タイトル画像

ボタンウキクサ

2017.07.31(07:01) 9074

池に浮かんでいるボタンウキクサ、初めて見た時より減っていますが特定外来生物に指定されているので駆除されているのでしょうか、引き上げればいいだけだからそれ自体は簡単、でも小さな植物片からでも再生出来るようで根絶は難しそうです
ボタンウキクサ

花が咲いているのを見つけたら引き上げます、そこは特定外来生物だから遠慮することはない、初め見た頃は中心部の小さな葉序と花の区別がつけづらかったですが昨年花を見つけてすぐわかるようになりました
ボタンウキクサ

サトイモ科らしい仏炎苞、随分毛が多い
ボタンウキクサ

2階建ての花、雌雄異花で上が雄花、下が雌花
ボタンウキクサ

これは別の花ですが雄花拡大、なんだか蕊柱っぽい
ボタンウキクサ

花糸は意外と太い、合着しているのかな
ボタンウキクサ

下側の雌花、太めの花柱の上に柱頭がちょこんとのっていてミニお地蔵様
ボタンウキクサ
サトイモ科ボタンウキクサ属

同じ池にホテイアオイも群生しています、一つだけ咲いていたけど池の奥で近寄れず、これも繁殖力が強くて時に水路を塞ぐなど悪さをします、ここでも大量に引き上げられていた
ホテイアオイ
ミズアオイ科ホテイアオイ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ホザキノフサモその2

2017.07.31(07:00) 9073

今までホザキノフサモを見ていたのは1ヶ所だけ、2ヶ所目を見つけたので記憶のためアップ、しかも前の場所は近寄りづらく花が撮りにくかったけどここなら楽々
ホザキノフサモ

水中から花茎を伸ばして花を咲かせます、フサモ属の中で水上に葉を出さないのは本種だけだとか
ホザキノフサモ

雌雄異花で上に雄花、下に雌花をつけます
ホザキノフサモ

輪生状に花を咲かせる、雌しべは4本で柱頭は羽毛状、線形の緑色のは苞葉です
ホザキノフサモ

こちらは雄花、下から咲き上がるので下の方が広がっています
ホザキノフサモ

細い花糸と長めの葯、花弁は開花と同時に脱落するそうでピンク色の楕円形のがそれでしょうか、引っかかって残っています、花糸基部に見える小さな卵形のが萼です
ホザキノフサモ

アリノトウグサ科フサモ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ムカゴイラクサ

2017.07.31(07:00) 9072

湿っぽい林内に生えているムカゴイラクサ、ムカゴがあると識別しやすいのですっき(笑)、でもこれは全く見られなかった、オニユリのように花が咲く前からムカゴをつけているのもありますがこれは後からなのかな
ムカゴイラクサ

葉腋から花序を出しますが雌花序は上の方に伸び、雄花序は下に円錐形につけます
ムカゴイラクサ

これでも雌花、初めて見た時は花と思わなかった(^^;)
ムカゴイラクサ

棘のような花柱、下の緑色のが子房でしょうか、花被片が2枚あるそうだがどれだろ
ムカゴイラクサ

雄花はずっと多い
ムカゴイラクサ

雌花に比べると如何にも花らしい雄花、5本の雄しべが出ています、葯が透明になっていて花粉は放出したかな
ムカゴイラクサ

卵状楕円形の葉、先端は尖り基部は円い、茎に刺毛があるそうだが刺されたことはないからあまり気にせず触っているぞ
ムカゴイラクサ

イラクサ科ムカゴイラクサ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
タイトル画像

スベリヒユ

2017.07.30(07:01) 9071

午前中だけ花を開くスベリヒユ、時間限定で咲く花でも結構ルーズなのもありますがこれは厳格なようで午後に開いているのを見たことはありません
スベリヒユ

花弁は5枚、上に大きく見えているのは花後でしょうか、その左右のは蕾かな、閉鎖花を付けることもあるそうです
スベリヒユ

花弁も花糸も葯も花柱も柱頭もほぼ黄色、柱頭は5裂
スベリヒユ

こちらは花弁先端が凹んでいますがこれが普通のようです
スベリヒユ

萼片は2枚、突起状の筋が入っているのがそれでしょうか
スベリヒユ

へら状肉厚の葉、いかにも乾燥に強そう
スベリヒユ

別の場所、スベリヒユとハナスベリヒユが同居、家庭用の里芋畑だからハナスベリヒユを植えるわけもなく逸出でしょうね
ハナスベリヒユ

スベリヒユを改良したともマツバボタンとの交配種とも言われています、これは確かにマツバボタン似で葉が細い、マツバボタンも植えられているのをよく見かけますが野生化しているのは見たことないですね
ハナスベリヒユ

