タイトル画像

カミヤツデ

2016.01.08(07:00) 7690

完全に冬の花のカミヤツデ、花期は11-12月だそうですがこの辺りでは12月下旬から1月ですね。大きな葉も年に何度か生え変わります。

カミヤツデ

球形の散形花序をつける。白っぽく見えているのが雄性期で緑っぽく見えているのが雌性期の花序。

カミヤツデ

ウコギ科らしい球形花序に雄しべが突き出ている。

カミヤツデ

雌しべも伸びていますがまだ分かれていません。

カミヤツデ

雌性期の花序、花弁も雄しべも脱落してまるで雌雄異花のようにガラッと変わる。

カミヤツデ

花柱が2本別れて伸びている、子房には短い綿毛が付いている。

カミヤツデ

花序枝にも綿毛が密生、冬場だから厚着しているわけではないでしょうけど。

カミヤツデ

ウコギ科カミヤツデ属

(1月2日撮影)

花盗人の花日記


トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<ミドリハカタカラクサ | ホームへ | ウスジロノゲシ>>
コメント
カミヤツデは見たことがありません。葉っぱに特徴があるようですね。一度見てみたいです。
【2016/01/08 17:32】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
カミヤツデは冬場に咲く貴重な花ですね。
近所では多く生えていて普通に見ることが出来ます。
関東では海岸部で見られるようですが南方系の植物なので冷え込む内陸部では難しいかもしれませんね。
【2016/01/08 18:30】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する