タイトル画像

スイバ

2016.05.05(07:00) 7901

ギシギシの仲間は幾つもあるので今年はちょっと真面目にやってみよう、と思っていたがこういう時に限ってギシギシに出会えず、取り敢えずはスイバ。これもギシギシ属ですけどね。

スイバ(雄花)

雌雄異株でこれは雄花、雄しべは6本、大きなバナナのような葯ですがまだ未熟なようです。

スイバ(雄花)

葯が開いて花粉を放出した後、花柄を見ると途中で赤くなっている部分が見えます。

スイバ(雄花)

こちらは葯が落ちて花糸が残っている。花被片は6枚、大小2組あるようで大きい方が外花被片、小さい方が内花被片でしょうか。

スイバ(雄花)

上部の葉は無柄で茎を抱く。ギシギシの仲間は長い柄があるようですがスイバも下部の葉は柄があるようです。

スイバ(葉)

こちらは雌株、もうまるで違います。

スイバ(雌花)

この仲間は地味な野草の中でも更に地味なのですがスイバの雌花にかんしては色だけ言えば1級品ですね。

スイバ(雌花)

鮮やかな赤色をしているのは糸状になった柱頭

スイバ(雌花)

雌しべは3本ありますが分かりにくい。外花被片が反り返っていますが内花被片は柱頭に隠れているそうです。

スイバ(雌花)

果実期になったスイバ

スイバ(果実)

薄っすらとピンク色になった翼が内花被片、基部に反り返った外花被片も見えてます。ギシギシと違い瘤体はありません。細い果柄が見えていてやはり中間辺りが赤くなっている。

スイバ(果実)

タデ科ギシギシ属

(4月22日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ホウチャクソウ | ホームへ | イヌコモチナデシコ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する