タイトル画像

イヌコウジュ

2015.09.13(07:02) 7443

これも秋の訪れを感じさせるイヌコウジュ、秋吉台ではヒメジソの方が多いですがここはイヌコウジュばかりでした。1周間魔にも着ていたがその時は全く咲いて無くこの日は多く咲いていた。

イヌコウジュ

花序直下の葉が広卵形で茎を抱いているように見えるのでイヌコウジュと判断。

イヌコウジュ

鋸歯の数がヒメジソが4-6対なのにたいしてこちらは6-13対、これは10,11くらいあるようだ。

イヌコウジュ

花序軸に開出毛が密生するのも特徴。

イヌコウジュ

雄しべは上唇と下唇に沿って2本ずつ、上唇のは葯室が離れて付いている。

イヌコウジュ

下唇のは仮雄しべで葯がない、葯がないからよく分かりません。雄しべの間に白い雌しべが見えている。

イヌコウジュ

上唇に沿って花糸が伸びているのが分かります。

イヌコウジュ

シソ科イヌコウジュ属

(9月4日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ノブキ | ホームへ | アブノメ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する