タイトル画像

シハイスミレ

2017.02.23(07:01) 8627

日当たりの良い乾いた斜面に赤っぽいスミレの仲間が咲いていた、初めはシハイスミレかと思ったけどさすがに早すぎるよな、そもそもこの公園でシハイスミレなんて見たことないし。
スミレ属

赤っぽいニオイタチツボスミレかとも思ったが匂いはあったけど柱頭がカマキリの頭の形をしているのでタチツボ系ではありません、
スミレ属

側弁はほぼ無毛、ごく僅かに毛が生えている。
スミレ属

距は長くも短くもなく普通、花柄は無毛、アケボノスミレの距は短く他の特徴も違う。
スミレ属

卵形の葉、基部は深い心形
スミレ属

やや艶があるのもありました。
スミレ属

裏側は紫色でなく緑色。赤っぽいコスミレの可能性も考えたけど葉も違うし花もそれ程大きくない。
サクラスミレやアカネスミレ、ヒナスミレなど色々考えたけどどれもしっくり来ず、どなたかご存じの方がいましたら教えてください。
スミレ属

(追記)タイトルを”不明のスミレ”から”シハイスミレ”に変更。

スミレ科スミレ属

(2月9日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(3) | [EDIT]
タイトル画像

ハナニラ

2017.02.23(07:00) 8626

もうハナニラが咲いていた、各地で野生化していますがこれも逸出だろうな。ヒガンバナの仲間ですが花と葉が同時に出ます、多分幅の広い方がハナニラで細いのは別の植物。
ハナニラ

内花被と外花被があって以前の分類ではユリ科、素人にはその方が分かりやすい。
ハナニラ

長短2組3本ずつの雄しべ、雌しべは扁平で3裂している、似たようなのを見たなと思ったらスイセンにソックリでした、あれもヒガンバナ科。
ハナニラ

花被片裏には紫褐色の筋が目立つ。
ハナニラ

ヒガンバナ科ハナニラ属

(2月19日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2017年02月23日
  1. シハイスミレ(02/23)
  2. ハナニラ(02/23)