タイトル画像

ウリノキ

2017.06.11(07:01) 8909

普通に見られるウリノキ、林道より麓の林縁でよく見かける。
ウリノキ

沢山の花を咲かせている、あちこちで見られるけど同じ木を撮ることも多い、この木も何度かアップしている。来やすい撮りやすい早く咲くといろんな要因があるけどね。
ウリノキ

集散花序を葉の下にぶら下げて咲く。
ウリノキ

花弁が丸く反った独特な姿、なるべく丸まった花弁が筒状になっている様子を撮りたい。しかしこの姿でどんな昆虫を相手にするんでしょうね。
ウリノキ

花糸と葯はほぼ同長だそうだけど境目が分からないな。
ウリノキ

雄しべと雌しべはほぼ同長だが雌しべが僅かに突き出ている。
ウリノキ

花弁と雄しべが落ちて花柱が残っている、長~いのがよくわかります。
ウリノキ

基部に半球形の子房、秋になると青く熟します。
ウリノキ

葉がウリに似ているのでウリノキ、浅く3-5裂しますがあまり裂けていないのもあるようです。
ウリノキ

ミズキ科ウリノキ属

(6月1日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
タイトル画像

エゴノキ

2017.06.11(07:01) 8908

エゴノキは高木になることが多く花に手が届かないけどここのは目の高さに咲くので来てみたがもう終わりの頃でした。
エゴノキ

何とか残っていたのを望遠で撮影
エゴノキ

長い果柄を伸ばして下向きに花を咲かせる、左のは花弁と雄しべが落ちて長い花柱だけが残っている。
エゴノキ

下向きに咲くのは飛翔能力の高い昆虫を相手にするため、花の形や色には意味がある。同様に果実としては珍しい白い実にも意味がある。非常に不味いのだがヤマガラが好むので他の鳥にあまり食べられないよう地味な色をしているようです。でも去年来た時はすっかりなくなっていたな。
エゴノキ

花糸は2段階に曲がり葯は内側を向いている、雌しべはそれより少し長く柱頭が出ている。
エゴノキ

真っ白な5弁花
エゴノキ

葉は互生で卵形、浅い鋸歯がある。
エゴノキ

エゴノキ科エゴノキ属

(6月1日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヒメウツギ

2017.06.11(07:00) 8907

ヒメウツギに比べてウツギは一月くらい遅く咲き始める、そろそろウツギに変わってきたかなと思って撮ったのですが
ヒメウツギ

花を見ただけでは分からず
ヒメウツギ

花糸に翼があり上部が角のように尖っています、ヒメウツギでした。ウツギはなで肩、でも判断に迷うのも結構ある。
ヒメウツギ

花弁が落ちて長い花柱だけが残っていました、4本あるようだ。
ヒメウツギ

基部には蜜が溜まっている。
ヒメウツギ

萼果柄枝に毛が多いがこれはウツギも同じ。
ヒメウツギ

葉は対生し長楕円状披針形、細かな鋸歯がある。
ヒメウツギ

表面に星状毛が散生、触るとサラッとしています、ウツギは星状毛が密生していてザラッとしている。この日チェックしたのはみなヒメウツギでした、ウツギは少ないのかな。
ヒメウツギ

アジサイ科ウツギ属

(6月1日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ヤマボウシ

2017.06.11(07:00) 8906

ヤマボウシは1本の木、1本の枝に一斉に花を咲かせることが多いですがこれは何故か一つだけぽつんと咲いていた、でも結構高木になるので花に手が届かないことも多くちょうど良かった。
ヤマボウシ

周りの白いのは総包片、これが白くなれば一応花が咲いたとなりますが本当の花は中央に地味に咲く、雄しべが出ているので咲いているようです。
ヤマボウシ

4枚の花弁に4本の雄しべ、既に花粉がタップリ出ている。花弁先端が内側に曲がっているので蕾の状態からそのまま開いているんでしょうね。
ヤマボウシ

雌しべの花柱も見えています。日陰の場所で撮って拡大するとノイズがのりまくるな。
ヤマボウシ

ミズキ科ミズキ属

(6月1日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2017年06月11日
  1. ウリノキ(06/11)
  2. エゴノキ(06/11)
  3. ヒメウツギ(06/11)
  4. ヤマボウシ(06/11)