2017. 07. 15  
畑の脇に咲いていたオオキツネノカミソリ、ここは毎年見ていたので不思議に思わなかったけど過去の記録を見ると7月中旬頃咲くので少し早いようです、この後一番群生する場所に行ってみましたが蕾さえ見かけませんでした
オオキツネノカミソリ

もう全開状態、白っぽくなっている花もあるのでもっと前に咲いていたようです
オオキツネノカミソリ

オレンジ色の細長い花被片、長い蕊が突き出ている
オオキツネノカミソリ

キツネノカミソリは花被片と蕊がほぼ同長ですがオオキツネノカミソリは蕊が長く突き出ています、ただこういうのにオオと名付けるのは違和感を感じる、やはりオオと言えば大きくなくちゃ
オオキツネノカミソリ

花糸も花柱も同じ色同じ形で葯がついてないと区別がつかない
オオキツネノカミソリ

ヒガンバナ科なので花期には葉がありません、ヒガンバナは花の後葉が出てきますがこちらは花の前に出ます
オオキツネノカミソリ

ヒガンバナ科ヒガンバナ属

(7月10日撮影)
2017. 07. 15  
青紫色の花が咲いていたのでアキノタムラソウかと思ったがヤマハッカだった、随分早いと思ったが過去の記録を見ると6月下旬や7月上旬に咲いている記録もあるので特に早いことではなさそうです、因みにこの後アキノタムラソウも咲いていました
ヤマハッカ

上唇が4裂し濃紫色の筋が入る、やはりこれを撮らなくてはね
ヤマハッカ

下唇の中に蕊が収まっている、花冠や花筒外側に毛が密生、何時も咲き始めばかり撮っているせいかいい写真が撮れてないな、毎年盛期にも撮ろうと思うけど一度撮るとなかなか手が出ない
ヤマハッカ

葉は対生し広卵形、茎は四角で稜に毛が生えているそうだ
ヤマハッカ

シソ科ヤマハッカ属

(7月10日撮影)
2017. 07. 15  
まだフナバラソウが咲いていた、しかもこんな場所で。ここは秋吉台でも一番観光客が来る所、目にした人も多いかな
フナバラソウ

今年は何度か出会いましたがいまいちきれいなのがなくてパス、丁度良かった
フナバラソウ

今まで果実は見たことがない、ここに生ってくれたら楽に見られるのにな
フナバラソウ

中央の緑色のが蕊柱、周りのが黒紫色のが副花冠、花弁は普通無毛だがこれは疎らに生えている
フナバラソウ

花弁裏や萼片、花柄に短毛が密生
フナバラソウ

葉は楕円形~卵形
フナバラソウ

キョウチクトウ科カモメヅル属

(7月10日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR