タイトル画像

ヒイラギナンテン

2016.03.28(07:00) 7783

道路脇に生えていたヒイラギナンテン、どう見ても逸出ですね。

ヒイラギナンテン

総状に黄色い花をつける。

ヒイラギナンテン


周りのが萼片で中央のが花弁と結構複雑な構造。上には花弁と萼片が子房と柱頭が残っています。

ヒイラギナンテン

花弁先端には切れ込みがある、雄しべは6本ですが花糸も黄色くて分かりにくい。

ヒイラギナンテン

基部に平開しているのも萼片でこれは3枚、前部で萼片は9枚あります。花柄基部にあるのは苞葉なのかな。

ヒイラギナンテン

奇数羽状複葉、小葉鋸歯先端は棘状になっている。

ヒイラギナンテン

メギ科ヒイラギナンテン属

(3月13日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<センボンヤリ | ホームへ | ユリワサビ>>
コメント
平家蟹さん、こんばんは。
メギ科の花はつくりが面白いですね。思い出すのはなかなかさんのしべが動くという実験。なかなかさんのお陰で植物好きに拍車がかかったのでした。
【2016/03/29 00:55】 | panda #s3xzpNyI | [edit]
メギ科という名前自体があまり聞かないからピンときませんね。
しべが動くのですか、それは見てみなくては。
なかなかさんのサイトは観察が深くて面白いですよね。
やろうと思ってもなかなか出来ませんが(^^;)
【2016/03/29 07:59】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する