タイトル画像

ウリハダカエデ

2016.04.29(07:00) 7877

大きく枝を広げたウリハダカエデ、この辺りに多く見られますが何故か秋吉台で見られるのは多分この辺りだけ。

ウリハダカエデ

雌雄異株(同株もあるようです)でこれは雄花、この日は雌花は見かけず。

ウリハダカエデ

枝先に芽をつけ総状花序を出す、同じ場所から葉も出ているようです。

ウリハダカエデ

右の枝は花が出ているが左のは出ていない、全てで花を咲かせるわけでもなさそう。

ウリハダカエデ

花弁は5枚、短いのは萼片でしょうか。雄しべは8本、葯の大きさに違いがあリ熟成度の違いでしょうか。中央に雌しべの痕跡がある。

ウリハダカエデ

短い花柄もある。

ウリハダカエデ

葉は対生し五角形状、重鋸歯がある。

ウリハダカエデ

ムクロジ科カエデ属

(4月16日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<コクサギ | ホームへ | ノニガナ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する