タイトル画像

スカシタゴボウ

2017.04.16(07:01) 8694

水がはられた田圃の脇に咲いていたスカシタゴボウ、花期は4-10月と冬以外は咲いているようですが意外と見かけずこれでやっと2度目でした。
スカシタゴボウ

この時期よく似たイヌガラシ、ハルザキヤマガラシも咲いています、記憶のために区別点を書いておこ。
スカシタゴボウ:長角果は5-8mmと短い、葉が深く切れ込む
イヌガラシ:長角果は1.5cm以上、葉の切れ込みが少ない
ハルザキヤマガラシ:長角果は3-4cmと長い、萼の先端に角状突起、上部の葉はあまり裂けない
スカシタゴボウ

葉が細かく裂けている。
スカシタゴボウ

これは近くにあった、花序があまり伸びていませんがやはりスカシタゴボウだと思います。
スカシタゴボウ

やはり葉は細かく裂けている。
スカシタゴボウ

アブラナ科らしい花だけど十字花と言った感じはしない。萼片が赤くなっている。
スカシタゴボウ

葉の基部が茎を抱くがこれはあまり顕著ではない。
スカシタゴボウ

アブラナ科イヌガラシ属

(4月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

サワオグルマ

2017.04.16(07:00) 8693

水が流れる水路の中に生えていたサワオグルマ、去年とほぼ同じ場所、同じ株かもしれない。
サワオグルマ

去年は同じ時期に既に茎を伸ばして花を咲かせていたのに今年はこんな状態、殆ど茎を伸ばしていません。
サワオグルマ
(3月23日撮影)

2週間後もう一度来てみました、花は黄色くはなっていましたがちっとも大きくないし茎も全く伸びていません。
サワオグルマ

幸い直ぐ側に綺麗に花を咲かせていた株がありました。
サワオグルマ

ヒマワリのような花、大きさ4,5cmくらい。
サワオグルマ

一番上の花が真っ先に咲きます、その周りに輪生状に花を咲かせますがこれはまだ十分開いていない。
サワオグルマ

総苞は太い円筒形
サワオグルマ

やはりキク科は2裂する柱頭を撮らなくちゃ(笑)
サワオグルマ
(4月5日撮影)

キク科オカオグルマ属

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

コオニタビラコ

2017.04.16(07:00) 8692

休耕田に群生していたコオニタビラコ、黄色い花がそれで白い花はハコベです。ここは時々稲や麦が植えられますがそういう時は駄目ですが休むとすぐに生えてきます、種子がタップリ埋設されているんでしょうね。
コオニタビラコ

根生葉をきれいに広げて周囲に花を散らばらせている様子が面白い。
コオニタビラコ

根生葉の中心部、こんなに密集していいのかとおもうくらい茎が密集しています。
コオニタビラコ

これで舌状花は10枚、コオニタビラコとしては多い方だと思うがヤブタビラコ(15-20枚)程ではない。
コオニタビラコ

総苞は円筒形、と言うより殆ど基部から開いているような。
コオニタビラコ

キク科ヤブタビラコ属

(4月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
2017年04月16日
  1. スカシタゴボウ(04/16)
  2. サワオグルマ(04/16)
  3. コオニタビラコ(04/16)