タイトル画像

コクサギ

2016.04.29(07:00) 7878

雌雄異株のコクサギ、これは雄株で前年枝の葉腋から総状花序を出す。

コクサギ(雄花)

花弁は4枚でその間に小さな萼片が見えている、雄しべも4本。

コクサギ(雄花)

花柄は短く毛が生えている。

コクサギ(雄花)

雌花は単生で花柄が雄花より長い。

コクサギ(雌花)

花弁も萼片も雄花より大きそうです、柱頭は4裂。子房も含めてみな緑色で地味ですね。

コクサギ(雌花)

横から見た雌しべが突き出た様子。小さな雄しべも残っているようで葯や花糸もなんとかわかります。

コクサギ(雌花)

昨年の実がまだ残っている、閉じてはいますが種は飛び出ています。

コクサギ(雌花)

やや照りのある倒卵形の葉、2枚ずつ互生する葉序を撮るのを忘れてしまった。

コクサギ(葉)

ミカン科コクサギ属

(4月16日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<サルトリイバラ | ホームへ | ウリハダカエデ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する