タイトル画像

ヌルデ

2015.09.10(07:01) 7434

ヌルデは数が多いけど高木になる上に蕾の期間が長いので開花の確認がしづらい。これは花序の形が悪いけど低い位置に咲いていたので撮りやすかった。

ヌルデ(雄花)

雌雄異株でこれは雄花、密集状態。

ヌルデ(雄花)

花弁が反り返り5本の雄しべは真っ直ぐ突き出る。雄花だけど雌しべも見えています。

ヌルデ(雄花)

こちらは雌花、雄花序に比べるとやや疎らに花をつける。

ヌルデ(雌花)

花弁は反り返らない、こちらも雄しべがあるけど雄花の葯が黄色なのに対して褐色。花粉は作らないんだろうな。

ヌルデ(雌花)

柱頭は3裂、上の花は柱頭が褐色子房も赤くなってきていて果実期になりつつある。

ヌルデ(雌花)

もうすっかり赤い子房が目立つようになった花序。

ヌルデ(雌花)

ウルシ科ヌルデ属

(8月28日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ヘクソカズラ | ホームへ | ウド>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する