2015. 09. 01  
意外な場所に咲いていたナンバンハコベ、初めて見つけた場所は去年は僅かしか咲かせず今年もまだで藪に負けてもう駄目かもしれないので新たな場所で見られてよかった。

ナンバンハコベ

咲き始めの頃は花弁が中程で大きく折れ曲がる、この頃が一番ナンバンハコベらしい姿。

ナンバンハコベ

花冠から雄しべが突き出ていますが雌しべはまだで十分開いてもいません。

ナンバンハコベ

半球形の萼、これも大きい。花弁と一緒に開いてきます。

ナンバンハコベ

花弁萼片とも開いてきて雌しべも見えてきました。

ナンバンハコベ

雌しべが伸びてくると雄しべの葯が落ちてくる、雄性先熟。

ナンバンハコベ

萼片も花弁もすっかり開き子房が大きくなっています。

ナンバンハコベ

3裂する雌しべ、先端が裂ける花弁と言いこのあたりはハコベの仲間を感じさせる。

ナンバンハコベ

花弁が折り曲がる辺りに鱗片がある。

ナンバンハコベ

鱗片が肋骨のような役目をして花弁が折れ曲がりやすくなっているのでしょうか。

ナンバンハコベ

卵形の葉が対生、全縁で縁に短毛が生えている。

ナンバンハコベ

ナデシコ科ナンバンハコベ属(センノウ属と一緒にマンテマ属に入れることもある)

(8月23日撮影)
NEXT Entry
カワラケツメイ
NEW Topics
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
アケボノソウ
ウスギモクセイ
サイヨウシャジン(変わり種)
フシグロ
ミヤマウズラ
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
今日は、南蛮つながりでしたか。ナンバンギセルは見られますが、ナンバンハコベはまだ見たことがありません。花の大きさはハコベと同じくらいでしょうか。
多摩NTの住人さんへ
せっかく同じ日に撮ったのでナンバン繋がりにしてみました。
他にもナンバンカラムシなんてのがあるようです。
花はハコベよりずっと大きいですね、ウシハコベよりもずっと大きく2cmくらいあるでしょうか。
萼も丸くてずっと大きく感じます。
ツル性と言っても巻きつくようなことはないですが他の野草にもたれかかるように生えるので
花は大きくても意外と目立たないかもしれませんね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR