タイトル画像

チドリノキ

2016.05.06(07:01) 7907

大きく枝を広げたチドリノキ、時には10m程度の高木になりますがここは枝を広げていて低い位置でも見られるので撮りやすい。

チドリノキ(雄花)

本年枝の先から新葉や花序を出しています。雌雄異株でこれは雄花、総状花序に5-15程度の花をつけます。

チドリノキ(雄花)

ここのは殆ど雄しべは5本でしたが個体によって変化するもよう、基部に緑色の突起がありますが何でしょう。花弁と萼片は4枚ずつだそうですがこれは合わせて5枚しか無い、違いもハッキリしません。

チドリノキ(雄花)

こちらは雌花序、雄花序に比べて短く花の数も少ないけど花自体は大きい。

チドリノキ(雌花)

2裂した柱頭が飛び出ている、花被片には軟毛が生える。

チドリノキ(雌花)

お馴染みの翼果が伸びてきている、カエデの仲間はほんと早い。花被片が重なっていて外側のやや大きいのが萼片、内側のが花弁でしょうか。

チドリノキ(雌花)

柱頭には毛が生えているようです。奥の方に退化した雄しべが見えています。

チドリノキ(雌花)

ちっとも楓らしくない葉、先端は尾状に鋭く尖り重鋸歯がある。紅葉するのかな、そう言えば見たことないな。

チドリノキ(葉)

ムクロジ科カエデ属

(4月22日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ハイノキ | ホームへ | ユズリハ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する