下部に雄花序をつけますがこれは雌花序ばかりでした。

ヤブマオ

球状の雌花が密集する。

ヤブマオ

糸状のは花柱でしょうか柱頭でしょうか、細かな毛が生えている。

ヤブマオ

茎に短毛が密生

ヤブマオ

卵円形の葉、先端は尾状、重鋸歯で先端側ほど鋸歯が大きくなる。

ヤブマオ

イラクサ科ヤブマオ属

(7月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヤブラン

2016.07.30(07:00) 8186

すっかり草刈りされた中でヤブランだけが残されていた、花が綺麗なので残したのかな。

ヤブラン

芸(じゃないけど)は身を助く(笑)。ヒメヤブランは匍匐枝で増えるので群生するようですが未だ未見、葉も2,3mmと随分細いようです。

ヤブラン

蕾は多くつけるが同時にはそれ程花を開かない、これはまだ開いている方かな。

ヤブラン

3枚の内花被片と外花被片、雄しべは6本で下に偏り雌しべは上に突き出て雄しべと分かれている。

ヤブラン

全体に紫色ですが花柄と花被片基部はハッキリ色が違い太さも異なる。

ヤブラン

キジカクシ科ヤブラン属

(7月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヤブガラシ

2016.07.30(07:00) 8184

普通に見られるヤブガラシ、漢字で書くと藪枯ですが藪を枯らすと言うよりこれ自体が藪を作っているような。

ヤブガラシ

黄色の花柱にオレンジ色の花盤がなんとも綺麗、蜜も出ているようです。午後になると花盤は淡紅色になり花弁も落ちるのでこれは午前限定。

ヤブガラシ

横から見ると王冠のようです。

ヤブガラシ

蜜を求めて小さな虫も集まっています。

ヤブガラシ

マメコガネでしょうか、蜜を舐めにやってきています。花盤は既に淡紅色ですがまだ蜜が出ているのでしょうか、花柱の色も白っぽくなっていて柱頭が開いているように見えます。

ヤブガラシ

鳥足状複葉の葉、アマチャヅルも同じ複葉ですがこちらの方が小葉が幅広く間違えることはなさそうです。

ヤブガラシ

ブドウ科ヤブガラシ属

(7月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ウリクサ

2016.07.29(07:01) 8183

草むらの中に咲いていたウリクサ、アゼナの仲間は田圃やその周辺でよく見かけますがウリクサは田圃から離れた場所でもよく見かけます。

ウリクサ

上部の葉腋から花柄を伸ばして青紫色の花を咲かせる、左のは既に果実のようで先端に花柱の跡が残っています。

ウリクサ

下唇は3裂、裂片縁が青紫に彩られ特に中央裂片で濃い。

ウリクサ

雄しべは4本だそうですが2本しか見えていないな、下唇側につく2本の基部に棒状突起があるそうですが確かに真っ直ぐではなさそう。

ウリクサ

卵形~広卵形の葉、はっきりした鋸歯がある。

ウリクサ

アゼナ科アゼナ属

(7月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

チゴザサ

2016.07.29(07:00) 8182

草むらに多数の花を咲かせていたチゴザサ、多数と言っても小さな花だからあまり目立ちませんが。

チゴザサ

イネ科は地味な花が多い中でこれは例外的に綺麗と思える花

チゴザサ

円錐状に花を付けるあたりはあまりイネ科らしくない。

チゴザサ

ブラシ状の柱頭が赤く、雄しべの葯も赤みを帯びています。今まで雄しべは見たことなかったなと思っていたが過去の写真を見ると大抵写っている、雌しべの印象が強くて雄しべは記憶の中から消えているようだ(笑)。

チゴザサ

小さな小穂の中にこんな大きな葯がどうやって収まっていたんでしょうね。

チゴザサ

雄しべの出ていない柱頭だけの小穂

チゴザサ

こうやってみると雌しべが先で雄しべは後から出てくるようにも見えます。

チゴザサ

イネ科チゴザサ属

(7月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

ジュズダマ

2016.07.29(07:00) 8181

水路脇に生えていたジュズダマ、そんなに多くはありませんが1m以上と背が高くなるので目立ちます。

ジュズダマ

花は紐状の柱頭と総苞状の雄花序に別れる、イネ科で雌雄があるのは少ないとか。左側には葉鞘に包まれた雄花序が見えています。

ジュズダマ

柱頭は長いブラシ状、たいてい2本

ジュズダマ

雌しべの寿命は短いようですぐ黒くなります。下の緑色のは葉鞘の変化した総苞葉、正確には果実はその中にあります。

ジュズダマ

総苞状の雄花序、これは長く残ります。

ジュズダマ

雄しべ拡大、葯はやはりイネ科らしい。

ジュズダマ

イネ科ジュズダマ属

(7月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2016年07月
  1. ホンゴウソウ(07/31)
  2. ヒナノシャクジョウその2(07/31)
  3. ヤマニガナ(07/31)
  4. メヤブマオ(07/30)
  5. ヤブマオ(07/30)
  6. ヤブラン(07/30)
  7. ヤブガラシ(07/30)
  8. ウリクサ(07/29)
  9. チゴザサ(07/29)
  10. ジュズダマ(07/29)
次のページ
次のページ