スベリヒユと違ってカラフル、午後閉じることもなさそうです、園芸種としては時間限定で開くのは都合が悪いでしょうね
ハナスベリヒユ

スベリヒユ科スベリヒユ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

キンミズヒキ

2017.07.30(07:00) 9070

藪の中に咲いていたキンミズヒキ、結構花期が長く秋の終わり頃まで咲いています
キンミズヒキ

これはもう考えるまでもなくヒメキンミズヒキでなくキンミズヒキ
キンミズヒキ

花はヒメと比べて密につきます
キンミズヒキ

花弁も幅広く雄しべの数も多い、通常10本以上これは15本見えています
キンミズヒキ

花序上の方の花、下から咲き上がるのでこれは咲いたばかり、柱頭がまだ開いていません
キンミズヒキ

これは下の方の花、花糸が内側に反って集まり2裂した柱頭が伸びています、雄性先熟なんでしょうか
キンミズヒキ

奇数羽状複葉で小葉は5-9枚、小葉の間に更に小さな小葉もある
キンミズヒキ

葉柄基部に幅の広い托葉、茎には開出毛が密生
キンミズヒキ

バラ科キンミズヒキ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ニシキミヤコグサ

2017.07.30(07:00) 9069

この辺りにミヤコグサが群生していますがその中に赤い花がありました、周りには既に果実になっています
ニシキミヤコグサ

花の終わりの頃朱色になるのはニシキミヤコグサと言います
ニシキミヤコグサ

この辺りで見ていましたがこんなに赤くなっているのは初めて見ました
ニシキミヤコグサ

萼片に毛が生える、ここのは花の数が2個のが多いので多分セイヨウミヤコグサでなくミヤコグサ
ニシキミヤコグサ

これもかなり赤い、萎んだ花も何となく赤いような
ニシキミヤコグサ

これはそれ程でもないけど今まで見ていたのはせいぜいこの程度でした、時間が経つともっと赤くなるのかな、野外だと同じ個体を観察するのが難しい
ニシキミヤコグサ

これが同じ場所に咲いていた普通のミヤコグサ、色が違うだけですが随分印象が違います
ミヤコグサ

マメ科ミヤコグサ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

オモダカ

2017.07.29(07:01) 9068

田圃で普通に見られるオモダカ、なにせ葉が独特だからなと言いつつ撮るのを忘れた、見えている葉は多分イボクサ、こちらの花はまだ先
オモダカ(雄花)

雌雄異花で上部に雄花、株に雌花を付ける、雌花の花弁は既に散っている
オモダカ(雄花)

真っ白でほぼ円形の花弁が3枚
オモダカ(雄花)

多数の雄しべ、花糸は意外と幅広のようだ
オモダカ(雄花)

雌花もありました、まだ雄花は咲いておらず雌花から先に咲くようです
オモダカ(雌花)

雄花の花弁は割と何時までも残っていますが雌花はすぐに散るようできれいなのはなかなかお目にかかれない
オモダカ(雌花)

多数の雌しべが球状になっている、雄しべよりずっと多くもはや数えようとも思わないレベル
オモダカ(雌花)

柱頭が僅かに裂けているようです
オモダカ(雌花)

オモダカ科オモダカ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

ヒロハスズメノトウガラシ

2017.07.29(07:00) 9067

田圃で普通に見られるヒロハスズメノトウガラシ、アゼナ属の中では一番多いかな、花期も長く11月ころまで咲いています、線状の葉はホタルイかイヌホタルイ、これもよく見かけますがイヌかどうか区別が難しいのでパス
ヒロハスズメノトウガラシ

上下につぶれたような花、かって一世を風靡した(と言うほどでもないが)クシャおじさんと勝手命名
ヒロハスズメノトウガラシ

つぶれているので花の内部はよく見えません、下唇は3裂、中央裂片が大きいが下に長くは伸びません、エダウチスズメノトウガラシこれが長く伸びる
ヒロハスズメノトウガラシ

黄色く突き出ているのは雄しべでしょうか
ヒロハスズメノトウガラシ

倒披針形の葉で鋸歯がある、画面中央上の葉は鋸歯がなくアゼナのようです
ヒロハスズメノトウガラシ

こちらは同じ場所に咲いていたアゼナ、ヒロハとは随分印象が違います
アゼナ

普通は淡青色ですがこれは真っ白、花冠が落ちかけているようです
アゼナ

アゼナ科アゼナ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
タイトル画像

コナギ

2017.07.29(07:00) 9066

田圃で普通に見かけるコナギ、無い田圃では全く無いけどある田圃ではもう一面に生えています
コナギ

午前中の数時間だけ開く花、田圃がまだ泥田状態で十分接近できず
コナギ

雄しべの中から雌しべが伸びている、柱頭は扁平
コナギ

葉鞘から総状花序を出す、これはまだ咲き始めで一つだけですが
コナギ

6本の雄しべの内5本は短く葯は黄色、1本が長く葯は茶色、これも果実を見てみなくては
コナギ

ミズアオイ科ミズアオイ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

クルマバナ

2017.07.28(07:01) 9065

用水路脇の草むらの中に咲いていたクルマバナ、大きな葉はアキノノゲシですがこれはまだ先
クルマバナ

草むらの中に蕾を付けたのも幾つもあります
クルマバナ

輪生する花序を段々状につけていく
クルマバナ

何となく夕暮れの雰囲気がありますが朝8時頃の撮影
クルマバナ

長短2組の雄しべ、中央に太い花柱を持った雌しべ、柱頭が2裂しているのもわかる
クルマバナ

下唇上面や上唇背後に毛が生えている
クルマバナ

花序下の線系のは小苞
クルマバナ

茎には下向きの伏毛
クルマバナ

卵形~狭卵形の葉、鋸歯はハッキリ、葉先は鋭頭だが尖る程ではない
クルマバナ

シソ科トウバナ属

(7月21日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(4) | [EDIT]
2017年07月
  1. ボタンウキクサ(07/31)
  2. ホザキノフサモその2(07/31)
  3. ムカゴイラクサ(07/31)
  4. スベリヒユ(07/30)
  5. キンミズヒキ(07/30)
  6. ニシキミヤコグサ(07/30)
  7. オモダカ(07/29)
  8. ヒロハスズメノトウガラシ(07/29)
  9. コナギ(07/29)
  10. クルマバナ(07/28)
次のページ
次のページ