タイトル画像

イチョウ(芽生え)

2016.01.22(07:00) 7705

暗い林床に転がっている多数のギンナン、実はこれ狸の糞に含まれていたものなんですよ(100%の確証はないですが)。既に芽生えが始まっています。

イチョウ(芽生え)

芽生えたばかりの種

イチョウ(芽生え)

白い部分が破れてなかから葉や茎の元となるのが出始めています。根より先に茎のほうが出るのかな。

イチョウ(芽生え)

大分伸びてきてアスパラのよう。

イチョウ(芽生え)

先端部分、まだ葉の展開はありません。

イチョウ(芽生え)
(5月10日撮影)

一月後来てみたら大分イチョウらしい葉が広がっていました。

イチョウ(芽生え)

沢山の芽生え、普通種子は休眠するのがあるのですがこれはもう一斉に発芽するんでしょうかね。

イチョウ(芽生え)

葉も大分展開、この辺りまでは何とか種子の栄養だけで育っていけるんでしょうか。さすがにこんな薄暗い場所では無理だろうなと思っていたらやはりこの後全て枯れてしまいました。

イチョウ(芽生え)
(6月6日撮影)

イチョウ科イチョウ属

おまけの柿の種、これは秋になって撮りましたが同じ場所、やはり狸の糞の中に入っていました。しかしこの周囲にはカキもイチョウもないんですよ。他所で食べてわざわざこの場所にきて排泄するのかな。トイレとして決まった場所でするのなら狸は意外と清潔好きかも。

カキ(種子)

花盗人の花日記


ロゼット芽生え トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
<<ジャノヒゲ(芽生え) | ホームへ | ウメバチソウ(根生葉)>>
コメント
これは面白い写真ですね。コナラの実生は去年しっかり観察しましたが、イチョウはまだでした。とても参考になりました。私も探してみます。
【2016/01/22 07:29】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
樹木の芽生えは分かりにくいけどイチョウはさすがに分かりやすかったですね。
あの臭い実を誰が食べるのかなと思っていたのですが狸が食べると分かったのも収穫でした。
以前別の場所で親木の足元に落ちた銀杏から一斉に芽吹いていたのを見たことがあります。
親のライバルになるだろうしなんでかなと思いました。
そちらでも是非探してみてください。
【2016/01/22 08:07】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
ギンナンを拾ってきて皮をむくため、土の中に埋めました。
そのことをすっかり忘れていて春になって何か芽がごそっと出て
。。。何。。と思っていたらギンナンを埋めたのを思い出しました。(笑)

それからは埋めるのをやめ、ゴム手袋をはめて水の中で
むいています。
【2016/01/22 20:29】 | komakusa2t #- | [edit]
実を地中に埋めて果肉を腐らせるということは聞いていましたが忘れてしまいましたか。
イチョウにとっては思う壺でしたね(笑)
私も一時期銀杏獲りをしていたことがありましたが初めは実を足で踏んで種だけ取り出していましたがこれも大量になると面倒
臭いは気にせず直接手で取り出していましたね。
特にかぶれることも無かったけど果肉の処理が面倒でした。
【2016/01/23 08:13】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
 間違いなく「タヌキの溜め糞」だと思います。うちのキャンパスにも二三か所あり、カキ、アケビなどタヌキの好物がたくさん生えてきます。この「溜め糞」は半年くらい続けるらしく、山道などでは臭いで「あるな」とわかるくらいです。
 イチョウのギンナンが腹をすかせたタヌキに食べられるという話は、以前にも聞いたことがあります。これは貴重な記録写真ですね。それ以外にギンナンを食べる動物は記録されていないようです。「イチョウはなぜ絶滅しかかったか」というのは、私がときどき授業で使う雑談。ギンナンの形はサクランボに似ているのに、ほとんど食べるものがいません。イチョウは中生代の生き残り植物であり、本来の散布者はプテラノドンのような空飛ぶ恐竜だったのだろう。それが絶滅したからイチョウの種子は下流へしか行けず、ついに絶滅しかかったのではないか、と(もちろん空想によるお話しです)。
 ギンナンは皮をとってから木灰にまぶして、しばらく置いてから処理するとよいです。水酸化ナトリウムでもよいのですが、これは劇物。ただしどちらの場合にでも、ゴム手袋は必需品です。
【2016/01/23 18:23】 | 光田 重幸 #UPCNk2uw | [edit]
お墨付きを得てホッ、と言うよりこんなのまでコメントを頂けるとは思ってもなかった(^^;)
半年くらい同じ場所を使い続けるんですか、柿の種が入っているのは秋の撮影なので間違いなく半年は使ってますね。
(もっと生々しい糞の写真もあったのですがさすがにパス)
山道の真ん中なので出来れば今年は使ってほしくないぞ(笑)。

イチョウが中生代に栄えた生きた化石というのは知っていましたが恐竜があの実を食べていたんですかね。
恐竜が丸齧りすると種まで砕かれそうで、とするとあの臭い匂いは恐竜に対する防御だったのかな
それとも丸呑みするので関係ないとか、色々想像は膨らみます。
何かの本でサイカチの鋭い棘も恐竜に対する防御じゃないかと書かれていたのを見たことがあります。
相手がいなくなっても一度獲得した機能は手放せないんですかね。

銀杏は多少毒があり便秘に悪いという話を聞いたので近頃採っていません。
あまり手間隙かけて食べたくなるほどの物でもないし。
【2016/01/23 19:35】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する