タイトル画像

カキラン

2016.06.15(07:00) 8060

笹原の中で咲き始めたカキラン、秋吉台では一番普通に見られるラン科の花です。

カキラン

笹原から突き出て花を咲かせるから目立つ。

カキラン

柿色の花だから柿蘭、秋吉台で見られるラン科の中でも一番カラフルですかね。

カキラン

唇弁の色はかなりどぎつい。

カキラン

横から見た姿は下を出したお化け提灯のように見える。

カキラン

葉の基部は鞘状に茎を抱く、互生で180°ずつずれて付いていきます。

カキラン

別の場所からの秋吉台遠望、梅雨入りしたばかりでどんよりした曇り空だった。

カキラン

ラン科カキラン属

(6月7日撮影)

花盗人の花日記


秋吉台の花 トラックバック(-) | コメント(2) | [EDIT]
<<ノハラナデシコ | ホームへ | シロバナウツボグサ>>
コメント
カキランは公園で育てられているのを見たことがありますが、自生はありません。秋吉台では普通に見られるんですね。羨ましい環境です。
【2016/06/15 16:43】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
これは探すまでもなく幾らでも目に入ってきます。
観光客でも遊歩道を歩いていれば大抵目にするんではないでしょうか。
ほんとこんな環境が近くにあることに感謝しなければいけません。
【2016/06/15 19:54】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する