2017. 08. 09  
湿っぽい林内に咲いていたミズタマソウ、場所も涼しいけど花も涼しげです
ミズタマソウ

茎の先や上部の葉腋から花序を出す、ヒラタアブの仲間が接近中
ミズタマソウ

オール2の花(成績悪いぞ(違))、萼片花弁雄しべ2、雌しべは1本だが柱頭2裂、花弁先端も2裂、更に子房も2室で種子が2だそうです、今年は種子を見てみなくては
ミズタマソウ

子房には鈎状の毛が密生、先端が曲がりくっつき虫になります、腺毛も混じっているようだ、花との間に短い萼筒がある
ミズタマソウ

花柄や花序茎にも腺毛がありますがこれはあまり目立たない
ミズタマソウ

葉は対生し長卵形~卵状長楕円形、浅い鋸歯がある
ミズタマソウ

アカネ科ミズタマソウ属

(7月30日撮影)
2017. 08. 09  
こんな道端に生えていたナガバノヤノネグサ、ヤノネグサよりはずっと多いし花期も早い
ナガバノヤノネグサ

花序枝に腺毛が密生、花序の花の数は少ない
ナガバノヤノネグサ

腺毛拡大、早期に先端の腺毛を失い毛だけが残るそうだがこれは咲いたばかりなのかハッキリ残っている
ナガバノヤノネグサ

開いていた花はこれだけ、柱頭がまとまっているが3つあるかな、しかしこの虫はいたる所で見かけます
ナガバノヤノネグサ

膜質の托葉鞘、突出した脈が縁毛となって伸びる、葉柄は短い
ナガバノヤノネグサ

下向きの長毛が1列に並ぶ
ナガバノヤノネグサ

長楕円状披針形の葉、基部は鏃状、名前のとおりヤノネグサより細長い
ナガバノヤノネグサ

タデ科イヌタデ属

(7月30日撮影)
2017. 08. 09  
林の中の下草に混じって咲いていたオオバノトンボソウ、まだ花を咲かせる前に見つけていたので来てみたら花は殆ど終わっていました
オオバノトンボソウ

何とかオオバノトンボソウらしい姿を残していますが黒くなりかけています
オオバノトンボソウ

こちらは花弁や萼片は何とか白いですが距がすっかり黒くなっている
オオバノトンボソウ

下の方の葉2,3枚は大きいですが上の葉は急に小さくなります
オオバノトンボソウ

この辺り3ヶ所で咲いていましたがどれも同様でした、何故かどこも2,3株まとまって生えています、事前に見つけていた他の場所も行ってみましたが腐っていたりなくなっていたりまともなのはありませんでした
オオバノトンボソウ

ラン科ツレサギソウ属

(7月30日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR