タイトル画像

ハナウド

2016.05.19(07:01) 7960

道路脇に咲いているハナウド、秋吉台ではあまり多くないようでまだ2ヶ所でしか確認していないけどここは車で走りながらでも確認できるからいつもここで撮っています。

ハナウド

複散形花序、茎頂部から出た花序は両性で実をつけますが側生のは雄花序で実はならないそうです。

ハナウド

この仲間はどれも花が密生しますがハナウドは特に密生度が高いように思う。

ハナウド

花序の外側の花が大きくなる。

ハナウド

一つの花も外側の花弁が大きく深裂する。

ハナウド

花盤から蜜が出ています、まだ雌しべが伸びていない雄性期の花。

ハナウド

こちらは雌しべが長く突き出た雌性期の花、雄しべは落ちていますがまだ花弁は残っている。

ハナウド

アリが蜜を舐めに来ていた、この花序はもうアリだらけでした。

ハナウド

花弁も雄しべも落ちてかたつむりの目玉のような雌しべが目立つ。子房も膨らみ始めているようです。

ハナウド

線形の総苞片、茎に毛が生えているが中は中空だそうです。

ハナウド

同じような形の少総苞片

ハナウド

花の下に緑色の子房、小さな萼片があるのかな。

ハナウド

セリ科ハナウド属

(5月13日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<スダジイ | ホームへ | ホソバウンラン>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する