2017. 06. 16  
日当たりの良い空き地に咲いているチシマタンポポ、今年は咲くのが少なかったような。
チシマタンポポ

タンポポとは違いヤナギタンポポ属、千島とも全く無関係でヨーロッパ高地原産、どうも園芸業者が勝手に名前を付けたみたいです、はた迷惑な命名。
チシマタンポポ

頭花はタンポポソックリ、意識しないで見るとセイヨウタンポポかと思って見過ごしそうです。
チシマタンポポ

蕊クルリンは外せない(笑)
チシマタンポポ

頭花はそっくりでも葉は全く違います、形も違うし長毛がビッシリ生えている、葉に毛が生えるのは夜句ありますがこれ程長いのも少ない、葉の裏は白くなっているようです。
チシマタンポポ

一番外側の舌状花裏側が赤みを帯びる、総苞に毛が密生
チシマタンポポ

もう剛毛ですね、腺毛も混じっている。
チシマタンポポ

茎にも長毛に混じって繊毛が密生している。
チシマタンポポ

花後果実期になると花の時より長く花茎を伸ばすのはタンポポと同じ、でもタンポポは花後花茎が倒れて項垂れたようになりますがこちらはそのままのようです。
チシマタンポポ

キク科ヤナギタンポポ属

(6月5日撮影)
2017. 06. 16  
コナスビは花期も長いし普通に見られるので撮るのも気分次第、これは他の野草と紛れず全体の姿が分かるので撮ってみました。
コナスビ

茎を這わせて葉腋に花を咲かせる。
コナスビ

5回対称の整った花、5弁でなく5深裂だそうです。これは花弁が細く隙間から萼片が見えていますが幅広くて萼片が見えないのもあるようです。
コナスビ

雌しべが出ていますが柱頭が小さいので目立たない。花柄が6-18mmと長いのをナガエコナスビとして区別することもあるようですが長さは連続的で区別する必要もないように思えます。これに限らず植物をやっていて分け方が細かすぎる点が嫌い、と言いつつ分けることもありますが(^^;)。
コナスビ

花は上向きですが果実になると下向きになります。
コナスビ

果実が茄子に似ているから小茄子、似てないこともないけどこんな実は他に幾らでもありそう。萼片や花柄だけでなく果実の表面にも毛が生えている。未熟な実は見たことあるけど熟したのと種子はまだだった、見てみなくては。
コナスビ

葉は広卵形で対生、
コナスビ

茎にも毛が密生、下向きのようです。
コナスビ

サクラソウ科オカトラノオ属

(6月5日撮影)
2017. 06. 16  
ヤエムグラの仲間は区別が難しいし花を撮るのも難しい、取り敢えず撮ってみるけど没にすることも多い。
キクムグラ

これは葉の幅がやや広いのでキクムグラかな、倒卵状楕円形だそうです。
キクムグラ

4輪生の葉、2枚が本物で2枚は托葉が変化したもの、葉腋から茎が伸びるので左右のが葉、前後のが托葉でしょうか。
キクムグラ

花は2,3mmと小さい上に長い果柄で揺れるのでなかなか鮮明に撮れません。4枚の花弁に4本の雄しべ2裂した柱頭が何とかわかります、赤いのはダニ。
キクムグラ

花柄基部に線形の苞がある。小さな花には小さな虫、蝶や蜂虻など大きな昆虫は目にすることも多いけどこんな小さな昆虫も受粉に大きな役割を果たしているんでしょうね。
キクムグラ

2分果の果実、毛の先端が曲がっているようです。くっつき虫ですが服についているのはあまり見かけないけど靴紐などについているのはよく見かけます。
キクムグラ

アカネ科ヤエムグラ属

(6月5日撮影)
2017. 06. 16  
薄暗い林内に生えていたヤマムグラ、ヒメヨツバムグラとよく似ていますが生えている環境から一応ヤマムグラと判断。ヒメヨツバムグラは日当たりの良い場所に生えているそうです。
ヤマムグラ

この仲間はどれも花が小さいですがこれは更に繊細な感じがする。
ヤマムグラ

花冠の裏に毛が生えているのとないのがあるそうだが拡大写真はことごとく失敗
ヤマムグラ

4輪生する葉は細長くやや長短があり不揃い。
ヤマムグラ

茎は無毛、葉の縁や裏に上向きの短毛がある。
ヤマムグラ

アカネ科ヤエムグラ属

(6月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR