タイトル画像

ノニガナ

2016.04.28(07:01) 7876

初めてのノニガナ、荒れ地に咲いていた。同じ画面にヘラオオバコ、キュウリグサ、ノミノツヅリが見えています。かっては普通に見られたそうですが全国的に減少、絶滅危惧種に指定されているところも多く本県でも絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています。

ノニガナ

頂部に散房花序を付ける、一斉には咲かず一度に1-3個の花を咲かせる。

ノニガナ

舌状花だけの花、晴れた日の午前中だけに開くそうです。これは丁度昼頃の撮影でした。あまり開いてないなと思っていたけど閉じかけているのかもしれない。

ノニガナ

総苞の様子、内片は8,9枚、花後は下部が膨らみ花柄が伸びてくるそうです。

ノニガナ

よく似たオニタビラコとツーショットしてみました。ここだけかもしれませんが花の大きさは半分くらい、舌状花の数はずっと多い。

ノニガナ

葉は線状披針形~披針形、基部が矢尻状になって茎を抱くのが最大の特徴。

ノニガナ

右側はオニタビラコの根生葉、左側がノニガナで根生葉はハッキリしません。

ノニガナ

この根生葉は羽状に避けていますが線形で裂けていないのもあるそうです。少し黄色くなってきているので花期には根生葉は枯れるのかもしれません。

ノニガナ

キク科ニガナ属

(4月16日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ウリハダカエデ | ホームへ | シロバナフデリンドウ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する