タイトル画像

タウコギ

2015.10.09(07:01) 7523

近頃めっきり少なくなっているタウコギ、この田圃には割と生えていました。

タウコギ

見かけは稲刈り後の田圃に生えてくる背丈の低いアメリカセンダングサとそっくりです。時には一緒に生えていることもあるしね。

タウコギ

頭花の周りの総苞片がそっくり、こちらの方が丸みを帯びているかな、微妙だけど。タウコギの茎が丸いのに対してアメリカセンダングサは四角いそうです。

タウコギ

筒状花だけの花、周りの先端が赤くなっているのが総苞内片になるんでしょうか。

タウコギ

中央の筒状花がまだ開いていない状態、筒状花から柱頭が出ている様子がよく分かります。

タウコギ

総苞片の隙間から見た内片の様子

タウコギ

果実期になり始めると褐色になり全体が大きくなってきます。アメリカセンダングサは厄介なくっつき虫ですがこちらの方は少ないこともあってくっつけられた記憶はないな。

タウコギ

葉は単葉で下部の葉は普通3-5深裂する。アメリカセンダングサは2回3出複葉で小葉は裂けません。これが一番の区別点でしょうか。

タウコギ

キク科センダングサ属

(9月28日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<キクモ | ホームへ | アブノメ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する