タイトル画像

ミヤコグサ・セイヨウミヤコグサ

2016.06.13(07:01) 8055

ミヤコグサとセイヨウミヤコグサの区別も難しい。萼片の毛の有無がポイントとも言われているがそれだけではすまないような。HP「松江の花図鑑」によると
            花の数                      毛の有無
ミヤコグサ      2~4個 萼裂片が萼筒より長いか同長。萼に毛があるものがある。
セイヨウミヤコグサ 3~6個 萼裂片が萼筒より短いか同長。萼、茎、葉に毛がある。
これを踏まえて探してみました。どちらも数は多いので探すのは手間がかかりません。

まずはこれ道路脇の溝に生えていた、花の数が多いようなので撮ってみました。

セイヨウミヤコグサ

花序の花の数が4のが幾つもあったので一応セイヨウミヤコグサと判断、ただ5以上のはなかった。

セイヨウミヤコグサ

確かに萼裂片は萼筒よりは短いけどこの辺りは微妙、毛も生えていますがそれ程顕著ではありません。

セイヨウミヤコグサ

葉にも毛は生えてなさそう、茎には微毛が生えているような。

セイヨウミヤコグサ

これは林道の中に生えていた。

ミヤコグサ

花序の花の数が3以下だったのでミヤコグサと判断

ミヤコグサ

確かに萼裂片は萼筒よりは長い、でも長毛も生えています。毛の有無だけではセイヨウと判断しそう。

ミヤコグサ

葉には毛がないけど茎には微毛が生えていそう。因みに基部の葉は托葉で3小葉とほぼ同大になるので5小葉のように見えます。

ミヤコグサ

こちらは更に別の場所、ヤブの中に生えていた。ここは花序の花の数が2以下だったのでミヤコグサと判断

ミヤコグサ

萼裂片は萼筒よりハッキリ長い。ただ長毛が僅かに生えている。

ミヤコグサ

葉も茎も無毛、特に茎は無毛でツルツルです。
かなり乱暴な分け方ですが花の数が4以上のが幾つもあったらセイヨウミヤコグサ、2以下だけならミヤコグサと判断していいかな。ただ5-6月の花の時期以外でも長く咲いていてその頃は花の数が少ないから判断に困りますが。

ミヤコグサ

マメ科ミヤコグサ属

(6月2日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<トチバニンジン | ホームへ | ネジキ>>
コメント
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する