タイトル画像

タマネギ(花)

2017.06.27(07:01) 8964

畑に横たわったこれ、初めはネギ坊主かと思いましたが根本に玉ねぎが見えています、タマネギの花なんだ
タマネギ(花)

ネギ坊主ならぬタマネギ坊主、花は初めてみました
タマネギ(花)

園芸種かとも思われそうな綺麗な花、実際江戸時代に観賞用として入ってきたそうです
タマネギ(花)

真っ白な花被片に緑色の筋が入っていてキリッとした花、中央に大きな子房
タマネギ(花)

6本の雄しべと1本の雌しべが直立
タマネギ(花)

奇妙に曲がった茎のもありました、触ってみると凄く固い、丈夫そうです。他にも花を咲かせていたのが何本もあり種子採取用に残していたんでしょうか
タマネギ(花)

ヒガンバナ科ネギ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


野菜の花 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
タイトル画像

ニンニク(花)

2017.06.27(07:00) 8963

ニンニク畑にニンニクの花が咲いていた、普通鱗茎を太らすため摘み取られることが多くこちら見た畑もそうでした
ニンニク(花)

ネギ坊主を思わせる花序、でも開いた花はありません、品種によって開くのと開かないのがあるようです
ニンニク(花)

摘み取られた花も沢山ありました、でも開いた花はありません
ニンニク(花)

諦めきれず探していたら開いて雄しべを出しているのがありました、生命の危険を感じて花を開かせたか
ニンニク(花)

でも栄養墓速なのか花糸が一部ヘナヘナ
ニンニク(花)

雌しべが出ているのもありました、種子までつけることが出来るか
ニンニク(花)

上から見ても殆ど開いていません
ニンニク(花)

ヒガンバナ科ネギ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


野菜の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ハンカイソウ

2017.06.27(07:00) 8962

林内に咲くハンカイソウ、何ヶ所かで見ていますがどこも林内の半日陰の湿っぽい場所です。その中でもここが一番来やすくつい楽な場所で見てしまいます
ハンカイソウ

今年は雨が少ないせいかかちと元気がありません
ハンカイソウ

散房状に数個の花をつける、蕾は筒鐘形で総包片は1裂
ハンカイソウ

これは大きくて蕊が撮りやすい
ハンカイソウ

クルンと2裂した柱頭をひたすら撮りまくる
ハンカイソウ

筒状花の花弁、みな同じ色なので分かりにくい
ハンカイソウ

掌状に細かく裂けた葉、初めてこれを見てヤブレガサだと思ったのは内緒(笑)
ハンカイソウ

キク科メタカラコウ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

キバナノマツバニンジン

2017.06.26(07:01) 8961

午後に花を開くキバナノマツバニンジン、これは午後3時の撮影、これで高さ5cmとまだ低いですが50cmくらいになることもあります。
キバナノマツバニンジン

真っ黄色な5弁花
キバナノマツバニンジン

花冠はほぼ水平に開く、蕊が僅かに突き出ている
キバナノマツバニンジン

雄しべ雌しべ5本ずつ、花糸も花柱も黄色い
キバナノマツバニンジン

柱頭が僅かに開いているのが分かります
キバナノマツバニンジン

葉は茎にピッタリくっついて開きません、何故かなと思いましたが水気の少ない荒れ地に生えるので水の蒸発を防いでいるんじゃないか、と書かれていたサイトがありました
キバナノマツバニンジン

ピントがあってませんが高さ1cm程度の芽生え、この頃から既に葉が閉じている、根生葉もないようです
キバナノマツバニンジン

太陽に向かって花開く、じゃないけれどレンズのゴーストが丁度いい雰囲気を出してます
キバナノマツバニンジン

アマ科アマ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

アメリカネナシカズラ

2017.06.26(07:01) 8960

地面にラーメンをぶちまけたように広がっているアメリカネナシカズラ
アメリカネナシカズラ

在来種のネナシカズラと比べて細麺
アメリカネナシカズラ

まだそれ程広がりを見せてなかったので花はまだかなと思いましたが蕾がありました
アメリカネナシカズラ

開いているのもありました、側の蕾も開く寸前
アメリカネナシカズラ

花冠が5裂、雄しべは5本ですがこれは4本しかない、雌しべは2本で柱頭がオレンジ色
アメリカネナシカズラ

立っている植物があると巻き付いて登っていきます
アメリカネナシカズラ

突起状の吸盤、これで栄養を吸い取るんでしょうか、相手を枯らすまではしないようです
アメリカネナシカズラ

茎にも突起、まるで異生物のよう
アメリカネナシカズラ

鱗片状になった葉も残っている
アメリカネナシカズラ

ヒルガオ科ネナシカズラ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヤクシソウ

2017.06.26(07:00) 8959

藪の中に黄色い花が咲いていた、オニタビラコかなと思ったけどヤクシソウでした
ヤクシソウ

本来は夏から秋にかけて咲く花ですが地元の自然公園では全ての月で咲いているのを見たことがあるのでこの時期に咲いていてもおかしくありません、周りのは蕾じゃなくてこれから咲くのかな、やはりこの時期咲くのは厳しそう
ヤクシソウ

