タイトル画像

ミヤマカタバミ

2017.04.11(07:00) 8679

薄暗い林床に沢山の花を咲かせていたミヤマカタバミ、ここは去年見つけていたのにすっかり忘れていたよ。
ミヤマカタバミ

セントウソウ(左)と同じ場所に咲いています、どちらも湿っぽい場所が好き。
ミヤマカタバミ

早朝のせいなのかまだあまり開いてなかったな、ここ数年まともなのを見てないな。
ミヤマカタバミ

雄しべ10本、雌しべの柱頭は5裂、これはちょっと分かりにくい。花の時期が終わった後閉鎖花と果実を付けるそうなので見てみなくては。
ミヤマカタバミ

葉や葉柄に毛が多い。
ミヤマカタバミ

カタバミ科カタバミ属

(3月23日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ノミノフスマ

2017.04.11(07:00) 8678

田起し前の田圃に咲いていた白い花、ハコベとはちょっと違うなと思って近寄ってみたらノミノフスマでした。
ノミノフスマ

ハコベよりは少し大きい花
ノミノフスマ

花弁が深裂するので5枚の花弁が10枚に見える、これは分かりにくいですが柱頭は3裂、その下に緑色の子房。まだ種子は見てないな、春先は花を撮るのに忙しくて種子まで手が回らない。
ノミノフスマ

萼片は花弁より短い。外来種のノミノコブスマは萼片の方が長い。
ノミノフスマ

対生する葉は長楕円形で無柄
ノミノフスマ

ナデシコ科ハコベ属

(3月23日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2017年04月11日
  1. ミヤマカタバミ(04/11)
  2. ノミノフスマ(04/11)