タイトル画像

オオキヌタソウ

2016.05.16(07:01) 7949

今までの林内とは別の場所、台地上に咲いていたオオキヌタソウ

オオキヌタソウ

集散花序を付ける、こちらの方が環境が良いのか前の場所に比べて随分花の数が多い。でも本来の植生地は山地の林内だそうです。

オオキヌタソウ

花の大きさはアカネよりは一回り大きく3,4mm、星形で雄しべは5本

オオキヌタソウ

雄しべの葯が意外と細長い、あくまでも比較の問題ですが。柱頭が2裂しているのもアカネ科の特徴。

オオキヌタソウ

短い花柄に緑色の子房、萼片はないのかな。ここなら果実も見に行けそう。

オオキヌタソウ

4輪生する葉、内2枚は托葉ですがそっくりです。同じ茎なのに下の方の葉は丸っぽく上の方の葉は細長く随分異なる。キヌタソウは無柄だそうです。

オオキヌタソウ

この辺りに何株かありました。県の絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています。

オオキヌタソウ

アカネ科アカネ属

(5月6日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<イワウメヅル | ホームへ | フタリシズカ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する