タイトル画像

カンコノキ

2017.06.17(07:02) 8934

台地上に生えているカンコノキ、ここに3本あります。しかしこれがコミカンソウの仲間とは驚き。樹木の花は満開状態になると遠くからでも分かるものですがこれは絶対無理、1mでも分からずおかげで山道もない場所に接近しなければいけません。
カンコノキ

無事咲いていました、雌雄異花で雄花と雌花が写っています。花期は割と長く6-10月、この咲き方からすると5月下旬には咲いていたようです。
カンコノキ

葉腋から長い花柄を伸ばして咲く雄花
カンコノキ

花弁はなく萼片、内花被片外花被片みたいにこれも大小2組あるようです。
カンコノキ

花粉が出ています。
カンコノキ

今まで雄花を写して一緒に写っていたのはあったけど雌花を見逃していた、今回しっかり認識して撮ってみました。
カンコノキ

雄花と比べると短い花柄、萼片も殆ど開きません、僅かに出ているのが雌しべ
カンコノキ

雌しべはまるでみかんの房のよう
カンコノキ

白いのが柱頭で基部の緑色が花柱でしょうか、雌しべというより雄しべの様に見えます、それにしてもピントがあってないな。
カンコノキ

葉は全縁で倒卵形
カンコノキ

荒々しい樹肌、緑の葉が出ていないと立ち枯れした樹木のように見えます。
カンコノキ

コミカンソウ科カンコノキ属

(6月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

シモツケ

2017.06.17(07:01) 8933

咲き始めたシモツケ、多分放ったらかし状態の植栽
シモツケ

複散房花序
シモツケ

普通はこのように一つの花序に多数の花をつけます。
シモツケ

多数の雄しべが突き出る、中央に雌しべが見えていますが5本あるそうです。花柱も花糸も花弁と同色の紅色
シモツケ

真上から見ると雌しべが5本あるかな、奥に子房が見えている、隙間があってその周りに環状の構造が見えていますが何でしょう、わからない時は付属体としたほうが無難か(^^;)
シモツケ

大きな蟻が訪問、花に頭を突っ込んで蜜を舐めているようです。花の大きさが5,6mmだから体長は1cmくらい、オオヤマアリでしょうか。体に毛は少ないし花粉のポリネーターとしては役割低そう。
シモツケ

狭卵形~卵形または広卵形の葉、葉の形は難しい、これは狭卵形かな、重鋸歯があるそうだけどあまり目立ちません。
シモツケ

バラ科シモツケ属

(6月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ミクリ

2017.06.17(07:00) 8932

川一面に群生しているミクリ
ミクリ

ミクリには色んな種類がありますが秋吉台では本家ミクリだけ、でもあったらあったで区別はかなり難しそうですけどね。
ミクリ

茎の上部が花序となり下方に雌性頭花、上方に雄性頭花をつける。
ミクリ

雌性頭花、栗の実に似ているから実栗、そのまんまだ。
ミクリ

白い部分が柱頭で下部の緑色のが花柱でしょうか、柱頭に微毛が生えているようだ。
ミクリ

こちらは雄性頭花、一見古く茶色になった雌性頭花のように見えます。
ミクリ

拡大すると確かに花糸と葯があります。
ミクリ

ミクリ科ミクリ属

(6月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

クララ

2017.06.17(07:00) 8931

林道に咲いているクララ、台地上で多く見られますが最近はここでばかり見ているな、林道の割には日当たりの良い場所です。
クララ

白い花だけど僅かに緑がかり地味感が一層増している。
クララ

蕊が出ている花がありました。
クララ

花弁を取ってみました、基部が筒状になった雄しべ、その中に小さな柱頭を持つ雌しべが見えています。
クララ

花弁がすっかり萎れているのもありました、雄しべも萎れていますが緑色の子房の先端に花柱が残っています。果実は見ていたけど随分前だな。
クララ

奇数羽状複葉、小葉は多数
クララ

マメ科クララ属

(6月5日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ナツノハナワラビ

2017.06.17(07:00) 8930

シダをやっていて気に入ったのがハカタシダキヨスミヒメワラビとこのナツノハナワラビ、林道脇に2株見えていますが凛とした姿が美しい。
ナツノハナワラビ

胞子嚢が真っすぐ立っています。
ナツノハナワラビ

シダだから花は咲きませんが花と間違えそう、既に胞子を放出して丸い胞子嚢が潰れているようです。
ナツノハナワラビ

水平に広げた栄養葉も美しい。
ナツノハナワラビ

ハナヤスリ科ハナワラビ属

(6月5日撮影)

花盗人の花日記


シダ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2017年06月17日
  1. カンコノキ(06/17)
  2. シモツケ(06/17)
  3. ミクリ(06/17)
  4. クララ(06/17)
  5. ナツノハナワラビ(06/17)