2016. 05. 23  
シュロは麓や林道などあちこちで見られます。背の高いのもあるけどこれは2m程度だった。

シュロ(雄花)

雌雄異株でこれは雄株、花序というよりは果実のようです。

シュロ(雄花)

近づくと雄しべが出ていて雄花だと分かります。

シュロ(雄花)

雄しべは6本のようです。周りのは花弁か萼片か。

シュロ(雄花)

中央に3つの突起が見えていて雌しべの痕跡のようです。花糸が結構太い。

シュロ(雄花)

掌状に深裂する葉、古くなると裂片の先が折れて垂れ下がるそうでこれも一部で見られ1枚目の写真でも見られます。トウジュロは葉が折れないとか。

シュロ(葉)

こちらは雌株、これは葉が折れていないのでトウジュロかも。

シュロ(雌花)

雄花序とは全く違う雌花序

シュロ(雌花)

普通ならこれでも十分花が密集と言えるレベルだけど雄花序は密集しすぎているからな。

シュロ(雌花)

雌花と両性花が雑居するそうですが雌しべだけのもあるけど茶色いのが見えているのが両性花かも。

シュロ(雌花)

雌しべは3本のようです。

シュロ(雌花)

ヤシ科シュロ属

(5月13日撮影)
NEXT Entry
シロバナユウゲショウ
NEW Topics
オケラその2
ヤマジノギク
オオユウガギク
ヨメナ
ノコンギク
シロヨメナ
ツワブキ
ツルニンジン
ヤマハッカ
オオバショウマ
サラシナショウマ
留守
ハイアワユキセンダングサ
センダングサ
ハマゴウ
ハマゼリ
ハマナタマメ
ハマナデシコ
アメリカノウゼンカズラ
ホソバワダン
Entry TAG
秋吉台  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プルダウンリスト
QRコード
QR