タイトル画像

ガマ

2015.08.23(07:00) 7373

ガマは文字通り湿地に生えるので見つけても簡単には近づけない、ここは河川敷でなんとか接近できた。

ガマ

日本在来のガマ属はガマ、コガマ、ヒメガマの3種、他に外来種のモウコガマがあるそうだ。

ガマ

下の穂のような部分が雌花序、上側に雄花序、ヒメガマはこの間に隙間がある。ガマとコガマの区別は難しいけどこれは穂の部分が太いからガマかな、コガマは太さが1cmくらいと細いようです。雄花序は完全に終わっており来年は花の時期に見なくては。

ガマ

葉の幅も1cm以上あった、コガマは5-8mmと細い。ただ大きさでの区別は曖昧なとこがあリ最終的には花粉の様子(コガマは単粒、ガマは4個が合着)を見るのが確実ですが流石にデジカメでは無理。

ガマ

去年の綿穂がまだ残っていますがこう絡まっていてはもう飛ばすのは無理かな。

ガマ

ガマ科ガマ属

(8月11日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ムカゴイラクサ | ホームへ | ハシカグサ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する