タイトル画像

カラタチバナ

2015.07.15(07:02) 7251

初めてのカラタチバナ、まだ蕾でした。今まで九州ではを見たことがありますが冬なので花はまだ、秋吉台にもあるようなのでずっと探していましたがやっと見つけることが出来ました。別名ヒャクリョウ、秋になったら実も見なくては。

カラタチバナ蕾
(7月3日撮影)

一週間後に来てみたら咲いていた、もう散り始めている花もあるのであの後すぐに咲き始めた模様。

カラタチバナ

葉腋に10個程度の花を散形状につけます。これは葉の間隔が短くて随分密集状態。

カラタチバナ

下向きに咲く花、ヤブコウジと比べて花弁に斑紋がないのでスッキリ、卵状にまとまった葯の中から雌しべが突き出ているのは同じ。

カラタチバナ

日に透かしてみると白い花弁がハッキリ、葯の下部に太く短い花糸が見えている。花弁の間に小さな萼片が見えていますが左の蕾を見ると既にその頃から開いている。

カラタチバナ

こちらはまだ未熟な状態でしょうか、葯が黄色く花柱も緑色。

カラタチバナ

花が丸ごと落ちていました。花弁と雄しべがそっくりそのまま落ちていますが花柱は残っているようです。

カラタチバナ

これでも一応樹木、あまり枝分かれしない小低木、これで30cmくらいだったでしょうか。この木は上の方に随分葉がまとまっています。

カラタチバナ

狭卵形~披針形の葉、10数cmもあって小低木の割に葉が大きい。

カラタチバナ

葉の縁に腺点が見えています。葉脈の先に腺点があるような。

カラタチバナ
(7月10日撮影)

ヤブコウジ科ヤブコウジ属

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<オミナエシ | ホームへ | ノギラン>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する