舌状花だけの花、似た花は多いですがヤクシソウは比較的分かりやすい
ヤクシソウ

葯筒から花粉を付けた柱頭が突き出ている、まだ先端が2裂してないから咲いてからそれ程時間は経ってないもよう
ヤクシソウ

葉の基部が翼状になり茎を抱くのでこれで他との区別が容易
ヤクシソウ

キク科アゼトウナ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ヒエンソウ

2017.06.26(07:00) 8958

道端に咲いていた見慣れぬ花、車を走らせながら気がついて慌てて車を停めて見てみたらヒエンソウでした
ヒエンソウ

去年とは全く違う場所、実は去年この近くで植えているのを見つけて逸出の可能性があるかなと思っていましたが道路が舗装されて全滅、こりゃ駄目だと思っていましたが何とか逃げ出したのがあったようです
ヒエンソウ

去年のは青い花でしたがこちらはピンク色、白から青まで幅があるようです
ヒエンソウ

周りの幅広いのは萼片
ヒエンソウ

背後に距が長く突き出ている、さすがにこの蜜を吸えるのは蝶だけでしょうね
ヒエンソウ

花を後ろから、まるで天狗の鼻だな、花柄に苞があるようです
ヒエンソウ

中央の袋状のが花弁、雄しべが見えています、開いて雌しべも見ればよかった
ヒエンソウ

細かく裂けた葉、写すには最悪の状況だけど形だけはよくわかる
ヒエンソウ

キンポウゲ科ヒエンソウ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

イヌウメモドキ

2017.06.25(07:01) 8957

初めはモチノキかクロガネモチかと思ったのですがどうやらウメモドキのようでした、秋吉台では初めて、と思ったけどこれは無毛タイプのイヌウメモドキのようで以前雄株を見ていました、でもあれは切り倒されたので見るのは久しぶり
イヌウメモドキ

本年枝の葉腋に花を咲かせます
イヌウメモドキ

これは雌花、雌花序の花は2ー4個ですが雄花序は5-20個と多い
イヌウメモドキ

花弁は5枚のが多いですが中には6枚や4枚のもあります
イヌウメモドキ

雌花ですが雄しべも残っています、雄花と比べると雄しべがちいさく花粉も出ていません
イヌウメモドキ

花柱はごく短く子房の上に柱頭が乗っているように見えます
イヌウメモドキ

葉は互生で楕円形または卵状長楕円形、縁には細かい鋸歯がある、モチノキ属は常緑が多いですがこれは落葉樹
イヌウメモドキ

モチノキ科モチノキ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ネコノチチ

2017.06.25(07:01) 8956

果実が猫の乳に似ているからネコノチチ、果実はそこそこ目立ちますが花は超地味
ネコノチチ

葉腋に1花序あたり4-8個の花をつける、イソノキと比べて花が短い
ネコノチチ

こちらも花はあまり開きませんがそれでもイソノキよりはまし、あくまでも比較的ですが
ネコノチチ

2裂した柱頭、5本の雄しべ、花糸が結構太い、周りのは萼片でその内側に突起のように見えているのが花弁でしょうか
ネコノチチ

萼片を一部取り除いてみました、花柱や花弁の様子が分かります、結構蜜が溢れている
ネコノチチ

長楕円形の葉で細かな鋸歯がある
ネコノチチ
クロウメモドキ科ネコノチチ属

コメツキムシの仲間が訪問していました、頭を突っ込んで蜜を舐めています、花の様子を暫く撮っていましたがずっとこのままでした、小さい頃はこれをひっくり返して遊んだものです
コメツキムシ

こちらもコメツキムシの仲間のようです、調べてみるとサビキコリのようでした、こんな大きいのもいるのね
サビキコリ
コメツキムシ科

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

シマサルナシ

2017.06.25(07:00) 8955

花が咲いていたシマサルナシ、でも盛りは過ぎているようです
シマサルナシ

一応ツル性ですが多少なりとも柔らかそうなのは本年枝だけのようで前年のはすっかり固くなっているようです
シマサルナシ

葉腋に花序を付ける、本年枝だけかな。雄花雌花両性花があるようですが両性花しか見当たらないような
シマサルナシ

白い5弁花
シマサルナシ

面白い形の雌しべ、周りに多数の雄しべがある
シマサルナシ

卵形または卵状広楕円形の葉で艶がある、縁に浅い鋸歯
シマサルナシ

マタタビ科マタタビ属

(6月15日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2017年06月
  1. タマネギ(花)(06/27)
  2. ニンニク(花)(06/27)
  3. ハンカイソウ(06/27)
  4. キバナノマツバニンジン(06/26)
  5. アメリカネナシカズラ(06/26)
  6. ヤクシソウ(06/26)
  7. ヒエンソウ(06/26)
  8. イヌウメモドキ(06/25)
  9. ネコノチチ(06/25)
  10. シマサルナシ(06/25)
次のページ
次のページ