タイトル画像

シュウメイギク

2015.10.14(07:00) 7538

湿っぽい場所に咲いていることが多いシュウメイギク

シュウメイギク

イチリンソウの仲間ですがこの属で秋に咲くのは珍しいとか。

シュウメイギク

色は白から赤、萼片(花弁はない)も5枚から八重までと幅が広いが植栽を除いていまんとこ秋吉台で見かけているのはこの八重で赤のタイプだけ、これが原種だとか。左からヒラタアブの仲間が接近中。

シュウメイギク

中央の緑色が球状になった多数の雌しべ、その周りに多数の雄しべ。

シュウメイギク

花の裏を見ても花被片に特に違いはなく全て萼片。

シュウメイギク

キンポウゲ科イチリンソウ属

(10月4日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<キシツツジ | ホームへ | シロバナハギ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する